千葉銀行カードローン クイックパワー<アドバンス>は千葉県民に便利

千葉銀行カードローン クイックパワー<アドバンス>は、千葉銀行のキャッシングサービスの一つです。銀行カードローンであり、総量規制の対象外である、といった特徴があります。

銀行カードローンでありながら、最短即日融資も可能です。さらに来店する必要もなければ郵送も不要タイプの申し込みから借り入れも選択可能なのです。銀行カードローンならではの低金利での貸し出しも実施しており、大きな注目を集めています。

千葉銀行カードローン クイックパワー<アドバンス>は、比較的気軽に利用できるタイプの銀行カードローンです。銀行カードローンの利用を検討している、という方は必見です。

千葉銀行カードローン クイックパワー<アドバンス>公式サイトへ

目次


1 申し込みと審査の解答スピードについて

1.1 最短即日審査回答あり|最短即日融資も可能

千葉銀行カードローン クイックパワー<アドバンス>では、最短即日融資に関しても対応しています。審査結果に関しても、最短即日対応となっているので、当日中に借り入れを行いたい、といった方におすすめの銀行カードローンです。

<即日審査結果連絡が可能な申し込み方法>

・パソコン、スマートフォンによる申し込み
・モバイルによる申し込み
・電話による申し込み
・FAXによる申し込み

上記した以外に千葉銀行カードローンでは郵送申し込みにも対応していますが、郵送申し込みに関しては最短即日回答を実施していません。利用申込書と本人確認資料が到着してから審査開始となってしまうからです。

<最短即日融資を実施して貰う方法>

必ず午前中までに審査を終えて下さい。審査を終えているだけではダメです。正午までに千葉銀行より、審査結果の連絡が完了していなければなりません。正午の直前に申し込むと正午までに間に合わないので、余裕を持って申し込みを終えておくことが必要になります。

千葉銀行カードローンは普通預金口座の開設も必要になってきます。千葉銀行の普通預金口座を持っていない方は、正午までに普通預金口座の開設が済んでいる必要もあるので注意してください。

1.2 パソコン、スマートフォンによる申し込み方法|最短即日融資可能・WEB完結可能

<千葉銀行普通預金口座を持っている方はWEB完結可能>

・インターネットから申し込み

・必要事項に入力

・審査結果の連絡あり(電話、または郵送)

・審査突破

・指定口座への入金利用が可能に

・ローンカード到着後はカードを利用した借り入れが可能に

<WEB完結申込の特徴>

書類のやり取りがありません。口座の開設をすでに済ませている方が利用できるのがWEB完結申込なのです。
口座を開設している時に、すでに本人確認資料は提出しているはずです。ですから、わざわざカードローン申し込み時に提出する必要はない、といった方針を立てています。

審査は最短即日終了し、借り入れも最短即日で可能です。ただし、ローンカードは到着していないので、指定口座への入金を実施します。即日融資は口座への振り込みで実施されるというわけです。

<普通預金口座を持っていない場合の申し込みの流れ>

・インターネットから申し込み

・必要事項に入力

・審査結果の連絡あり(電話、または郵送)

・審査突破

・利用申込書、本人確認資料を送付(FAX、または郵送)

・千葉銀行が資料を確認後借り入れ可能に

・指定口座への入金利用が可能に

・ローンカード到着後はカードを利用した借り入れが可能に

<WEB完結申込との違い>

審査突破後に資料のやり取りがある、という部分が異なっています。千葉銀行に口座を持っていなければ、千葉銀行のカードローンの利用はできません。
カードローン口座開設手続きには利用申込書と本人確認書類を提出しなければなりません。利用申し込み書に関しては、ホームページ上からPDFファイルとしてダウンロードする方法、店頭(ATMコーナー)で手に入れる方法の2つがあります。

借り入れ方法に関しては、WEB完結申込と基本的に一緒です。振り込みサービスを利用するか、ローンカードが発行されるのを待ってATMから借り入れる方法があります。

1.3 電話による申し込み方法|最短即日融資可能

・フリーダイヤルから申し込み

・質問されたことに答えていく

・審査結果の連絡あり(電話、または郵送)

