みずほ銀行MyWing

みずほ銀行で行っているローン機能を中心としたサービスのことを「みずほMyWing」といいます。
単なるローンサービスといったものではなく、様々なサポートをしてくれる、といった特徴があります。

こちらでは、みずほMyWingのサービス内容を徹底的に網羅します。
金利や限度額などの基礎的な情報から、借り入れ方法や返済方法といった契約後に必要となってくる情報を知りたい方も必見です。

みずほ銀行MyWing公式サイトへ

目次


1 審査申込方法と審査の回答スピード

1.1 審査回答は最短即日可能

みずほMyWingには二つのローンサービスが用意されています。一般的なキャッシングサービスである「わたし応援ローン」と、住宅ローンの「わたし応援住宅ローン」です。
ここでは、「わたし応援ローン」について解説していきます。

・わたし応援ローン・・・最短即日回答可能、ケースによっては翌営業日以降になる

わたし応援ローンは、申し込み時間帯によっては即日回答してもらえないこともあります。即日審査回答を貰いたい場合には少しでも早い時間帯に申し込みを実施すべきです。
特に金曜日の遅い時間帯に申し込みを行ってしまうと土・日は休業日なので、翌営業日は月曜日以降です。審査回答が3日後以降になってしまうかもしれません。

1.2 審査の申込方法とは

<みずほMyWing(わたし応援ローン)の申込方法>

・パソコンからも申し込み
・スマートフォンからの申し込み
・店頭での申し込み

3つの方法に分類されていますが、要は「ネット申し込み」と「店頭申し込み」の2つの種類に分かれています。

ネット申し込みを実施する場合には専用ページが用意されているので、そちらにアクセスします。

・重要事項の確認、同意

・希望限度額の記入

・本人情報の記入

・記入した情報の確認

・申込内容を送信

上記の流れでネット申し込みは実行されますが、総合口座(普通預金口座)を持っていない方は、総合口座(普通預金口座)に関しても同時に申し込みが実行されます。申し込み時点はみずほ銀行に口座を持っていなくても構いませんが、キャッシング利用をするときには口座を保持している必要があるのです。

1.3 必要書類の提出は審査結果が出た後

わたし応援ローンの必要書類の提出は審査の申し込みを実施し、メールにて審査結果の回答をしてもらってからになります。審査に落ちてしまった場合には、必要書類を提出する必要がありません。

必要書類の提出は、カメラで書類を撮影して登録用URLに画像を登録することによって実施されます。ただし、みずほ銀行ダイレクトを利用している方、手元に通帳を用意してもらえる方に関しては必要書類の提出をする必要はありません。

1.4 保証人の有無について

・わたし応援ローン・・・原則不要(株式会社オリエントコーポレーションが保証)

わたし応援ローンは、比較的少額の貸し出しを実施しているので連帯保証人や担保は求めていません。そのメリットとして審査の簡易化があります。
申込者も用意する書類が少なくて済みます。キャッシングサービス側にとっても審査にかかる手間が少なくなるので、早く回答が出せる、といったメリットがあるのです。

2 三つの申し込み条件

みずほMyWingを利用するにあたり、三つの条件が設定されています。まずはその三つの条件を必ずクリアしている必要があります。
クリアした上で貸出をしてもよいかをみずほMyWingは審査で判断しているのです。

2.1 年齢条件とは

契約時の年齢が、満20歳以上であり、満66歳未満である必要があります。
未成年の利用はできない仕様となっています。また66歳以上の方の利用もできません。仮に他の二つの条件をクリアしていたとしても、年齢条件をクリアしていなければ審査突破はできません。他の条件についても同様です。

現状で未成年である方は、20歳になってから申し込みを実施してください。

2.2 収入条件とは

「安定かつ継続した収入が見込める方」といった条件が設定されています。
曖昧にも感じる条件ですが、要は毎月の収入があれば問題なし、と言っているのです。収入額については指定がありません。
収入額に関しては高いほうが審査を突破しやすいことは間違いありませんが、みずほMyWingの「わたし応援ローン」の最高限度額は200万円です。高額設定とはいえないので、比較的収入条件は低め、と判断できます。

