モビット

スピーディーな審査でも知られているモビットは、WEB完結の先駆者的存在でもあります。
三井住友銀行グループのモビットだからこそ、利用上限額が大きく低い金利にすることも期待できます。
全国展開しており利便性の高いサービスや信頼感・安心感も高いカードローンといってよいでしょう。

モビット公式サイトへ

目次


1 審査のスピードと申し込み

1.1 即日で審査結果がわかる

モビットの注目ポイントといえば、その審査のスピードでしょう。
最短で30分で審査が完了するということで、即日融資を希望するようなお急ぎの方に最適です。
申し込み方法がいくつかありますので、パソコンやケータイ・スマートフォン、もしくは電話を利用すると審査が早く完了すると思って良いでしょう。WEB完結での申し込みを希望する場合、ケータイからは利用できませんので注意しましょう。パソコンとスマートフォン向けのサービスとなっています。
万が一、審査過程で信用情報など利用状況を確認して、他社を利用した履歴に延滞などマイナスの要素が残っていると、審査結果が出るまで時間がかかるものと考えてください。その他にも申告内容を細かく審査をしていますので、時間がかかる場合もあります。
基本的には審査の結果が早くて利用しやすいのですが、審査を簡単に済ませているわけではありません。
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
当日中に借入したいと考えているなら、できるだけ早い時間帯に審査の申込をすることをオススメします。
全ての方に対して審査結果が早いということではないことも把握して利用を検討しましょう。

1.2 申し込み方法がたくさんあって便利

審査申し込みの方法がたくさんあるのもモビットの特徴でしょう。
パソコン・ケータイ・スマートフォン・郵便・電話・ローン申込機の6つのタイプから選ぶことができます。
急ぎの方に合わせた方法や、パソコンなどが苦手な方、忙しくて時間が取れない方などに幅広く対応しているので、申し込みやすいのが特徴となっています。
WEB完結では契約時の書類やモビットカードの郵送はありませんが、他のお申し込み方法を利用した場合には、入会申込書などの郵送物が届きますので記入後に返送することになります。
カードレスのWEB完結以外はモビットカードが発行されますので、ローン申込機で受け取ることもできます。ただし、審査の内容によって郵送での対応に切り替えることもあります。
添付書類の提出方法など、大まかな審査の流れはモビットの公式サイトで確認できます。
6つのタイプ別で審査の流れがわかるので、申込方法を検討するときの参考になるでしょう。

1.3 返済シミュレーションで希望額が把握しやすい

モビットの公式サイトにある「返済シミュレーション」は、希望額と支払い回数から月々の返済額を計算したり、希望額と毎月の返済希望額から返済月数を計算できます。
審査に申し込むときは希望額を申請しますので、希望額の設定目安や返済計画までトータルに考えて決められるのがメリットです。
利用限度額によって金利は変わりますが、最も多い18.00%で計算しておけば、返済計画に負担が出ません。
実際の審査では収入と希望上限額から、その人の返済能力をチェックすることもできます。
収入よりも明らかに多い希望額を申請すると、計画的な返済が難しい人と判断されるケースもありますので、適正な額を知ることは大切なことでしょう。
そんな時に便利なのが返済シミュレーションなのです。
実際にモビットの公式サイトで使ってみるとイメージしやすいでしょう。

1.4 借入診断があれば安心して申し込める

銀行のカードローンでも消費金融のカードローンやキャッシングでも、必ず審査に通過する必要があります。
申し込みを決定してご自身の情報を申告すると審査が始まりますが、これを本審査と呼んでいます。
この本審査は、信用情報に掲載されることになっています。審査を受けたこと、審査に通過・通過せずなどの情報を金融機関で共有するためです。審査を受けたことがすぐに登録されるため、一度に複数社の審査を受けるとお金に困っている印象を受けるため申込ブラックとして登録されるケースがあります。この場合は審査の通過が厳しくなると考えてよいでしょう。
どのようなカードローンやキャッシングでも審査の内容は公開していませんので、利用を検討している多くの方は審査に通過するかどうかを不安に感じています。そのため、信用情報に登録されない仮審査があるのはとても便利です。モビットでは借入診断と呼んでいます。
簡易的に情報を入力して借入診断を行いますので結果の予測ができます。
注意していただきたいのは、借入診断で通過しても、本審査に100%通過するとは保証していません。
借入診断と本審査では、審査する項目の数が違いますので結果が異なる場合もあります。しかし、借入診断をすると結果を予測する目安になるので、便利な機能だと考えられます。
モビットの公式サイトには借入診断のほかに、10秒で簡易審査結果表示が設置されています。
この2つは別々の機能となっていて、10秒で簡易審査結果表示は本審査の前の事前審査だと考えておきましょう。
画面を進むとそのまま本審査に移行していきますので、まだモビットの審査申し込みを決定していない方は、そのまま本審査になる機能なのを把握してから操作しましょう。