・審査突破

・利用申込書、本人確認資料を送付(FAX、または郵送)

・千葉銀行が資料を確認後借り入れ可能に

・指定口座への入金利用が可能に

・ローンカード到着後はカードを利用した借り入れが可能に

<電話申し込みの特徴>

フリーダイヤルの0120-68-7878に電話連絡を実施します。審査申込受付は、午前7時から午後11時までとなっています。
審査結果は最短当日発表があり、資料をFAXで送付することで最短即日融資が受けられます。

1.4 FAXによる申し込み方法|最短即日融資可能

・利用申込書、本人確認資料をFAX

・審査結果の連絡あり(電話、または郵送)

・審査突破

・指定口座への入金利用が可能に

・ローンカード到着後はカードを利用した借り入れが可能に

<FAX申込の特徴>

0120-17-7889にFAXを送信して、申し込みを実施します。申し込み時に利用申込書と本人確認資料を送付してしまうので、借り入れまでの流れはスムーズになります。
最短即日で審査結果は示され、即日融資に関しては、指定預金口座への振り込みで対応しています。

1.5 郵送による申し込み方法

・利用申込書、本人確認資料を郵送

・審査結果の連絡あり(電話、または郵送)

・審査突破

・指定口座への入金利用が可能に

・ローンカード到着後はカードを利用した借り入れが可能に

<郵送申し込みの特徴>

郵送で申し込むことになるので、利用申込書と本人確認資料が届くまでに時間がかかってしまいます。結果的に融資がその分ズレこんでしまうので即日融資は受けられません。
カードを利用した借り入れを考えていると、郵送の時間を含めて借り入れできるまでには、10日から2週間程度かかってしまうこともあります。

1.6 モバイルによる申し込み方法|最短即日融資可能

・千葉銀行のモバイルページより申し込み

・必要事項に入力

・審査結果の連絡あり(電話、または郵送)

・審査突破

・利用申込書、本人確認資料を送付(FAX、または郵送)

・千葉銀行が資料を確認後借り入れ可能に

・指定口座への入金利用が可能に

・ローンカード到着後はカードを利用した借り入れが可能に

<モバイルによる申し込み方法の特徴>

パソコン・スマートフォンによる申し込みとほとんど同じ内容となっています。アクセスするページがモバイルサイトなだけで、手続きに関しては大きな違いはありません。

1.7 申し込み方法は普通預金口座を持っているか持っていないかで決めること

・千葉銀行の普通預金口座を持っている・・・WEB完結申込を利用すべき
・千葉銀行の普通預金口座を持っていない・・・WEB完結申込以外を選択すべき

WEB完結申込に関しては、圧倒的に即日融資が受けられやすくなっています。口座を開設するような手間もなければ、資料を提出する必要もありません。簡易的な申込で審査をしてもらえるのです。

普通預金口座を持っていない場合には、WEB完結申込に関しては選択できません。その他の申し込み方法を利用して下さい。即日融資を受けたい場合には、郵送審査以外を利用する、といったことも忘れないようにしましょう。

2 四つの申込条件

2.1 年齢条件について

・最低契約時年齢・・・20歳
・最高契約時年齢・・・64歳

千葉銀行カードローンは、20歳から64歳でなければ契約はできません。未成年の方の利用は禁止されており、65歳以上になってしまうと、契約ができないのです。65歳以上の方は、他のカードローンの利用を検討しなければなりません。

年齢制限に関しては、銀行カードローンとしては一般的から、やや高めに設定されている、と言っても良いかもしれません。銀行カードローンの中には60歳になると契約できない、としているものもあるのです。

2.2 収入条件について

<安定した収入があること>

上記が条件に設定されています。しかし、正社員である必要はありません。

・アルバイト
・パート
・契約社員
・派遣社員

上記の雇用形態で働いている、といった方の利用も認めているのです。
さらに、専業主婦の利用も可能としています。

専業主婦が利用する場合には一定の条件が設けられています。配偶者に安定した収入がなければなりません。要は、配偶者の収入を元にお金を貸し出してくれる、といった制度を設けているわけです。

