イオン銀行イオンアシストプランはおまとめローンに最適

イオン銀行で行っているおまとめローンが「イオン銀行イオンアシストプラン」です。金利が非常に有利であり、利用限度額も申し分なし、といった特徴を持っています。
金利情報や利用限度額情報はもちろんですが、申込方法や申込条件などイオン銀行イオンアシストプランの多岐にわたる情報を提供します。

おまとめローンの利用を考えている方は必見です。

※イオン銀行イオンアシストプランはおまとめローン専用ではなく、おまとめローンとして利用できるローンです。

イオン銀行イオンアシストプラン公式サイトへ


1 イオンアシストプランの選択肢のない申込方法と融資までのスピード

1.1 申込方法は1種類のみ

イオン銀行イオンアシストプランはインターネットのみの申し込みに対応しています。インターネットを利用できる環境にいる方でなければ利用ができない、といったデメリットがあります。
申し込みに関しては、申込ページより指示に従って行えば良いだけです。申込時に提供する情報は特に難しいものではありません。本人情報や勤め先に関する情報、さらに借り入れに対する情報などとなっています。

インターネットから申し込みを行ったら、あとは回答を待ちます。イオン銀行で審査を行い、審査が突破した場合に先に手続きが進むような状態になるわけです。仮に審査が突破できなかった場合には、その時点で終了となります。借り入れはできません。

※インターネット受付をしているので、申込対応時間は24時間365日となっています。自分の好きな時間を利用して申し込みができるのです。

1.2 融資までにはどの程度の時間がかかるのか

最短即日融資には対応していません。インターネット申込は出来ますが、契約手続きに関しては郵送対応となっているのです。郵送されてきたものを確認し、必要事項を記載、そして必要書類を入れて返送します。その結果、融資が実施されるわけです。

融資されるまでの時間については明らかにされていません。ただし、審査回答までには3日程かかるとされています。その上で郵送対応が関わってくるので、1週間以上はかかるとされているのです。融資までは余裕を持って2週間くらいはかかる、と覚えておきましょう。

イオン銀行イオンアシストプランに関しては一般のキャッシングと異なります。おまとめローンとなっているので、比較的、慎重に審査や手続きを実施するのです。

1.3 審査申込から融資までの流れとは

・インターネットを利用して申し込み

・審査の開始

・審査結果の連絡

・審査の突破

・ローン契約書の送付あり

・ローン契約書とともに必要書類を入れて返送

・イオン銀行イオンアシストプランが確認

・融資の実施

<申込時に提供する情報とは>

・本人情報・・・名前、性別、生年月日、住所など
・住まいに関する情報・・・住まいのタイプ、居住年数、住宅ローンの毎月の返済額
・勤め先情報・・・職種、業種、勤務先名、勤務先住所、勤務先電話番号など
・借入れに関する情報など

上記の情報を記入して申し込みを実施します。この時点では必要書類の提出はありません。ですから、比較的気軽に申し込みができる、といった特徴を持っているのです。

ただ、注意して欲しいのが、

「安定した収入がある(専業主婦・年金受給者ではない)」
「前年度収入が200万円以上である」

といったものに対するチェックを求められることです。実は、利用条件にも関わってくる大事な選択肢です。

<電話による確認について>

勤務先や自宅に対する電話連絡が実施されることがあります。勤務先で本当に働いているかを確認する目的や、自宅の電話番号があっているのかを確かめるために実施されます。
電話確認に関しては、融資のための確認であることは本人には伝えられません。ですから、家に電話がかかってきたとしても、職場に電話がかかってきたとしても平気です。家族バレや同僚バレする確率は極めて低いのです。

電話による確認については、審査時に実施されます。インターネット申込をしてから、3日以内に行われるものとされています。

1.4 連帯保証人と担保は必要なし

イオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)を利用するにあたり、連帯保証人と担保を求められることはありません。担保が必要となると土地や建物を持っていなければなりませんが、そういったものを持っていなくても申し込みができるのです。
保証人をお願いするのも難しい時代になりました。しかし、保証人をお願いする必要もありません。

