ビジネスパートナー

株式会社ビジネスパートナーが実施しているキャッシングサービスが「スモールビジネスローン」です。
法人の方と個人事業主の方向けのローンであり、一般的な消費者金融のキャッシングサービスとは一線を画します。

利用するのには担保が必要なのか、利用限度額や融資金使途、さらに申し込みの流れ、といったことまで詳しく記していきます。
法人の方・個人事業主の方でお金を借りたい、と思っている方は必見です。

ビジネスパートナー公式サイトへ


1 審査回答までの速度と審査申込方法

1.1 審査の回答はいつ行われるのか

ビジネスパートナーの「スモールビジネスローン」では即日融資は行っていません。最短翌営業日に融資が可能となっているのです。審査回答については最短即日に実施されます。

多くのビジネスローンも最短即日融資は難しいのですが、当日中にどうしてもお金が必要、といった場合にはスモールビジネスローンの利用は適していません。

1.2 審査申込方法の種類

・インターネットを利用した申込方法
・FAXを利用した申込方法
・郵送を利用した申込方法

上記の3つの申込方法を用意しています。少しでも早く融資を受けたい場合には、インターネットかFAXを利用して下さい。郵送で申し込む場合には、申込書を郵送して店舗に届いてから審査開始となってしまいます。FAXとインターネットであれば、即日ビジネスパートナーに届けることができるので、審査開始までのタイムロスが少なくなります。

<来店する必要なし>

スモールビジネスローンでは、どの申込方法を選択したとしても原則来店契約する必要はありません。郵送やFAXなどを駆使して、契約までこぎつけられるのです。近くにスモールビジネスローンの店舗がなかった場合でも利用できる、といった大きなメリットがあります。

1.3 インターネットによる審査の流れ

・ビジネスパートナーのページより必要事項を記入して送信

・ビジネスパートナーから電話連絡あり

・申込内容の確認

・審査書類をFAXまたは郵送で送る

・書類がビジネスパートナーに到着

・審査開始

・審査結果の連絡あり

・審査突破

・契約手続き

・借り入れ可能に

<インターネット申込の時に提供する情報とは>

・個人情報
・会社の情報・・・会社の電話番号や住所、屋号など

上記の情報をインターネット上で記入して送信すると申し込みができます。提供する情報量としてはそれほど多いものではありません。
ただし、その提供した情報だけで審査が行われるわけではありません。審査書類を送った時に本審査が実施されることになります。情報が揃ってから審査が行われる、といったことは理解しておかなければならいのです。

<インターネット申込はできるがネット上で契約が完結するわけではない>

インターネット申込には対応していますが、審査書類などをFAXや郵送しなければなりません。最初の導入部分だけをインターネットで利用出来るだけなのです。
WEB完結ではない点は、把握しておきましょう。WEB完結ではないという点も、即日融資が出来ない部分に関わっている、と言っても過言ではありません。

1.4 FAXによる審査の流れ

・ビジネスパートナーのページより申込書をダウンロード

・申込書をコピーして内容を記載する

・本人確認書類をコピーする

・コピーした申込書と本人確認書類をビジネスパートナーの店舗へ送信

・申し込みの内容確認あり

・審査書類をFAXまたは郵送で送る

・書類がビジネスパートナーに到着

・審査開始

・審査結果の連絡あり

・審査突破

・契約手続き

・借り入れ可能に

<インターネット申込との違いとは>

導入部分だけです。申し込みするときの書類をFAXする、といった部分がインターネット申込と異なっています。
申込書に関しては、ビジネスパートナーのページに用意されているので、そちらをダウンロードして下さい。PDFファイルで用意されています。

FAXの送信先に関しては、各店舗で番号が違います。
ビジネスパートナーは各地に店舗があり、

・東京本社・・・FAX番号:03-5155-4881
・札幌支店・・・FAX番号:011-252-6418
・仙台支店・・・FAX番号:022-722-6198
・名古屋支店・・・FAX番号:052-218-5304
・大阪支店・・・FAX番号:06-6222-8548
・福岡支店・・・FAX番号:092-452-7534

の中から基本的には近くの店舗へ送信することになります。

<店舗ごとの対応地域>

・東京本社・・・関東地方
・札幌支店・・・北海道、青森県、秋田県
・仙台支店・・・東北地方
・名古屋支店・・・中部地方、北陸地方
・大阪支店・・・近畿地方、四国地方
・福岡支店・・・九州地方、沖縄地方