<収入額に関しては指定なし>

千葉銀行カードローン クイックパワー<アドバンス>では、年収がいくらなければ契約できない、といった設定は設けていません。年収に関しては、安定していれば良い、としているのです。何も月に30万円以上なければならない、と条件に入っているわけではないのです。
月の収入が20万円だろうと10万円だろうと、安定して収入があるのであれば利用はできる、としているのです。

2.3 住まい、勤務先条件について

千葉銀行の営業区域内に、住まいか勤務先がなければ利用できません。千葉銀行カードローンは全国から借り入れや返済ができますが、全国の方を対象としているカードローンではないのです。

<以下の地域に住まいか勤務先があれば利用可能>

・千葉県全域
・茨城県全域
・埼玉県全域
・東京都全域
・神奈川県横浜市、川崎市

首都圏にある都県に住まいか勤務先がなければ千葉銀行カードローン クイックパワー<アドバンス>との契約はできない、といった設定になっているのです。
千葉銀行カードローン申込条件の中で最も高いハードル、といっても良いかもしれません。
ちなみに神奈川県については、横浜市と川崎市にしか対応していません。神奈川県の他の地域に住んでいたり、勤務先があったりすると利用できないケースも出てくるので注意が必要です。

2.4 口座条件について

千葉銀行普通預金口座がなければ千葉銀行カードローンの利用は出来ません。ただし、カードローン申し込みを行う上で、口座開設を済ませておく必要はありません。利用開始時までに口座を用意すればいいのです。

すでに千葉銀行の普通預金口座を持っている方は、口座開設をする必要はありません。そのおかげでWEB完結申込が利用できるのです。

2.5 申込条件まとめ

・契約時の年齢が20歳から64歳であること
・本人に安定した収入があるか、配偶者に安定した収入があること(専業主婦)
・勤務先か住まいが、千葉県、茨城県、埼玉県、東京都、神奈川県の一部にあること
・千葉銀行普通預金口座を持っている、または開設する意志があること(利用開始時までに開設できていれば問題なし)

上記の4つの条件をすべてクリアしていれば、千葉銀行カードローン クイックパワー<アドバンス>に申し込みができます。

2.6 担保・保証人について

・担保・・・必要なし
・保証人・・・必要なし

担保と保証人について用意する必要はありません。
不動産がなくても利用できますし、連帯保証人になってくれる人を探す必要もありません。

3 銀行らしい低金利と一般的な利用限度額設定

3.1 銀行カードローンとして平均的な金利

・最低実質年率・・・4.3%
・最高実質年率・・・14.8%

千葉銀行カードローンの金利設定は、銀行カードローンとしてはそれほど有利な設定とはいえません。しかし、消費者金融と比較すると、低金利となっているので有利な借り入れができることは間違いありません。

実質年率は4.3%から14.8%と開きがありますが、利用限度額設定によって変化します。

・利用限度額が低く設定されたケース・・・高めの実質年率が設定されやすい
・利用限度額が高く設定されるケース・・・低めの実質年率が設定されやすい

利用限度額を高く設定すれば有利な借り入れができると思って高額希望をしてしまう方もいますが、その分審査が厳しくなってしまうので注意して下さい。必要な分だけ申し込むのがおすすめです。

3.2 千葉銀行カードローンの利用限度額

・最低利用限度額・・・30万円
・最高利用限度額・・・500万円

銀行カードローンとしてはそれほど高めに限度額を設定しているわけではありません。中には700万円や800万円、さらに1,000万円に設定しているキャッシングサービスもあるほどです。

千葉銀行は銀行カードローンなので総量規制の影響は受けません。年収の3分の1を超える借り入れはできない、とする規制はされないので、比較的高額の利用限度額設定が狙えるカードローンでもあります。

3.3 遅延損害金

・千葉銀行カードローンの遅延損害金・・・19.8%

返済が遅れてしまうと適用されてしまうペナルティ的なものが遅延損害金です。通常の実質年率よりも高めに設定されてしまうので、返済総額が増えてしまうのです。
遅延損害金を解除するためには返済の遅れを解消する必要があります。なるべく早い段階で返済を終えてしまうべきです。

