第三銀行カードローン「SUN」は専業主婦・年金受給者も利用可能

「第三銀行カードローン SUN」は第三銀行が実施しているカードローンサービスです。第三銀行は三重県の松阪市に本店を置く第二地方銀行の一つです。

こちらでは、その第三銀行カードローン SUNにどのような特徴があるのか、といったことを明らかにしていきます。審査は早く行ってくれるのか、どのような申し込み条件があるのか、金利や限度額設定はどうなっているのか、といった事も掲載します。

信頼できる銀行からお金を借りたい、と思っている方は必見です。

第三銀行カードローン SUN公式サイトへ

目次


1 審査申し込み方法と審査の回答スピードの早さ

1.1 最短即日審査回答あり

審査は最短即日実施してもらえます。ですから、申し込みをした当日中に借りられるか、借りられないか、といった事も把握できる、といった嬉しいメリットがあるわけです。

仮に借りられるとわかれば、翌日以降の融資となっても安心感がありますよね。スピード対応してくれる、といったメリットが第三銀行カードローン SUNにはあるのです。

ただし、即日審査をしてもらうためには、時間にも注意しなければなりません。審査申し込み時間が遅くなってしまえば、審査は翌日以降に回されてしまいます。当日中に審査結果を得たいのであれば、なるべく午前中に申し込みを終えておきましょう。

1.2 最短即日融資も可能

銀行カードローンでは比較的難しいとされている、最短即日融資に関しても可能としています。ただし、申し込み方法によっては即日融資には対応していないので注意しなければなりません。

即日融資に対応している申し込み方法としては電話があります。電話申し込みを実施することで、優先的に審査を実施してくれるわけです。ただし、電話の対応時間などもあるので、やはり早い時間帯に申し込みを実施してください。申し込み時間帯によっては翌日以降に審査が回されてしまい、即日融資不可となってしまいかねません。

即日融資に関しては、カードでの借り入れはできません。発行までには時間がかかってしまうからです。即日融資に関しては、振り込み対応となっているので口座を用意できているといった事も必要になってきます。

<最短即日融資が受けられる条件>

・電話で申し込みを実施すること
・平日の早い時間帯に申し込みを終えておくこと
・振り込み用口座(第三銀行普通預金口座)をすでに用意してあること

1.3 申し込み方法その1|インターネット申し込み

第三銀行カードローン SUNでは、公式ホームページより、インターネットからの、申し込みも可能としています。家にいながらにして申し込みができる、といったメリットもあります。しかも、ネット申し込みであれば来店不要での申し込みもできるので、近くに第三銀行がなかったとしても全く問題ありません。
実際に、第三銀行カードローン SUNに申し込む方の多くがインターネット申し込みを利用しています。

<インターネット申し込みの流れ>

・第三銀行のホームページより申し込みの開始

・必要事項に入力する

・第三銀行側が審査を実施する

・審査結果が出る

・審査結果が伝えられる

・審査突破

・借入可能状態になる

・契約書類が自宅に送られてくる

・必要事項に入力して返送する

・契約書類が届いたらローンカードが発行される

・ローンが届き、カードを利用した借り入れが可能になる

<審査申込時の入力情報について>

・本人情報・・・名前、生年月日、性別、独身or既婚、住所、第三銀行との取引状況、電話番号、住宅ローン返済額、家賃など
・勤務先情報・・・職業、勤務先名、勤務先住所、勤務先電話番号、雇用区分、入社年月、勤務先業種、職種、所属部署、勤務先社員数、保険種類、税込み年収など
・その他の情報・・・審査結果連絡先、契約方法、現在の借入情報

上記の情報を入力することで申し込みを実行したことになります。かなり多くの情報を入力していく事になります。ただし、5分程度で入力は出来るものなので、それほど時間が取られるわけではありません。