1.5 郵送による審査の流れ

・ビジネスパートナーのページより申込書をダウンロード

・申込書をコピーして内容を記載する

・本人確認書類をコピーする

・コピーした申込書と本人確認書類をビジネスパートナーの店舗へ郵送

・申し込みの内容確認あり

・審査書類をFAXまたは郵送で送る

・書類がビジネスパートナーに到着

・審査開始

・審査結果の連絡あり

・審査突破

・契約手続き

・借り入れ可能に

<ネット申込・FAX申込との違いとは>

申込書と本人確認書類の送付方法に違いがあります。郵送申込に関しては、郵送で申込書と本人確認書類を送付することになります。到着までには一定の時間がかかり、内容確認までタイムロスが生じてしまうのです。
FAXやネットが利用しにくい環境である方には郵送申込は一つの方法として採用できますが、基本的に大きなメリットはありません。

1.6 連帯保証人と担保について

・連帯保証人・・・個人事業主のケースは不要、法人の場合は代表者が連帯保証人になる
・担保・・・不要

担保については、必要ありません。無担保型ローンとなっているのです。会社の建物や土地を担保に入れる、といったことはしなくて良いのです。担保が必要なローンは手続きが煩雑になってしまうこともあり、必要書類も多くなってしまいます。借り入れまでに時間を要してしまうケースも少なくありません。
ビジネスパートナーのスモールビジネスローンは即日融資が出来ないものの、審査結果を最短即日に伝えてくれるなど、スピーディーな対応を心がけています。スピーディーな対応ができる理由の一つに「無担保」が入ってくるわけです。

連帯保証人に関しては、法人であるか個人事業主であるかで対応が変わってきます。個人事業主である場合は、保証人は必要ありません。一方で法人の場合は、会社の代表者が連帯保証人になります。ただ、法人の場合は、代表者が連帯保証人になる、ということはそれほど珍しいことではありません。一般的なことです。

1.7 個人事業主は借入計画書の提出義務あり

個人事業主の方が申し込みを実施する場合には、申込書以外にも「借入計画書」の提出が求められます。
借入計画書に関しては、ビジネスパートナーのホームページからダウンロード可能です(PDFファイル)。記載方法もしっかりと明示されているので、参考にしつつ記入を実施して下さい。

2 二つの申込条件

2.1 融資対象条件

社員などの一般的な雇用者の利用は認めていません。あくまでビジネスローンとなっているので、利用者は限られているのです。

<ビジネスパートナー「スモールビジネスローン」の融資対象者>

・法人
・個人事業主

上記のどちらかに該当していなければ、スモールビジネスローンの利用は出来ません。法人であるか個人事業主であれば借り入れできるチャンスが出てきます。
ちなみに個人事業主である場合には、審査申込時に提出する書類が一つ増えるケースもあるので注意して下さい(借入計画書)。

2.2 年齢条件

・申込可能最低年齢(申込時)・・・20歳
・申込可能最高年齢(申込時)・・・69歳

20歳から69歳までの方が申し込みできる状況となっています。申込時に年齢が20歳に到達していない場合には、20歳になるのを待ってから申し込みを実施して下さい。

70歳以上になってしまうとスモールビジネスローンの利用は出来ません。

ローンで69歳まで対応している、というのは比較的高齢まで借り入れできるタイプ、と判断して間違いありません。中には「65歳まで」としているところもあれば、「60歳まで」としているところもあるのです。

ビジネスローンなので法人や個人事業主を相手にしています。だからこそ、比較的高齢までしっかりと稼げる可能性があるので、返済に問題がないと判断した場合は高齢まで貸し付けているわけです。

2.3 利用条件まとめ

・法人、または個人事業主であること
・申込時の年齢が20歳から69歳までであること

上記の二つの条件をクリアしている必要があります。

2.4 融資金使途について

事業性資金としてのみの利用ができます。生計費などとしての利用は出来ないので、消費者金融の取り扱っているフリーキャッシングとは大きな違いがあります。ビジネスに特化したローンなのです。

事業性資金であれば、運転資金であろうと設備資金であろうと問題にはされていません。どちらのタイプにも利用できる、といったメリットがあるのです。
運転資金が足りない時には運転資金として利用し、設備資金が足りない時には設備資金に利用する、といった使い分けもできるわけです。