ただし、イオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)を利用するにあたり保証会社が関わってきます。オリックス・クレジット(株)が保証してくれることによって、イオン銀行イオンアシストプランが利用できるのです。
要は、オリックス・クレジット(株)の審査を突破できなければ利用はできないのです。

2 4つの申込条件

2.1 国籍と住まいに関する条件

・日本国内に居住していること
・外国籍である場合は永住許可を受けていること

第一条件として国内に住んでいなければ利用できない、といった決まりがあるのです。国籍が日本であったとしても、海外に住んでいる場合にはイオン銀行イオンアシストプランの利用は出来ません。
外国籍の方であっても利用はできます。国内に居住しており、永住許可を受けていればよいのです。

2.2 年齢条件について

・契約可能最低年利・・・契約時20歳
・契約可能最高年齢・・・契約時59歳

20歳から59歳の方であれば利用できる、としているのです。おまとめローンといったこともあり、比較的、年齢条件に関しては厳しいです。
一般的なキャッシングであれば、契約可能最低年齢は同じく20歳にしていることが多いです。一方で、契約可能最高年齢は65歳や69歳としているところもあります。

60歳以上でおまとめローンを利用したい場合には、イオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)は利用できないので注意してください。

2.3 口座条件について

イオン銀行に普通預金口座を持っていなければ利用できません。イオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)を利用したいのであれば、必ず口座を作っておくことが必要なのです。
イオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)を利用時には、口座を保持している状態にしなければなりません。イオン銀行に口座を持つ気はない、といった方は利用できないおまとめローンなのです。

そもそも、借入方法はイオン銀行の普通預金口座に入金をされる、といったシステムになっているのです。ATMなどからカードを引き出すようなタイプであれば、口座条件はなくても良いかも知れませんが、そうはいかないのがイオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)です。

2.4 収入に関する条件

・前年度の年収が200万円以上であること
・安定継続した収入が見込めること
・年金受給者の利用は不可
・学生の利用は不可
・無職(専業主婦・専業主夫を含む)の利用は不可

比較的厳しい条件が設定されています。おまとめローンといった特性もあり、金利はかなり有利に設定されているのです。だからこそ、厳しい条件が設定されている、といった見方もできます。

銀行のローンであれば総量規制も関係ないので無職でも利用できる、といったイメージがあるかもしれません。しかし、収入がない方のイオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)の利用は不可とされているので、その点は理解しておく必要があります。
専業主婦や専業主夫の方の中には、配偶者に収入がある、といったケースも多いと思います。そういったケースであったとしても、利用は不可とされているので注意して下さい。配偶者貸付は行っていないのです。

非正規雇用で働いている方は、利用を禁止されているわけではありません。しかし、アルバイト・パートで年収200万円というのはかなり高いハードルでもあります。派遣社員や契約社員であれば達成の可能性もありますが、実質的にはアルバイトやパートの利用は難しいと判断できます。

2.5 融資金使途について

申込条件とは異なりますが、融資されたお金の使いみちについてお話します。

・融資金使途・・・原則自由

融資金使途に関しては、基本的に制限をされていません。だからこそ、おまとめローンとしても利用できるのです。しかし、事業性資金としては利用できません。
事業を行っている方は、イオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)を運転資金や設備投資のために借り入れてはいけないのです。

3 有利な金利と利用限度額

3.1 好条件!最低金利と最高金利

・最低金利・・・3.8%
・最高金利・・・13.5%

※2016年6月1日現在

最低金利、最高金利ともに非常に有利な金利設定になっています。たとえば、金利が18.0%の消費者金融などから借り換える場合には、最低でも4.5%有利になるわけです。
ここまで最高金利が有利なローンはなかなかありません。高率のキャッシングからのおまとめローンとしての利用を実施すれば、毎月の返済額を大きく低減することも、返済総額を少なくすることも可能なのです。