注意してほしいのが勤務先情報です。かなり細かい情報を聞かれることになるので、社員証などを片手に申し込みを実施してください。

よくあるのが、年収を偽ってしまう、というものです。確かに第三銀行カードローン SUNでは、収入証明書類が500万円までの申込であれば不要です。しかし、収入に問題がある、と判断された場合は調査されてしまったり、おかしい、と疑念を持たれてしまったりする可能性もあるのです。正直な額を必ず入力してください。

<融資の実行について>

カードが郵送されてくるのを待っていると、融資してもらうまでに申し込みから1週間以上かかってしまうことになります。ですから、初回は振込融資を受ける、といった事も考えておきましょう。審査結果が出ている状態であれば、振込融資に対応してくれるのです。

振込融資であれば、第三銀行普通預金口座を持っていれば、最短即日融資も可能です。カードの発行を待っている必要はありません。

1.4 申し込み方法その2|電話申し込み

唯一最短即日融資を可能、としている申し込み方法です。申し込み専用ダイヤルがあるので、そちらに電話連絡を実行し、申し込みを行ってください。基本的には前述したような、インターネット申し込み時に必要な情報を提供することになります。
情報に誤りがあるといけないので、身分証明書や社員証などを片手に申し込みを実施しましょう。

<電話申し込みに関する情報>

・対応ダイヤル・・・お申し込み専用ダイヤル:0120-0909-44
・対応時間・・・平日の午前9時から午後7時まで

午後7時まで申し込みダイヤルは利用できますが、即日融資を受けたい場合には、夕方以降では遅いです。お昼までには申し込みを終えておきましょう。

1.5 申し込み方法その3|銀行窓口申し込み

第三銀行の店舗まで行き、そちらで申し込むことも可能です。店舗の場所に関しては、公式ホームページからチェック可能です。店舗に関しては、三重県の各地にあります。三重県以外にも愛知県にもあり、そちらからも申し込むことができます。

店舗によって、営業時間なども異なっているので事前に確認した上で向かうようにしてください。ちなみに、幾つかの店舗によっては、平日の時間延長営業をしているところもあります。

1.6 申し込み方法その4|FAX申し込み

FAX申し込みに関しては、第三銀行のホームページより、専用の用紙をダウンロードできます。そちらをコピーして送信します。用紙は、PDFファイルとして用意されています。

その用紙に記入する内容に関しては、基本的にインターネット申込時に提供する情報と同じです。書き上がったら、指定されたFAX番号に対して送信を実行しましょう。

<FAX番号>

0120-33-8675

仮にFAX送信をして3営業日経過しても連絡がなかった場合には、申込書が未達になっている可能性があります。その場合は、「0120-0909-44」まで連絡を行ってください。

1.7 申し込み方法その5|郵送申し込み

郵送で申し込む場合には、第三銀行のホームページから資料請求を実施します。資料請求に関しては一般的な個人情報を入力するだけです。

注意をしてほしいのが、「送付希望資料」の種類を選択する項目です。「第三銀行カードローン『SUN』」にチェックが入っていることを確認してください。そちらにチェックが入っていないと、カードローンの申込用紙が届きません。

申込用紙が届いたら、あとは申込書の各項目を入力して、提出するだけです。郵送申し込みに関しては、かなり時間がかかってしまうことになるので、急いでいる方は郵送申し込み以外の方法を選択してください。

1.8 連帯保証人と担保は必要なし

・保証人・・・不要
・担保・・・不要

第三銀行カードローン SUNは、基本的に保証人と担保を用意する必要はありません。保証人になってくれる人を探さなくても構いませんし、不動産などの担保を用意する必要もまったくないのです。

2 申し込み条件

2.1 年齢条件

・申込可能最低年齢・・・20歳
・申込可能最高年齢・・・70歳

未成年の方の申し込みと、71歳以上の方の申し込みは不可とされている、といった特徴があります。未成年の方は、20歳になるのを待ってから申し込みを実行してください。

71歳以上の方に関しては、もう第三銀行カードローン SUNを利用することは出来ません。他社のカードローンの利用を検討してください。

2.2 収入条件

・安定した収入があること

収入額に関しての条件はありません。返済ができる程度の安定した継続的収入があれば問題なし、とされているのです。

雇用形態に関しても厳しく設定されているわけではありません。正社員以外の利用も可、とされています。例えば、パートやアルバイトの利用もできるのです。年金受給者の方の利用も可能です。