3 利用限度額と金利は一般的

3.1 それほど有利ではない金利設定

実質年率に関しては、特別有利とは判断できない率に設定されています。フリーキャッシングと比較しても同等か、やや高い、といった判断が下せる利率に設定されているのです。

・最低実質年率・・・9.98%
・最高実質年率・・・18.00%

少額融資の場合には、基本的に最高実質年率が設定されるので、事業性資金で借りているのに年に20.0%近い利息を支払わなければなりません。有利な借り入れを行いたいのであれば、銀行のビジネス系のローンを狙う、といったことをおすすめします。

ちなみに利息制限法は守らなければならないので、100万円以上の限度額が設定された場合には、実質年率は15.0%以下になります。

3.2 ビジネスローンとしては一般的か?利用限度額について

・最低利用限度額・・・50万円
・最高利用限度額・・・500万円

利用限度額に関してもそれほど有利な設定とはいえません。ただし、銀行で行っているローンサービスでないところを含めて考えると、それほど不利な利用限度額とはいえません。

事業に問題がないと判断された場合には、300万円以上の限度額を設定される可能性もあるので、比較的高額な借り入れをするチャンスも少なからずあるのです。

※ビジネスローンであるスモールビジネスローンは総量規制の対象外です。年収の3分の1を超える借り入れも可能となっているので、高額の借り入れも出来るのです。そもそも事業性資金として利用するお金に関しては、総量規制の対象外と決まっています。収入に関係なく借り入れができるのです(収入は審査には影響を与えます)。

3.3 利用限度額と実質年率の関係性

ビジネスパートナーのスモールビジネスローンでは、利用限度額の設定によって実質年率を決めています。基本的な考え方としては、利用限度額が高く設定されればされるほど有利な金利が借り入れできる状態になります。

要は、

・最低利用限度額に近ければ近いほど、最高実質年率に近い設定の貸し出しになりやすい
・最高利用限度額に近ければ近いほど、最低実質年率に近い設定の貸し出しになりやすい

といった状態になるわけです。

<スモールビジネスローンの利用限度額設定と実質年率設定>

・利用限度額が50万円以上100万円未満・・・実質年率:9.98%から18.00%
・利用限度額が100万円以上から500万円以下・・・実質年率:9.98%から15.00%

スモールビジネスローンに関しては金利がどうしても高めの設定になってしまいます。500万円の限度額をもらったとしても、10.0%の前後の実質年率で借り入れることになりかねません。
高額の借り入れを計画している場合には、利息の支払がネックになりかねないので事前に利息支払額の計算をしてから借り入れを実施すべきです。

3.4 支払いが遅れた場合~遅延損害金の設定率とは~

・遅延損害金・・・20.0%

通常の実質年率が最高18.0%に設定されているので、それよりも高い利息が設定されてしまいます。
遅延損害金は滞納が発生すると適用されてしまうので注意して下さい。返済日を忘れないようにする、といったことが極めて重要になります。

一度遅延損害金が設定されると、遅延状態が取り除かれるまでは発生したままになってしまいます。滞納した場合には、すぐに対処して遅延損害金の設定から逃れるべきです。

3.5 珍しい!無利息サービスあり

ビジネスローンでは極めて珍しいのですが、ビジネスパートナーでは無利息サービスを実施中です。幾つかの条件がありますが、その条件をクリアすると最大で45日間も利息がゼロになるのです。

<無利息サービスの中身>

・新規契約であることが条件
・借り入れの翌日から1回目の支払期日までが無利息対象(最大で45日間)
・無利息期間中に追加の借り入れをした場合も無利息対象になる

無利息サービスのメリットは、実質的な得が出来る、といったものです。たとえば、100万円借りていたとしても、無利息期間中に完済できれば100万円のみの返済で問題ありません。利息金は1円も支払わないで利用することも可能なのです。

<無利息サービスの効果をシミュレーション>

・借入金額・・・200万円
・実質年率・・・15.0%
・無利息対象期間・・・45日

上記を条件として計算すると、「2,000,000円×15.0%÷365日×45日」=「36,986円(端数切捨て)」といった結果が出てきます。なんと35,000円以上もお得に出来る計算なのです。

無利息サービスには期間もありますし、初回利用限定となっているので利用できるチャンスは限られています。利用できるいまが絶好の機会、と言えるかもしれません。

4 必要書類

4.1 本人確認書類

・運転免許証
・各種保険証

ビジネスパートナーでは上記のうちいずれか1通のコピーを必須としています。個人事業主であったとしても法人であったとしても求められるので、申込前に用意しておくことをおすすめします。