<金利の決定方法>

審査結果によって設定される金利が決まります。利用金額によって判断されることもあるとされています。
審査を受けるまではどの程度の金利設定になるのかわからない、といったデメリットもあるのです。

※一般的な銀行カードローンであれば、利用限度額ごとに細かく金利が設定されています。

<金利シミュレーション>

・おまとめローン利用額・・・150万円
・おまとめローン利用前金利・・・18.0%
・イオンアシストプラン利用後の金利・・・13.5%
・借入期間・・・30日

試しに計算して、実際に1ヶ月あたりの利息額にどれくらいの差が出てくるのかを確かめてみましょう。

■おまとめローン利用前の利息額計算
・1,500,000円×18.0%÷365日×30日

上記の計算式で算出した結果は、「22,191円(端数切捨て)」となりました。

■イオンアシストプラン利用後の利息額計算
・1,500,000円×13.5%÷365日×30日

上記の計算式で算出した結果は、「16,643円(端数切捨て)」となりました。

もともと借りていたキャッシングの利息率にもよりますが、今回計算した結果、月あたりの利息金が5,000円以上減る、といったケースがあることもわかりました。
もちろん、返済が進み借金元金が少なくなれば、その差は少なくなっていくわけですが、高額の借金がある方にとっては、さらに毎月の金利の発生額が大きくなる可能性があります。

3.2 遅延損害金も低かった

・遅延損害金・・・14.6%

遅延損害金とは返済日に遅れてしまった場合に適用されてしまうものです。通常の金利より高く設定されており、ペナルティのようなものなのです。

キャッシングサービスにもよりますが、実質年率を20.0%としているところも多いです。しかし、イオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)では、14.6%とかなり低めに設定しています。
仮に遅延損害金が適応されてしまったとしても、一般的なキャッシングよりは低めに設定されるわけです。

※遅延損害金が適用されてしまうと、信用情報に傷がついてしまっている状態です。適用されてしまわないように、毎月の返済日はしっかりと守ってください。

3.3 利用限度額について

・最低利用限度額・・・30万円
・最高利用限度額・・・700万円

※10万円単位で利用限度額の設定が可能です。

最高で700万円が利用できます。銀行系ローンとしては平均的な利用限度額と言っても過言ではありません。最高で、700万円までの借金をまとめられる能力を持ったおまとめローンサービスなのです。

最高利用限度額は700万円までですが、誰でも高額利用ができるわけではありません。利用限度額は審査を受けたうえで決定されるシステムとなっています。必ず申込者の希望に答えてくれるわけではないのです。

300万円を超える利用限度額を設定したい場合には、必要書類が増えてくるので、審査前に用意しておく等の準備が必要です。

3.4 無利息キャンペーン系は実施していない

消費者金融で行われていることがある無利息キャンペーンや銀行カードローンで行われていることがある利息キャッシュバックキャンペーン、といったものは一切行われていません。
借入当初から、金利3.8%から13.5%がかかって来ることになります。

4 必要書類

4.1 本人確認書類

イオン銀行の口座を持っていない時に必要となります。イオン銀行の口座を持っている状態で、イオンアシストプランに申し込みをする場合には必要ありません。

<本人確認書類の種類>

・運転免許証のコピー
・各種健康保険証のコピー
・パスポートのコピー
・住民票の写し(原本)
・住民票の記載事項証明書(原本)
・印鑑証明書(原本)
・各種年金手帳のコピー
・住民基本台帳カードのコピー
・公共料金の領収済領収書(または請求書)

※いずれか1通の提出でOKです。

イオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)を利用するためには、イオン銀行に口座を持っておかなければなりません。持っていない方は、本人確認書類を用意して口座開設手続きを実施して下さい。