<専業主婦の利用もできる>

銀行カードローンなので、総量規制に関しては設定されていません。年収の3分の1を超える借り入れはできない、といった設定はされていないのです。
ただし、専業主婦の場合は、配偶者に安定した収入がある、といった条件が付け加えられます。

2.3 住まいと勤務地に関する条件

・三重県に住まいか勤務地があること
・愛知県に住まいか勤務地があること

居住地・勤務先が三重県・愛知県の方に申し込みは限られます。全国対応しているカードローンではないので、その点は注意してください。その他の地域に住まいや勤務地がある方の利用は出来ないのです。

2.4 保証会社の保証が受けられること

第三銀行カードローン SUNの利用で保証人が必要ない理由として保証会社の存在があります。保証会社が補償してくれるから、わざわざ保証人を用意しなくてもよいのです。

第三銀行カードローン SUNの場合は、株式会社アコムが補償しています。ですから、過去にアコムを利用して返済できなかった、といったような問題を起こしている場合には、審査に突破できない確率がアップします。

2.5 申し込み条件まとめ

・年齢が20歳から70歳までであること
・安定した収入があること(専業主婦、年金受給者の利用も可能)
・三重県か愛知県に住まいか勤務地があること
・アコムの保証を受けられること

上記の4つの条件をすべてクリアしていることが条件です。一つでもクリアできていないと、審査は突破できません。要は、4つの条件は審査の最低条件なのです。

3 嬉しい低金利と魅力度満点な利用限度額設定

3.1 低金利なので安心

・最低実質年率・・・4.8%
・最高実質年率・・・14.5%

※2016年11月現在

銀行カードローンということもあり、非常に有利な設定で借り入れができます。特に注目をしてほしいのが、最高実質年率です。15.0%を切っているので、高い利息金を支払う必要はありません。消費者金融大手の場合は、最高実質年率が18.0%に設定されていることも多く、そちらと比較すると3.0%以上もお得、となるわけです。

一方で、最低実質年率に関しては平均的です。第三銀行カードローン SUNに関しては、高額な利用もできるのですが、高額な場合も5.0%前後の実質年率がかかってきてしまう、ということになります。銀行カードローンの中には、最低実質年率を3.0%未満に設定しているところもあるので、それらと比べると、少し不利と感じてしまいます。

3.2 高額な利用限度額設定も可能

・最低利用限度額・・・10万円
・最高利用限度額・・・1,000万円

利用限度額は10万円単位で決定されます。10万円といった少額の設定にも対応していますし、1,000万円といった高額の設定にも対応しています。高額な利用をしたい、という方に向いている銀行カードローンです。

ただし、必ずしも希望する額が設定されるわけではありません。審査によって利用限度額が設定されることになるので、希望額よりも下回ってしまうこともあります。

<利用限度額と収入証明書類>

第三銀行カードローン SUNでは、利用限度額が500万円までであれば収入証明書類の提出は不要、としています。一方で、500万円超の設定をする場合には収入証明書の提出が求められます。

少しでも提出する書類を少なくしたい、という場合には500万円以下の限度額設定を希望してください。

3.3 利用限度額設定と実質年率設定

実質年率は4.8%から14.5%の設定となっていますが、実は設定された利用限度額によって設定される率が決まっています。

・利用限度額が低めの設定・・・高い実質年率が設定される
・利用限度額が高めの設定・・・低い実質年率が設定される

上記のような特徴を持っているわけです。だからといって、利用限度額を高めに設定してしまうと、審査が厳しくなってしまう恐れもあるので気をつけてください。

<利用限度額と設定される実質年率>

利用限度額 実質年率
10万円以上90万円以下 14.5%
100万円以上190万円以下 12.8%
200万円以上290万円以下 9.8%
300万円以上390万円以下 7.8%
400万円以上590万円以下 6.8%
600万円以上790万円以下 5.8%
800万円以上990万円以下 5.0%
1,000万円 4.8%