本人確認書類の送付方法は、FAXまたは郵送です。すぐに審査を行ってもらいたい場合には、FAXによる送付で対処して下さい。

4.2 法人が用意すべき書類

・代表者本人を確認する書類
・登記事項証明書(商業登記簿謄本)
・決算書原則2期分など

※他にも書類の提出を求められることがあります。

「代表者ご本人様を確認する書類」は本人確認書類のことを指しています。法人が利用する場合は、会社の誰の本人確認書類を送付すればよいのか、と思ってしまうかもしれません。送付するのは、法人の代表者のものです。

4.3 個人事業主が用意すべき書類

・本人を確認する書類(本人確認書類)
・確定申告書原則2年分
・借入計画書など

※他にも書類の提出を求められることがあります。

注目して欲しいのが「借入計画書」です。借入計画書に関しては、ビジネスパートナーが用意しているもので、ホームページ上からダウンロードできます。PDFファイルとなっており印刷し、記入をしてから提出して下さい。

<借入計画書に書く内容とは>

・名称または屋号
・代表者氏名
・事業の現状と見通し
・収支の見通し・・・前期・当期・来期以降
・資金繰りの見通し・・・当期・来期以降

書くのが難しそうに感じるかもしれませんが、書き方については例文がPDFファイルの下に記載されているので、そちらを参考にすればスムーズに記せるはずです。
来期以降の金額に関してはあくまでも予測なので、それほど正確な数字を出す必要はありません。ただ、説明を求められることもあるかもしれないので、根拠は用意しておくべきです。

5 借入の知識と借入方法

5.1 借入方法|銀行振込

借入方法は銀行振込に対応しています。

追加融資の申込方法は少し特殊なものとなっています。一般的なローンであれば、ホームページ等からの申し込みを実施するのですが、スモールビジネスローンは少し異なっています。

振り込みに利用する口座ですが、法人である場合には法人名義に限られています。法人代表者の個人名義の口座には振り込んでくれません。個人事業主の場合には、代表者の個人名義の口座に振り込んでくれます。

<追加融資の方法とは>

ビジネスパートナーのホームページより融資金振込書をダウンロードして下さい。

※該当エリアを管轄している各店舗の融資金振込書をダウンロードする必要があります。

ダウンロードしたら、必要事項に記入をして該当する各支店へFAXします。あとは、店舗側の確認が取れ次第入金をしてくれる、といったシステムになっています。
融資金振込書に関しては、個人情報や実印、さらに融資金の振込希望日や振込申込金額、さらに契約番号(分かる場合のみ)を記載します。

追加融資の申込金額は、10万円以上1,000円単位で記載して下さい。10万円未満の融資に関しては受け付けていません。

※200万円を超える振込金額を希望している場合には、契約時に提出した代表者の身分証明書もコピーしてFAXする必要があります。

5.2 借入方法|セブン銀行ATM

ローンカードを使用して、全国のセブン銀行ATMで借入できます。ほぼ24時間利用できるので、利便性に優れています。

ATM手数料が発生するので注意してください。借入金額によって、108円~216円の手数料が発生します。

6 返済の知識と返済方法

6.1 返済方式|借入時残高スライド元金定額リボルビング返済

借入時残高スライド元金定額リボルビング返済とは、返済額が借入時の借入残高によって返済額が決まっています。
たとえば、50万円の残高で毎月1万円の返済となっている場合は、ずっと継続して1万円を返済していくことになります。ただし、永遠に返済額が変わらないわけではありません。

追加の借り入れをした場合には、その追加の借入をした時点の残高が基準となって返済額が再度設定されるのです。
たとえば、前述した50万円から元本を10万円返済した時点で、さらに60万円借りたとします。合わせて100万円の借金残額になるわけですが、100万円の借金残額の場合は毎月の返済額が2万円とします。そうなると、月々の返済額が前述した1万円から2万円に切り替えられるわけです。

6.2 返済期間とは

・最長返済期間・・・5年間
・最長返済回数・・・60回

最長の返済期間は5年間となっています。しかし、借り入れた毎に更新されるシステムとなっているので、実質的に最長返済期間はあってないようなものとなっています。

ただし、利用実績によっては、契約の打ち切りとなってしまったり、追加融資が不可とされてしまったりする可能性もあります。

6.3 返済期日

二つの選択肢があり、自分で決めることが可能です。

<約定返済日の設定日>

・毎月15日
・毎月月末

対応しやすい方を選択して下さい。
返済しづらい日程を選択してしまうと、滞納がおこってしまうかもしれません。返済が遅れてしまうと遅延損害金の対象になってしまいます。