千葉銀行カードローンの遅延損害金の19.8%は他の銀行カードローンと比較すると少し不利な設定といえます。

3.4 無利息サービスはなし

キャッシングサービスの中には一定期間無利息で貸し出すようなサービスを行っているところもありますが、千葉銀行カードローンでは実施していません。

4 必要書類

4.1 必要書類の提出が一切必要なしの条件

千葉銀行の普通預金口座を持っている場合には、必要書類の提出は一切必要ありません。千葉銀行の普通預金キャッシュカードを持っている状態で、千葉銀行カードローン クイックパワー<アドバンス>に申し込みを実施すれば、本人確認書類の提出も必要ないのです。

申し込みから契約までWEBで手続きが完了します。その際書類の送信をする必要もないわけなので、融資までの時間短縮にも大いに役立ってくれます。
すでに千葉銀行の普通預金口座を持っていてキャッシュカードも持っているのであれば、千葉銀行カードローンの利用を検討すべきです。

※住所等に変更がある場合には別途手続きで資料が必要になることもあります。

4.2 本人確認書類

WEB完結申込をする方は本人確認書類の提出は必要ありません。その他の申し込み方法を選択しようと思っている方は、必要書類として本人確認書類のみ提出することになります。

<千葉銀行カードローンで対応している本人確認書類>

・運転免許証
・パスポート
・身分証明書
・資格証
・在留カード
・住民基本台帳カードなど

上記したものの中で一つ提出することになります。本人確認書類には必ず現住所が記されている必要があります。千葉銀行カードローンは対応地域と対応していない地域に分かれています。対応している地域に住んでいるかを確かめるために、本人確認書類を用いることもあるわけです。

4.3 収入証明書類を提出する必要なし

千葉銀行カードローンは銀行カードローンなので、総量規制の対象外です。消費者金融のように、50万円を超える限度額設定になった場合は提出しなければならない、といった方針はありません。

しかし、他の銀行カードローンの場合は、利用限度額が100万円を超えたり200万円を超えたり300万円を超えたり、といった場合に収入証明書類を求められることがあります。
千葉銀行カードローンでは最高利用限度額が500万円ですが、その500万円の契約であったとしても収入証明書類の提出は必要なし、としています。他のキャッシングよりも用意する書類が圧倒的に少ない、とのメリットがあるのが千葉銀行カードローン クイックパワー<アドバンス>なのです。

5 借り入れの基礎知識と借り入れ方法の種類

5.1 借り入れは限度額まで何度も可能

利用限度額が設定されているので、その利用限度額に到達するまでであれば、何度でも借り入れが可能です。返済した分に関しても再び枠が復活するシステムとなっているので、契約している間は半永久的にキャッシングが出来るような状態となるのです。

注意して欲しいのが、返済が滞ってしまった場合です。返済に遅れが出てしまっている状態の時には、新たな借り入れはできない、といった状況になってしまいます。返済を予定通り続けることが、繰り返し借り入れ出来る条件になってくるのです。

5.2 借り入れ方法その1|口座振り込み

インターネットバンキングを利用した振り込みと、テレフォンバンキングを利用した振り込みに対応しています。ネットが繋がるところ、電話が繋がるところからであれば、振り込みに対応してくれているのです。

金額を指定し振り込み依頼をすると、時間帯によっては即日振込みで対応してくれます。

5.3 借り入れ方法その2|カードを利用したATMキャッシング

発行されたローンカードを利用して、ATMからキャッシングができます。カードが届くまでには申込から一定の時間がかかるので、即日カードを利用した借り入れはできません。

<借り入れができるATMの種類>

・千葉銀行の専用ATM
・提携金融機関のATM
・コンビニ等に設置されている提携ATM

コンビニに設置されているATMに関しては、セブン銀行ATMやイーネットATM、さらにローソンATMが利用できます。他にもイオン銀行やゆうちょ銀行のATMが利用可能です。

ATMを利用すると所定の手数料が発生することもあるので注意してください。千葉銀行に設置されているATMに関しても時間外手数料が発生してしまうことがあるので注意すべきです。
ただし、千葉銀行の専用ATMに関しては手数料がかかったとしても、1回あたり108円です。コンビニATMの場合は108円から216円の手数料が発生するので注意して下さい。