仮に実質年率を10%未満に設定したい場合には、利用限度額を200万円以上に設定すればよいのです。前もって設定される実質年率が把握できる、というのも大きな魅力です。

ちなみに、仮に利用限度額が1,000万円であって少額の10万円を借り入れたとしても、設定されるのは実質年率4.8%です。

3.4 無利息キャンペーンは実施しておらず

最近では、銀行カードローンも時々行っている無利息キャンペーンですが、第三銀行カードローン SUNでは実施していません。最初から実質年率4.8%から14.5%がかかってきてしまいます。

4 必要書類

4.1 身分証明書

身分証明書に関しては必ず必要になります。必ず用意した上で申し込みを実行してください。身分証明書の提出に手間取ってしまうと、審査がスムーズに進まずに融資までに時間がかかってしまう、といったことも十分に考えられます。

対応している身分証明書は幾つかあり、その中から1点の提出が求められます。

<対応している身分証明書>

・運転免許証
・各種健康保険証
・パスポート

4.2 収入証明書類

条件付きで提出を求められるのが収入証明書類です。必要とされるのは、利用限度額設定が500万円超になる方のみです。500万円以下の利用限度額設定であれば、収入証明書類の提出は求められません。

収入証明書類の種類については以下のとおりです。

<対応している収入証明書類>

・源泉徴収票
・給与明細書・・・直近の2ヶ月分が必須
・年金証書
・確定申告書など

4.3 印鑑

取引用の印鑑が必要になります。

4.4 必要書類まとめ

・身分証明書・・・運転免許証など
・収入証明書・・・源泉徴収票など(利用限度額を500万円超に設定する場合のみ)
・印鑑

絶対に必要になってくるのは、身分証明書と印鑑です。収入証明書に関しては、絶対に求められる、といったことはありません。条件をクリアした場合のみ提出を求められるので、該当する場合には事前に準備しておきましょう。

5 借り入れの基礎知識とキャッシング方法

5.1 限度額まで何度も借入可能

第三銀行カードローン SUNでは、利用限度額が決まっています。100万円であれば、100万円の限度額が一杯になるまでは複数回の借り入れができる、といった特徴を持っているのです。

例えば、すでに50万円を使っていたとしても、100万円まではまだ50万円の余裕があります。その50万円は利用できる状態なのです。

一方で、限度額いっぱいまで利用したとしても、返済が進んでいけば再び枠は復活します。100万円の枠いっぱいまで利用していたとしても、返済が進み20万円の借金元金が返済できたとします。その場合は、その20万円は利用可能状態になっている、というわけです。

契約期間中は枠が余っていれば何度でも借り入れできる、といった特徴が第三銀行カードローン SUNにはあります。

5.2 借り入れ方法その1|振込借り入れ

振り込み依頼をすることで、指定口座に振り込んでもらえます(第三銀行普通預金口座)。

特に初回の融資に関しては、振り込みによる借り入れしか即日融資には対応していません。ですから、基本的に即日融資を受けたい方は、初回の融資は振り込み対応になる、というわけです。

振込みによる借り入れに関しては、電話からも可能です。

5.3 借り入れ方法その2|ATM借り入れ

第三銀行の専用ATMを利用した借り入れも出来ますし、コンビニなどに設置されている提携ATMを利用した借り入れも可能、となっています。

専用ATMに関しては、三重県を中心に愛知県や和歌山県、さらにその他の地域にもあります。営業時間に関しては、基本的に午前7時から午後11時までとなっています。事前に確認をして、何時まで利用しようと思っている店舗のATMが利用できるのかを確認しておきましょう。