※約定返済日が銀行休業日であった場合には、その翌日が約定返済日となります。

6.4 返済方法|銀行振込

ビジネスパートナーの「スモールビジネスローン」が対応している返済方法は銀行振込に対応しています。ビジネスパートナーの指定している銀行口座に振込返済を実施することで、返済が行われるわけです。

約定返済日は設定されていますが(毎月15日or月末)、何も返済日まで待っていることはありません。早めに振り込みを済ませておくことも出来るのです。

6.5 返済方法|セブン銀行ATM

セブン銀行ATMで返済が可能です。ローンカードを利用して、ATMに入金します。ほぼ24時間利用できるので、深夜や朝方にも利用できます。

ATM手数料が発生するので注意が必要です。返済金額によって、108円~216円の手数料が発生します。

6.6 繰上返済について

繰上返済には対応しています。繰上返済手数料も無料となっているので、気軽に利用できます。資金に余裕が有る場合には、繰上返済を活用して下さい。早く借金が減れば、それだけ支払う利息金の額も少なくなります。

7 スモールビジネスローンのメリット・デメリット

7.1 メリット

<原則来店不要で申込から借入・返済ができる>

店舗に行く必要が原則ありません。審査申込から契約手続き、さらに借入から返済までビジネスパートナーの店舗へ向かう必要なく利用が出来るのです。
FAXや郵送などの手段を利用することもありますが、近くに店舗がなくても利用できる、といったメリットがスモールビジネスローンにはあります。

<事業資金としての利用であれば使途が自由に設定されている>

何にどれだけ利用するのか、といったことを決めて借り入れるのではありません。事業性の資金であれば、その利用方法は一切問われないのです。
運転資金として利用してもよいですし、設備投資としての利用も問題ありません。

<無担保・無保証人で利用できる>

法人の場合は、会社の代表者が連帯保証人になります。しかし、第3者の保証人を用意しなくて良いのです。さらに担保も一切必要ありません。返済ができなくなった時に、土地や建物を手放さなければならない、といったリスクが一切ないのがスモールビジネスローンです。

<最短即日審査回答が可能>

書類などが揃っており幾つかの条件をクリアすれば当日中の審査回答も可能です。ビジネスローンでは審査に時間がかかってしまうこともありますが、即日に審査回答を貰える可能性があるわけです。
審査結果を早く貰いたい方にスモールビジネスローンは適しています。

7.2 デメリット

<即日融資に対応していない>

審査回答は最短即日に貰えますが、融資は最短翌営業日となっています。
即日で借り入れを実現したい、といった方の利用にはスモールビジネスローンは適していません。

<利息が少し高めに設定されている>

ビジネスローンなので実質年率が高めに設定されているのは仕方ありません。しかし、消費者金融よりも高めに設定されている、といった見方も可能です。高額借入を長期間続けていると、利息の負担が大きくなってしまう可能性もあり、利用には注意を要する、と言わざるを得ません。

関連情報


商品内容

商品名 ビジネスパートナー
実質年率 9.98%~18.0%
遅延損害金 20.0%
利用限度額 50~500万円
審査時間 最短即日
CD・ATM数 -
申込資格 ・法人又は個人事業主の方
・満20歳~満69歳までの方
必要書類 ■法人
・代表者本人を確認する書類
・登記事項証明書(商業登記簿謄本)
・決算書原則2期分など
■個人事業主
・本人を確認する書類
・確定申告書原則2年分など
保証人 原則不要
※法人の場合は代表者の連帯保証が必要
借入方法 ・口座振込
・セブン銀行ATM
返済方式 借入時残高スライド元金定額リボルビング返済方式
返済方法 ・口座振込
・セブン銀行ATM
カテゴリ 短期間無利息
大口ローン

会社概要

企業名 株式会社ビジネスパートナー
設立 1999年11月
登録番号 関東財務局長(2)第01500号
本社所在地 東京都新宿区新宿6-27-56 新宿スクエア6F
電話番号 0120-453-666
資本金 2億2,375万円
その他商品

クチコミ

クチコミはまだ投稿されていません。
あなたの感想や意見を書いてみませんか?

評価
タイトル
内容

▲ビジネスパートナー詳細ページTOPへ