2.3 保証会社による審査を突破すること

借り入れに関して保証するのは保証会社です。ですから、みずほMyWingを利用するためには、必ず保証会社の審査に通らなければなりません。

保証会社は、株式会社オリエントコーポレーションです。「オリコ」といったほうが分かりやすいかもしれません。日本の大手信販会社の一つです。多くのクレジットカードを発行していることでも知られています。

2.4 その他の細かい条件とは

外国籍の方でも利用はできますが、永住許可を受けている必要があります。

2.5 みずほMyWingの利用条件まとめ

・契約時の年齢が20歳以上65歳以下であること
・安定した継続的な収入があること
・保証会社の保証を受けられること

保証会社の保証審査ですが、前述したようにオリコが関わっています。過去にオリコ系のクレジットカードの利用で滞納などの問題を起こしている場合には、審査が厳しくなる恐れもあります。

3 銀行らしい低金利と銀行らしからぬ限度額設定

みずほMyWingは銀行で行っているキャッシングサービスであるので、実質年率はかなり低めに設定されています。返済負担が少ない、といったメリットがあります。
一方で、銀行が行っているキャッシングサービスであるにもかかわらず、限度額設定に関しては問題があります。

こちらではみずほMyWingの金利の程度、さらに限度額について明らかにします。

3.1 お得に借り入れてきる低金利設定

・最低実質年利率・・・年12.0%
・最高実質年利率・・・年14.0%

※限度額が200万円設定の場合は年9.0%

最高実質年率に関してはかなり低めの設定となっています。消費者金融の場合は、大手だと18.0%程度に設定されていることが多いのです。それと比較すると、4.0%も違うことが分かります。

最高実質年率が年14.0%なので、仮に限度額が10万円であったとしても年14.0%で借り入れできることになります。

一方で、少し気になってしまうのが最低実質年率です。年12.0%に設定されているのですが、これは他の銀行カードローンと比較すると高めです。他の銀行カードローンの場合は、最低実質年率が5.0%を切っていることもあるのです。しかし、みずほMyWingの最低実質年率が高めに設定されているのには大きな理由があります。それは、限度額設定が他よりも低くされている、といったものです。ですから、特段不利な設定率とはいえません。

3.2 銀行のキャッシングなのに限度額は低めの設定

・最低利用限度額設定・・・10万円
・最高利用限度額設定・・・100万円

※場合によっては200万円まで設定可能

銀行のキャッシングサービスとしては物足りない金額と思うかもしれません。さらに高額の利用をしたい方は、みずほ銀行カードローンの利用をおすすめします。同じくみずほ銀行で行われているキャッシングサービスですが、みずほ銀行カードローンの場合は最高限度額が800万円に設定されています。

みずほMyWing(わたし応援ローン)の限度額設定ですが、幾つかに分かれています。

・10万円設定
・20万円設定
・30万円設定
・50万円設定
・100万円設定
・200万円設定(※)

上記の中からいずれかを選ぶ、といったことになります。

※200万円設定にした場合は、みずほMyWingをすでに利用している必要があります。利用限度額を増額するときに、最大で200万円に設定できる、といった状態になっているのです。最初から200万円に設定されることはないので気をつけてください。

3.3 利用限度額と実質年率の関係性

実質年率は、利用限度額の設定ごとに決まっています。

<利用限度額と実質年率>

利用限度額 実質年率
10万円以上100万円未満 年14.0%
100万円以上200万円未満 年12.0%
200万円 年9.0%

利用限度額が高く設定されればされるほど有利な金利で借り入れができる、といった状態になっています。

キャッシングの上限金利は利息制限法によって決められています。10万円以上100万円未満のケースは実質年率18.0%が上限、100万円以上のケースは実質年率15.0%が上限です。利息制限法と比較しても、みずほMyWingの金利がいかに有利であるかがよく分かります。

3.4 無利息サービスは実施していない

消費者金融だけでなく銀行カードローンの一部でも実施している無利息サービスですが、みずほMyWingでは実施していません。
無利息サービスを実施しているキャッシングでは、契約後一定期間は無利息利用ができますが、みずほMyWingでは最初から年12.0%から年14.0%の実質年率がかかってきます。