コンビニなどに設置されている提携ATMも利用できます。提携ATMの場合は専用ATMと異なり、一部手数料がかかるところもあるので注意しましょう。ただし、相互無料開放ATMも用意されており、基本的に提携ATMであったとしても無料利用できるところが多い、といった特徴があります。

<提携ATMの種類>

・セブン銀行ATM
・イーネットATM
・ゆうちょ銀行ATM
・みずほ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・愛知銀行ATM
・中京銀行ATM
・三重銀行ATMなど

紹介したのは一部のATMです。他にもたくさんの提携ATMがあるので、全国各地から借り入れができます。何も三重県や愛知県にいなければ借り入れができない、といったわけではありません。

ちなみに、利用する方が多いと思われるコンビニATMの「セブン銀行ATM」と「イーネットATM」に関しては、曜日や時間に関係なく手数料無料で借り入れができます。

6 返済の基礎知識と返済方法の種類

6.1 返済日は毎月6日

返済日は選択制ではありません。毎月6日が返済日の設定となっているので、6日に遅れないように対処しなければならないのです。

6日が銀行休業日であった場合には、翌営業日が返済日となります。

6.2 返済方法|約定返済方法は引き落としのみ

返済用口座からの自動引落による返済対応となっています。返済日に自動的に引き落としが実行されることになるので、特に何かをしなければならないわけではありません。しなければいけないことといえば、返済日前に返済金がしっかりと入金されているのか、ということを確かめる程度です。

自分でATMに返済しにいく、ということに関しては約定返済に関しては一切必要ない、といった嬉しい特徴が第三銀行カードローン SUNにはあります。しかし、好きな時に約定返済する、といったことは出来ないので、その点はマイナスかもしれません。

6.3 繰り上げ返済はATMから実施可能

約定返済以外にも繰り上げ返済に対応しています。資金に余裕がある場合などは、繰り上げ返済をATMから実施しましょう。ATMから入金分は繰り上げ返済に充当されるので、今後の利息金の支払額が低減したり、返済が早く終る、といったメリットも得られるようになります。

ただし、無理に繰り上げ返済する必要はありません。資金の余裕があるときのみ、第三銀行カードローン SUNと提携しているATMを利用して繰り上げ返済を実施しましょう。

6.4 毎月の返済額とは

毎月の返済額は、前月末日時点の貸越残高によって設定されます。

・貸越残高が高い・・・約定返済額が高い
・貸越残高が低い・・・約定返済額が低い

要は、返済が進んでいけば、毎月の返済額は少なくなる、といった特徴を持っているのです。一方で、返済途中で再度の借り入れを実施した場合には、返済額は増える、ということになります。月々の返済額を確認しながら、返済能力を超えるような借り入れをしない、ということが重要になってきます。

<貸越残高と毎月の返済額設定>

貸越残高 毎月返済額
10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 5,000円
20万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超700万円以下 80,000円
700万円超800万円以下 90,000円
800万円超900万円以下 100,000円
900万円超1,000万円以下 110,000円

例えば、前月の貸越残高が1,000万円であった場合には、返済額は11万円に設定されます。しかし、ずっと貸越残高が1,000万円であるわけではありませんよね。返済が進めば、残高も減っていき、例えば500万円になったときには、月々6万円の返済額になります。100万円になれば月々2万円の返済額となるのです。

高額の借り入れをすれば返済当初は厳しいですが、返済が進めば、ある程度余裕が出てくる、といったことも十分に考えられます。

7 第三銀行カードローン SUNのメリット・デメリット

基本的に第三銀行カードローン SUNはおすすめできる銀行カードローンです。しかし、デメリットがないわけではありません。
こちらでは、メリットとデメリットの双方を紹介していきます。

7.1 メリット

<金利が低めに設定されている>

最高実質年率が14.5%なので、特に高額の借り入れを希望している、という方にはおすすめです。低い金利で融資してもらえるので、返済総額を抑えられる、といったメリットがあります。