4.2 収入確認書類

申込者の全てに提出義務があるわけではありません。

・300万円を超える利用限度額を設定する場合
・イオン銀行側から提出を求められた場合

以上のうち、いずれかに該当した場合のみ提出が求められるのです。収入証明書類の用意が面倒と感じた場合には、とりあえず利用限度額設定を300万円以下にしておきましょう。

※イオン銀行側から収入確認書類の提出を求められるケースですが、収入額に何らかの不安があった時に実施されます。本当にそれだけの稼ぎがあるのか、といったことを確認するために実施するのです。

<収入確認書類の種類>

■給与所得者
・源泉徴収票のコピー・・・前年度のもの
・給与明細2ヶ月分のコピー・・・直近3ヶ月以内に発行されたものに限る
・住民税決定通知書のコピー・・・直近のもの
・課税証明書の原本・・・発行3ヶ月以内のもの

■個人事業主
・住民税決定通知書のコピー・・・直近のもの
・課税証明書の原本・・・発行3ヶ月以内のもの
・納税証明書その2の原本・・・発行後3ヶ月以内のもの

■法人代表者
・住民税決定通知書のコピー・・・直近のもの
・課税証明書の原本・・・発行3ヶ月以内のもの
・納税証明書その2の原本・・・発行後3ヶ月以内のもの

※該当するものから、それぞれ1通の提出でOKです。

5 借入の基礎知識と借入方法

5.1 借入するために知っておくべきこと

追加融資機能がありません。おまとめローンとしての利用なので、現状の借金のみにしか対応していないのです。
一般的なキャッシングサービスのように、何度も利用できる、といったシステムになっているわけではありません。利用限度額といったものがありますが、おまとめローンとしての利用なので、その枠がいっぱいになるまで何度も利用する、といった状態にはなりません。

5.2 事務手数料について

借入時というよりも契約時に2,700円(税込)が発生します。一般的なキャッシングでは発生しない事務手数料が発生する、といった特徴がイオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)にはあるのです。

借入時の印紙代に関しても負担することになるので覚えておきましょう。

5.3 借入方法|口座入金

借入方法は1種類しか用意されていません。口座入金にしか対応してくれていません。
ATMを利用したカードキャッシングも出来ません。借入方法にバリエーションがない、というのは大きなデメリットです。

借入時の入金先はイオン銀行の口座です。イオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)を利用する時には、必ずイオン銀行の口座が必要になってくるわけですが、その理由が借入方法にあったわけです。借入先はイオン銀行の口座しかないのです。

5.4 最長借入期間はどのくらい?

8年間に設定されています。回数にすると96回です。
借り入れを実施したら、少なくてもその期間以内に返済しなければなりません。

イオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)の最大利用限度額は700万円です。700万円を返済するとなると、短期間では難しいですよね。その場合は、返済期間を長期間に設定することが大事になってくるのです。ちなみに、返済期間を設定したとしても、資金に余裕がある場合には繰上返済が随時利用できます。

6 返済について|返済方式と返済方法

6.1 返済方式

毎月元利均等返済を採用しています。
毎月の返済金額が一定に設定されているので、返済計画が立てやすい、といったメリットがあります。

一方で、借り入れした当初の返済は利息ばかりを返していくことになるので、返済期間が長期化する、といったデメリットもあります。結果的に返済総額が増えてしまう可能性もあるのです。

返済総額を増やしたくないのであれば、繰上返済などを活用していく必要があります。

6.2 返済日と返済方法

・返済日・・・毎月27日に設定

返済日は毎月27日と決まっています。27日が土曜日や日曜日、そして祝日であった場合には翌日以降となります。
返済日を選択することは出来ないので、その点は覚えておく必要があります。
毎月何日、と決まっているので返済日が忘れにくいメリットがあります。返済に遅れてしまうと、遅延損害金(年利14.6%)が適用されてしまうので注意してください。