<利用手数料が無料になる特典あり>

ちばぎんポイントサービス「ひまわり宣言」のポイント数によっては、ATMの手数料の割引が適用されるのです。一つの目安は80点です。コンビニATMの利用手数料が無料になることもあるので、有効活用して下さい。
ちばぎんポイントサービス「ひまわり宣言」のポイントをためる方法としては、千葉銀行と様々な取引を実施する、一定以上の預金をしておく、といったものがあります。ポイントを貯めること自体はそれほど大変なことではありません。

6 返済の基礎知識と返済方法の種類

6.1 返済日は毎月1日

返済日は毎月1日に設定されています。返済日に関しては選択制がありません。
1日が銀行の休業日に当たる場合には、翌営業日が返済日に設定されます。

1日までに返済金分の入金がされているかを必ずチェックして下さい。仮に引き落としができなかった場合には、滞納状態になってしまいます。遅延損害金が設定されてしまうことになるので注意しましょう。

6.2 通常返済は指定預金口座からの引き落とし

基本的な返済方法に関しては指定預金口座から引き落とし対応となります。いわゆる約定返済は自動引き落としで対応されるのです。

毎月1日に自動的に口座から返済分のお金が引き落としされていくだけなので、わざわざATMへ行って返済金を入金する、といった必要はありません。

6.3 随時返済方法|ATM・インターネットバンキング・テレフォンバンキング・店頭

随時返済方法は3つあります。

・ATMによる返済
・インターネットバンキングによる返済
・テレフォンバンキングによる返済
・店頭での返済

随時返済とは、繰り上げ返済のようなものです。約定返済以外の返済となっており、定期的に利用することで、結果的には利息のカットもできます。早めに返済を終える、といったことも可能なのです。資金に余裕がある時には、随時返済を利用して返済総額を少しでも減らすべきです。

ATMによる随時返済時にも手数料は発生することがあります。

インターネットバンキングはほぼ24時間対応しており、テレフォンバンキングに関しては平日のみの対応で午前9時から午後9時までとなっています。

6.4 月々の返済額

月々の返済額は、借入残高によって決められています。借入残高が高い場合には、月々の返済額も高くなります。一方で借入残高が少なくなれば月々の返済額も低減していくのです。

<借入残高と月々の返済額の関係性>

借入残高 月々の返済額
400万円超500万円以下 9万円
300万円超400万円以下 7万円
200万円超300万円以下 5万円
100万円超200万円以下 3万円
50万円超100万円以下 2万円
50万円以下 1万円

仮に、最初に150万円お借り入れを行ったとします。その場合は、月々3万円の返済が実施されます。返済が進み借入残高が100万円以下になった場合は月々2万円の返済に移行するわけです。一方で再度借り入れを実行し、借入残高が110万円になった場合には月々の返済額は3万円に戻ります。

6.5 全額返済も可能

何も予定通りの返済をする必要はありません。一括繰り上げ返済にも対応しています。ただし返済額には利息額も含まれているので、事前にいくら返済すれば全額返済になるのか、といった事を確かめておく必要があります。

7 千葉銀行カードローンの注目のサービス

7.1 「10秒クイック診断」について

簡易審査です。たった4つの項目を入力することで、簡単な審査結果を示してくれます。ただ、本審査ではないので、そちらの結果通り本審査の結果も出てくるとは限りません。

<10秒クイック診断の入力項目>

・年齢・・・○○才
・年収・・・○○○万円
・(希望)借入枠・・・○○○万円
・現在の借入の年間返済額・・・○○○万円/年

個人情報を提供することはないので気軽に利用できるのです。

クイック診断の結果、「お借り入れ可能と思われます。」と表示された場合は借り入れできる可能性が高いとされます。そのまま審査に進みましょう。

※「お客様のご入力情報では、お借り入れ可能か判断できませんでした。」と出た場合には、借り入れできない可能性があります。しかし、あくまで可能性なので、審査を突破できることもあります。