大手の消費者金融やクレジットカードのキャシングなどを利用すると、実質年率が18.0%から20.0%ほどになってしまうこともあります。場合によっては、実質年率が5.0%程度も有利になることもあり、第三銀行カードローン SUNは「オトクなカードローン」、と言っても過言ではありません。

<収入証明書類が基本的に必要なし>

必ず提出しなくても良い、というわけではありませんが、ほとんどの方は収入証明書の提出をしないで利用できます。そもそも提出を求められるのは、利用限度額を500万円超の設定にしたい方のみです。

一般のキャッシングローンで500万円超の利用をしたい、という方は限られてくると思うので、90%以上の方は収入証明書類の用意をしなくて良い、と言っても良いかもしれません。

<高額の借り入れも可能である>

最高利用限度額設定は1,000万円です。高額の利用にも十分に対応してくれているのです。もちろん利用限度額設定を高く設定してしまうと審査も厳しくなりますが、高額の利用を考えている方は第三銀行カードローン SUNが適しています。

<専業主婦と年金受給者の利用も可能>

銀行カードローンといったメリットが最大限に活かされています。収入額によって借入金額の上限が決まっていないので、本人に収入がない専業主婦や年金しか収入のない年金受給者の利用も可能です。

特に専業主婦に関しては、銀行カードローンの中にも貸し出し不可、としているところもあります。専業主婦にとって心強いのが第三銀行カードローン SUNなのです。

7.2 デメリット

<特定の地域の方でなければ利用できない>

三重県か愛知県で住んでいたり、働いていたりする方でなければ利用できません。借り入れに関しては、コンビニATMが利用出来るなど全国対応しているのですが、申し込みできる方はどうしても限られてしまうわけです。

<返済日と約定返済方法に選択性がない>

返済日は毎月6日、と決まっています。約定返済方法は口座引落のみです。他の方法には対応してくれていないので、自由度のある利用、といったものはできません。

例えば、給料日が10日という方もいます。返済日の6日は給料日の直前でもあり、返済が難しい、といった状態になりかねないのです。

約定返済方法は口座引落となっているので、できれば給与振込口座としておきたいところ。返済日直前には、口座にどれだけのお金が入っているかを確かめておきましょう。

商品内容

商品名 第三銀行カードローン SUN
実質年率 4.8%〜14.5%
遅延損害金 18.25%
利用限度額 10〜1,000万円
審査時間 最短即日
CD・ATM数 -
申込資格 ・申込時の年齢が満20歳以上満70歳以下の方
・安定した収入がある方(専業主婦、パート、アルバイト、年金受給者の方も利用できます。ただし、専業主婦は配偶者に安定した収入がある方とします)
・第三銀行の営業区域内に居住または勤務している方(居住地・勤務先が三重県・愛知県の方に申し込みは限られます)
・保証会社であるアコム(株)の保証が得られる方
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれか1点)
・収入証明書類(利用限度額500万円以内の場合は不要)
保証人 不要
借入方法 ・口座振込
・店頭窓口
・銀行/コンビニの提携ATM
返済方式 借入残高スライド返済方式
返済方法 ・口座振込
・店頭窓口
・銀行/コンビニの提携ATM
・口座自動引き落とし
カテゴリ 低金利
大口ローン

会社概要

企業名 株式会社第三銀行
設立 大正元年(1912年)10月20日
登録番号 -
本社所在地 三重県松阪市京町510番地
電話番号 0120-0909-44
資本金 374億6,100万円
その他商品

評価

投票数 悪い 項目 良い 投票数
0 総合 0
0 借入条件 0
0 接客態度 0
0 審査内容 0

クチコミ

クチコミはまだ投稿されていません。
あなたの感想や意見を書いてみませんか?

評価
タイトル
内容

▲第三銀行カードローン SUN詳細ページTOPへ