・返済方法・・・イオン銀行預金口座からの自動引き落とし

毎月27日に、イオン銀行の口座より返済金が引き落としされることになります。自動的に返済されることになるので、わざわざATMへ行き返済金額を入金させる必要はありません。
一方で、返済額が入金されているかを確かめる必要もあります。仮に返済日がきたとしても返済金に満たない金額しか入金されていなかった場合には、返済ができなかった、ということになります。滞納状態となってしまうのです。

6.3 繰上返済可能

なにも予定通り返済を続けていく必要はありません。余裕がある時には繰上返済を実施して、早く返済を終えてしまう、といったことも可能です。

繰上返済の方法は2つあります。

・イオン銀行ダイレクトを利用した繰上返済
・店舗を利用した繰上返済

イオン銀行ダイレクトとは、イオン銀行のインターネットバンキングです。ログインをすることで利用できることになり、ネット上で様々な手続きができます。その一つが繰上返済なのです。

イオン銀行ダイレクトと店舗のどちらを利用して繰上返済するかによっても、内容が大きく異なってきます。

<イオン銀行ダイレクトを利用した繰上返済の特徴>

・繰上返済は1万円から1円単位で実施可能
・繰上返済手数料・・・無料
・申込期限・・・繰上返済希望日の前日まで
・繰上返済の希望日設定・・・申込日翌日から1ヶ月先の営業日まで

<店舗を利用した繰上返済の特徴>

・繰上返済は10万円から実施可能
・繰上返済手数料・・・無料
・申込期限・・・繰上返済希望日の15日前まで
・繰上返済の希望日設定・・・毎月の返済日のみ指定可能

利用しやすさ、といったことを考えると、圧倒的にイオン銀行ダイレクトを評価できます。少額の繰上返済(1万円以上)も可能です。ちょっとの金額だけでも早めに返済を実施したい、と思っている方はイオン銀行ダイレクトを有効活用すべきです。

※イオン銀行ダイレクトは毎月第2月曜日の午前2時から午前7時まではシステムメンテナンスを実施中です。その時間帯の繰上返済申込はできません。

※ボーナス時の増額返済にも応じてくれます。借入額の50%を上限とした、6ヶ月ごとの増額返済ができるのです。ボーナス時に余裕ができるのであれば利用を検討しましょう。

6.4 返済シミュレーションを利用してみよう

イオン銀行では「返済額シミュレーション(おまとめローン・フリーローン)」を用意しています。毎月の返済額や返済総額を簡単に計算してくれます。
利用に関しては会員登録も不要で、費用もかかりません。無料にて、誰でも利用できるコンテンツです。

<返済額シミュレーション(おまとめローン・フリーローン)で入力する情報>

・借入希望額(必須)
・借入期間(必須)
・借入希望額の内訳(任意)
・試算金利(必須)

用意されているコンテンツにて、

・借入希望額・・・300万円
・借入期間・・・5年
・試算金利・・・8.0%

の情報で計算をしてみました。

結果は一瞬で出てきました。

・毎月の返済額・・・60,829円
・返済総額・・・3,649,740円

上記のような結果が出てきたわけですが、利息がどのくらいかかるのか、といったことが一目瞭然です。300万円を金利8.0%で借りて5年間で返済すれば、65万円近くを利息金として支払うわけになるわけです。
おまとめローンは、特に金額が大きくなります。いま一度、借金をしっかりとイメージするためにも、返済シミュレーションの利用をおすすめします。

7 イオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)のメリット・デメリット

7.1 メリット

<おまとめローンとして利用できる>

複数の借金がある方は、毎月の返済も大変です。金利が高くなる、といったこと以外にも月に複数回の返済日があるのも対応は難しいです。
おまとめローンを利用してしまえば、返済が月1回に統合されることになります。返済に追われている、という感覚もだいぶ薄れるのです。

<金利が低めに設定されている>

最高金利であったとしても13.5%です。仮に最高金利が設定されたとしても、返済金額が少なくなる可能性が極めて高いわけです。
消費者金融の借金をまとめるにはかなり有利な条件となります。さらに銀行カードローンであったとしても、金利が15.0%程度に設定されているケースも少なくありません。銀行カードローンからの借り換えでもお得になるチャンスがあるローンサービスがイオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)です。