7.2 契約額増額の申し込みについて

現状の利用限度額では足りない場合には、増枠の申し込みができるのです。

インターネット、または電話から増額申し込みが可能です。増額の申し込みに関しても、千葉銀行の店舗へ向かう必要はありません。
ネットからの申し込みであれば、24時間受け付けてくれています。

8 千葉銀行カードローンのメリット・デメリット

8.1 メリット

<最短即日融資が可能である>

幾つかの条件がありますが、銀行カードローンでありながら最短即日融資ができる、というのは大きなメリットに他なりません。
WEB完結申込以外にも即日融資に対応しているので、様々な申込方法でも即日融資してくれる可能性があるのです。

<必要書類の提出が少ない>

千葉銀行カードローンでは、必要書類の提出が一切ない、といった申し込み方法も用意しています。たとえば、すでに千葉銀行の普通預金口座のキャッシュカードを持っている方は、本人確認書類の提出も必要ないのです。
また、利用限度額設定に関係なく収入証明書類の提出は必要ありません。キャッシングサービスとしては極めて稀な方針です。

<専業主婦の利用も認めている>

総量規制の対象外である銀行カードローンらしいメリットです。収入がない専業主婦であったとしても、配偶者に収入があれば貸出を実施してくれています。

<金利が低めに設定されている>

銀行カードローンとして有利な金利とまでは言えません。しかし、金利はクレジットカードや消費者金融に比べると低めに設定されていることは事実です。有利な借り入れを実施したい、といった方におすすめのカードローンなのです。

8.2 デメリット

<最低約定返済額が高めに設定されている>

1万円以上に最低返済額が設定されています。消費者金融であれば、数千円の返済も認めているので、この点はデメリットと言わざるをえません。
しかし、返済金額が高いということは、それだけ早く返済が終えられる、ということでもあります。返済総額が少なく済む、といったメリットも約定返済額が高いことにはあるのです。

<利用限度額変更時に書類が送付されてしまう>

千葉銀行カードローンでは、随時利用限度額の変更依頼を受け付けています。仮に利用限度額の変更を実施した場合には、書類が家に送付される、といったシステムになっているのです。
家族に内容物を見られてしまえば、借り入れしていることが発覚する恐れもあるので要注意です。

<約定返済の対応は口座引き落としのみ>

ATMやインターネットバンキング、テレフォンバンキングによる返済も認めています。しかし、約定返済については口座引き落としにしか対応していません。出先からATMで約定返済を実施する、といったことができないのです。

商品内容

商品名 千葉銀行カードローン クイックパワー<アドバンス>
実質年率 4.3%~14.8%
遅延損害金 19.8%
利用限度額 30~500万円
審査時間 最短即日
CD・ATM数 -
申込資格 次の条件をすべて満たす個人の方
・契約時の年齢が満20歳以上満65歳未満の方
・安定した収入(パート、アルバイト、配偶者に安定収入のある専業主婦を含む)のある方
※ただし年金収入のみの方は申込みできません。
・お住まい、またはお勤め先の所在地が当行本支店の営業地域内にある方
※インターネット支店をご利用の場合は、お住まいの所在地がインターネット支店の営業地域内にある方。
・エム・ユー信用保証(株)の保証が受けられる方
・他にクイックパワー、クイックパワー<アドバンス>のカードローンをお持ちでない方
必要書類 本人確認書類(運転免許証、パスポート、身分証明書など)
保証人 エム・ユー信用保証(株)を保証人とします。
借入方法 ・口座振込
・銀行/コンビニの提携ATM
返済方式 残高スライド方式
返済方法 ・口座振込
・千葉銀行ATM
・コンビニ提携ATM
・店頭窓口
・口座自動引き落とし
カテゴリ 低金利
大口ローン

会社概要

企業名 株式会社千葉銀行
設立 昭和18年(1943年)3月
登録番号 -
本社所在地 千葉県千葉市中央区千葉港1-2
電話番号 043-245-1111
資本金 1,450億円
その他商品

クチコミ

クチコミはまだ投稿されていません。
あなたの感想や意見を書いてみませんか?

評価
タイトル
内容

▲千葉銀行カードローン クイックパワー<アドバンス>詳細ページTOPへ