3.5 お得な金利特典あり

みずほMyWing契約時にみずほ銀行で住宅ローンを利用している方は、「わたし応援ローン」の設定実質年率が年0.5%引き下げてもらえます。

<金利特典を受けられた場合の設定金利>

利用限度額 実質年率
10万円以上100万円未満 年13.5%
100万円以上200万円未満 年11.5%
200万円 年8.5%

3.6 遅延損害金は一般的な率

遅延損害金(実質年率)は年19.9%に設定されています。消費者金融と比較するとほぼ同等です。銀行カードローンと比較すると少し高めです。

4 必要書類

みずほMyWingの「わたし応援ローン」における必要書類を紹介します。本人確認書類と印鑑が必要になるので、審査を受ける前に用意しておきましょう。

4.1 本人確認書類

本人であることを確認できる資料を提出しなければなりません。コピーの提出を求められます。複数ではなく、いずれが一つの提出で構いません。

<本人確認書類として提出できるもの>

・運転免許証・・・変更のあるものは両面コピー
・運転経歴証明書・・・変更のあるものは両面コピー
・パスポート・・・写真掲載ページと住所のページをコピー
・各種健康保険証・・・カードの場合は両面コピー
・印鑑証明書・・・発行後3ヶ月以内のもの
・住民票・・・発行後3ヶ月以内のもの
・在留カード・・・変更があるものは両面コピー
・住民基本台帳カード・・・変更がある方は両面コピー

どの資料を用意したら審査が有利になる、といったことはありません。用意しやすいものを提出してください。

4.2 印鑑

返済用のみずほ銀行普通預金口座をすでに持っている場合には、その口座の届け印を用意してください。

5 キャッシング時に把握しておくべき事とキャッシング方法

みずほMyWingを利用する前に知っておかなければならないことをお話します。さらに、キャッシング方法、いわゆる借り入れする方法についても明らかにします。

5.1 繰り返し借り入れが利用できる

限度額まで繰り返し借り入れができる、といった特徴があります。
たとえば限度額設定が100万円だったとします。50万借りた場合ですが、残りの50万円はいつでも借り入れできる状態となっています。

限度額が100万円で100万円をすでに借りてしまった場合ですが、返済が進んでいけば再び借り入れが可能になります。100万円のうち借金元金を50万円返済できた場合には、その50万円が再び借り入れできるような状態になるのです。
全額返済しなければ再度の利用はできない、といったことは一切ありません。

5.2 融資金使途は自由

みずほMyWing(わたし応援ローン)は、融資された資金に対して利用の制限は受けません。基本的にどのようなものにでも利用できるのです。

ただし、一部制限が設けられています。

<事業性資金としての利用は不可>

個人事業主の方で、仕事のために融資されたお金をつかう、といったことは禁止されているのです。確かに有資金の使途は自由とされていますが、基本的に生計費の利用をイメージしている、といったことは覚えておくべきです。

5.3 借り入れ方法

<みずほ銀行の普通預金キャッシュカードを利用した借り入れ>

みずほMyWingのキャッシングサービスでは、新たにローンカードを発行しません。普通預金口座を作った時にキャッシュカードが発行されています。そのキャッシュカードに、ローン機能をつけるのです。

キャッシングを利用するときには、そのキャッシュカードを利用してATMでお金を引き出すことが出来ます。
ローンカードが発行されないため、持っているカードの数を増やさないで済む、といったメリットがあります。財布がパンパンになる、といったことを避けられるのです。

<自動的な借り入れ可能>

普通預金口座を何かしらの支払いに利用している、といった場合には、自動借り入れサービスが有効です。
普通預金口座に引き落としされる予定の資金が入っていない、といったこともあると思います。そのままだと、支払いを滞納してしまうかもしれません。そんな時に自動借り入れサービスを利用しておけば、不足分を自動的に借り入れできるのです。

みずほMyWingのキャッシングサービスはみずほ銀行の普通預金口座がなければ利用できませんが、こちらのサービスは普通預金口座があるからこそ利用できるキャッシングサービスとも言えます。