<限度額設定が比較的高めである>

おまとめローンの利用には500万円まで、としているところもあります。しかし、イオン銀行イオンアシストプラン(おまとめローン)は最大で700万円まで設定可能です。高額のローンをまとめる、といったことにも対応できるのです。

<収入証明書類の用意が利用限度額300万円までは必要なし>

収入証明書を用意するのが面倒、といった方には大きなメリットです。300万円を超える利用限度額を設定することがなければ、基本的に提出を求められることはありません。銀行系のローンであったとしても、100万円超や200万円超で収入証明書類を求められてしまうこともあります。
書類の提出の手間が省けるのは大きなメリットと言えます。

<非正規雇用でも利用できるチャンスがある>

年収200万円以上、といった条件をクリアしているのであればアルバイトやパートといった方でも利用は可能とされています。正規雇用者でなくても利用できるのです。

<長期返済が可能である>

最長借入期間が8年間に設定されています。高額利用した場合に、返済を短期間で行わなければならないとすると、月々の返済額が大きくなってしまいます。しかし、8年間という長期返済に応じてくれているので、月々の返済額を抑えることも出来ます。

7.2 デメリット

<即日融資に対応していない>

おまとめローンとしての利用なので、即日お金を受け取りたい、といった方はほとんどいないと思います。しかし、融資までには一定の時間がかかってしまう、ということ自体はデメリットに入れるべきです。利用までには多少日数がかかってしまうので、その点は理解したうえで申し込みを実施して下さい。

<事務手数料が発生してしまう>

おまとめローンなので仕方がない部分もありますが、契約時に2,700円の手数料が発生してしまいます。2,700円がネックになっておまとめローンが利用できない、といったことはないと思います。しかし、2,700円も含めて返済でお得になるかを考えて利用するかを判断する必要はあります。

<年収制限がされてしまっている>

年収が200万円以上なければ利用できません。200万円以上稼いでいる方の中で非正規雇用者はかなり少ないと思います。アルバイトやパートでも利用可としていますが、非正規雇用者が利用できる可能性は著しく低いのです。

<学生や年金受給者、無収入の方は利用できない>

金利的にも有利に設定されているので、利用条件は厳しく設定されています。学生の利用も不可とされており、年金受給者の利用も出来ません。専業主婦や専業主夫も配偶者に収入があったとしても利用ができないのです。

商品内容

商品名 イオン銀行イオンアシストプラン
実質年率 3.8%〜13.5%
遅延損害金 14.6%
利用限度額 30〜700万円
審査時間 -
CD・ATM数 -
申込資格 以下のすべての条件を満たす個人の方
・日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方
・契約時の年齢が満20歳以上、満60歳未満の方
・当行に普通預金口座をお持ちの方
・安定かつ継続した収入の見込める方
※原則、前年度税込年収が200万円以上の方
※年金受給者、学生、無職(専業主婦)の方はご利用になれません。
・保証会社であるオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書
※300万円以下の場合は原則不要
保証人 オリックス・クレジット(株)が保証いたしますので不要です。
借入方法 口座振込
返済方式 毎月元利均等返済
返済方法 ・口座振込
・イオン銀行店舗
・口座自動引き落とし
カテゴリ 低金利
大口ローン

会社概要

企業名 株式会社イオン銀行
設立 2006年5月15日
登録番号 -
本社所在地 東京都江東区枝川1-9-6
電話番号 0570-000839
資本金 512億5,000万円
その他商品 イオン銀行カードローンBIG

評価

投票数 悪い 項目 良い 投票数
0 総合 0
0 借入条件 1
0 接客態度 0
0 審査内容 0

クチコミ

クチコミはまだ投稿されていません。
あなたの感想や意見を書いてみませんか?

評価
タイトル
内容

▲イオン銀行イオンアシストプラン詳細ページTOPへ