過去にうっかり口座に入金するのを忘れてしまった経験のある方は、自動的な借り入れサービスを有効活用すべきです。

<ネットからの借り入れも可能>

パソコンやスマートフォンを利用した借り入れが可能です。
ネット借り入れを利用するためには、みずほダイレクトの登録が必須です。

5.4 借入できるATMの種類と利用可能時間

<借り入れ可能ATM>

・みずほ銀行ATM
・提携金融機関ATM
・コンビニATM
・ゆうちょ銀行ATM

<ATMからの借り入れ可能時間帯>

■みずほ銀行ATM
・月曜日・・・午前7時から午前0時まで
・火曜日から金曜日・・・24時間対応
・土曜日・・・午前0時から午後10時まで
・日曜日・・・午前8時から午後9時まで

※第1、第4土曜日は午前3時から午前5時まで利用不可

■コンビニATM
・月曜日から金曜日・・・24時間対応
・土曜日・・・午前0時から午後10時まで
・日曜日・・・午前8時から午前0時まで

※第1、第4土曜日は午前3時から午前5時まで利用不可

5.5 みずほ銀行ATMの利用にかかる手数料

時間外手数料が発生します。

・手数料無料時間帯・・・平日の午前8時45分から午後6時まで

<手数料が発生する時間帯と金額>

■平日
・午前0時から午前8時まで・・・216円
・午前8時から午前8時45分まで・・・108円
・午後6時から午後11時まで・・・108円
・午後11時から午前0時まで・・・216円

■土曜日・日曜日
・午前0時かが午前8時まで・・・216円
・午前8時から午後10時まで・・・108円
・午後10時から午前0時・・・利用不可

■祝日・振替休日
・午前0時から午前8時まで・・・216円
・午前8時から午後11時まで・・・108円
・午後11時から午前0時まで・・・216円

6 返済日設定と返済方法|返済額にも注目

6.1 返済日は毎月10日

毎月の返済は10日の設定となっています。
10日が銀行休業日であった場合には、翌営業日に返済日となります。

基本的に毎月10日に返済用みずほ銀行普通預金口座に引き落としが実行されるのです。

6.2 返済の基本は口座引落し

毎月の返済に関しては、基本的に口座引き落としが適用されることになります。みずほ銀行の返済用普通預金口座から自動的に支払いが行われます。わざわざ、自分で返済手続きをする必要がありません。ただし、返済金分の入金がしっかりとされているのか、といったことについては確認しておくべきです。

みずほMyWingでは随時返済も受け付けています。随時返済については、みずほ銀行キャッシュカードを使ってATMから返済できます。みずほ銀行ATMやコンビニATM(イーネット、ローソンATM、セブン銀行ATM)から利用可能です。

随時返済をしたとしても、毎月の返済がされたことにはなりません。基本的に、口座引き落としが当月分の返済額となり、随時返済に関しては借金元金分の返済が先に進む、といった形態になるのです。
仮に、随時返済をしただけで毎月の返済ができたと思ってしまい、引き落としに失敗してしまうと滞納状態になってしまいます。

6.3 毎月の返済額

毎月の返済額は、利用限度額設定や利用残高によって決まります。残高スライド方式となっており、返済が進んでいくことで返済金額は下がっていくシステムとなっているのです。

<利用限度額が200万円未満の場合の月々返済額>

利用残高 月々返済額
1万円未満 全額
1万円以上50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超 利用残高が50万円増すごとに1万円追加
※利用残高・・・前月10日の利用残高が基準となる

<利用限度額が200万円の場合の月々返済額>

利用残高 月々返済額
1万円未満 全額
1万円以上100万円以下 1万円
100万円超200万円以下 2万円
200万円超 利用残高が100万円増すごとに1万円追加
※利用残高・・・前月10日の利用残高が基準となる

200万円の借り入れをしていた場合には、当初は2万円の返済を実施します。利用残高が100万円以下になると1万円の返済に移行します。そして、利用残高が1万円未満になると全額返済となって返済が終了するのです。

徐々に返済は楽になるので、提携ATMなどを利用した随時返済を定期的に活用すべきです。随時返済をすることで、返済総額を引き下げることが出来るようになります。もちろん、無理をする必要はありません。

7 みずほMyWingのメリットとデメリット

7.1 みずほMyWingのメリット

みずほ銀行といった大手の金融機関が実施しているキャッシングサービス、というメリットがあります。安心感があるのです。キャッシングサービスの中にはヤミ金が紛れ込んでいる可能性も少なくありません。仮に利用してしまうと、借金から抜け出せなくなってしまうこともありえるのです。

金利が低めに設定されている、といったメリットも見逃せません。年12.0%から年14.0%の実質年率が設定されているのです(限度額が200万円設定の場合は年9.0%)。
金利が低いとされている銀行カードローンと比較しても、有利な実質年利率となっています。結果的に、返済総額を低く抑えられるローンサービスを実施してくれているのです。

<みずほMyWingのメリットまとめ>

・大手のみずほ銀行のキャッシングサービスであるという安心感
・金利が低めに設定されているので有利なキャッシングが利用できる

7.2 みずほMyWingのデメリット

申込時の上限限度額が100万円に設定されている、といったところがデメリットです。利用実績を積んでからであれば200万円まで引き上げられますが、最初から高額借り入れはできません。
200万円や300万円の限度額で借り入れしたい、といった方には向いていません。

口座がなければ利用できないのもデメリットです。みずほ銀行の普通預金口座を開設している必要があります。同時申し込みも出来ますが、同時申し込みの場合は、即日融資はしてもらえないのです。

<みずほMyWingのデメリットまとめ>

・限度額設定が低めになっている(高額融資をしてもらいにくい)
・利用には口座開設が必要である

8 みずほMyWingの注目すべきサービス

8.1 返済シミュレーション

・返済期間シミュレーション
・返済回数シミュレーション
・返済金額シミュレーション

上記の3つが利用できます。
キャッシングをより正確にイメージするためにも、利用前にかならず利用してみましょう。もちろん、利用にあたっては会員登録の必要もありません。費用も一切かかりません。

8.2 おさいふアプリ

サンリオのキャラクターのハローキティと楽しく家計の管理ができるスマートフォンアプリです。

日々の収入と支出を入力することで、様々なアドバイスが貰えるようになります。家計管理のサポートとして利用している、といった方も多いです。アプリの利用は無料となっています。

8.3 マネーコンサルフォン

電話における相談機能です。家計やライフプランに応じた貯蓄相談や、資産運用相談ができるサービスです。

<以下のような相談も可能>

・どんな貯蓄方法があるのか
・源泉徴収票って何?
・資産運用のリスクが知りたい
・住宅ローンは女性でも利用できるの?
・結婚や結婚後の生活にはどれくらいのお金がかかるのか?
・住宅ローンには頭金が必要なの?
・総合口座ってどんな口座?

商品内容

商品名 みずほ銀行MyWing
実質年率 年9.0%~14.0%
遅延損害金 年19.9%
利用限度額 10~200万円
審査時間 最短即日
CD・ATM数 -
申込資格 以下すべての条件を満たす個人の方
・契約時のご年齢が満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続した収入が見込める方
・保証会社の保証を受けられる方
※外国人の方は永住許可を受けている方が対象となります。
※審査の結果によってはご利用いただけない場合がございます。
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
・印鑑
保証人 不要(保証会社である株式会社オリエントコーポレーションが審査のうえ保証します)
借入方法 ・口座振込
・みずほ銀行ATM
・銀行/コンビニの提携ATM
返済方式 残高スライド方式
返済方法 ・口座振込
・みずほ銀行ATM
・コンビニ提携ATM
・口座自動引き落とし
カテゴリ 低金利

会社概要

企業名 株式会社みずほ銀行
設立 -
登録番号 -
本社所在地 -
電話番号 -
資本金 -
その他商品 みずほ銀行カードローン

クチコミ

クチコミはまだ投稿されていません。
あなたの感想や意見を書いてみませんか?

評価
タイトル
内容

▲みずほ銀行MyWing詳細ページTOPへ