1.5 WEB完結なら来店不要

今では、プロミスやアコムなどでも提供しているWEB完結の申し込み方法を早くから取り入れているのがモビットです。
忙しくて審査に申し込む時間がないという人でも利用できるように、24時間365日審査の受付をしています。場所も時間も選ばずに手続きができるのは大きなメリットだといえるでしょう。
そして、WEB完結では証明書類の提出もメール添付などでできますし、審査結果をメールで受け取ることもできます。契約や振り込みの手配までWEBで済ませられますので来店の必要がありません。
無駄な手間を省いて、時間を有効活用できます。
このWEB完結の申し込み方法はパソコンとスマートフォンをご利用の方向けで、ケータイには対応していませんので間違えないようにしてください。
あらかじめ三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座を持っている必要があります。借入は振込キャッシングになります。
WEB完結の場合、カードの発行がないためATM利用ではありません。カード類で財布がいっぱいになるのを避けたい方などカードレスで利用したい方にも使いやすいでしょう。

1.6 審査結果もWEBでチェック

モビットでも一般的な申し込み方法なら審査結果は、電話連絡となっています。
しかし、忙しくて時間が取れないとか、仕事中は電話が受けられない人でも、WEB完結ならメールで審査結果を受け取ることができます。
そのためWEB完結で申し込む人が増えています。
そして、結果の連絡が待ちきれない人のために、モビットの公式サイトには審査結果紹介のページを設置しています。
ユーザーIDとインターネットパスワードを入力すると、審査結果の照会ができるようになっています。
通常は申し込みをしてから遅くとも2~3日で結果表示されますが、反映されないときはモビットの公式サイトに掲載している専用の電話番号に問い合わせをして確認することをオススメしています。

1.7 スマホのアプリで証明書提出もスムーズ

モビットには、公式スマホアプリがあります。アプリをダウンロード・インストールしてから使い始めます。
このアプリを使うと審査申込もできますし、本人確認書類などを撮影して提出する機能も備わっています。
必要書類はFAXや郵送で提出すると時間がかかりますので、急いでいるときには非常に不便でしょう。その時間のロスを解決してくれるのが、公式アプリの便利さです。
モビットの公式サイトに公式スマホアプリの詳細情報があるので確認してみましょう。

2 三井住友銀行グループのモビットだから安心感

2.1 振込キャッシングはどこでもできる

モビットの会員が利用できる専用ページからの手続きで、振込キャッシングが利用できます。口座はあらかじめ登録する必要があります。
パソコンだけでなくスマートフォンからもアクセスできるので、どこからでも銀行口座への振込キャッシングを依頼できるのがメリットでしょう。
ケータイや電話でも振込キャッシングの依頼に対応しています。
当日に口座へ振り込まれるようにしたいなら、14:50の締め切り時間までに手配を終えてください。
振込キャッシングは会員専用のサイトから手配すると、最短3分で振り込みが完了しますが、そのための締め切り時間が決められていますので時間までに手続きを済ませてください。
メンテナンスがあるため、毎週月曜日は0:00~7:00まで利用できないので注意しましょう。

2.2 提携銀行口座があれば返済も安心

WEB完結にも活用できる三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行の口座があると、返済をする時にも便利です。
毎月の返済日に、指定口座から引き落としされるため、返済漏れの防止になります。
遅延損害金が加算して請求されると、通常の返済が負担に感じることもあるので、確実な返済ができるのはかなり便利なのではないでしょうか。
返済日は希望を選べて、5日・15日・25日・末日のなかで都合の良い日に設定できます。以前は25日が給料日の会社が大多数でしたが、今はお勤め先によって給料日が異なります。また、転職をして給料日が変わるときにも、1か月に一度、約定返済日が選べるので返済しやすい環境が整っています。
口座振替を希望する場合は、事前の申込や印鑑が必要になりますので用意しておきましょう。

2.3 三井住友銀行グループのモビットだから上限額が大きい

三井住友銀行グループのモビットは、借入上限額の設定が大きいのも特徴でしょう。
プロミス・アイフルでも500万円までとなっていますので、比較してもモビットの上限額はトップクラスです。1万円~800万円までが融資額になっていますので、少額で利用したい方にも上限額は大きいほうが良いという方にも利用しやすいのです。
上限額が高額になるほど、低金利で利用できますが、それだけ審査では厳しいチェックがあると考えて構わないでしょう。大きな額の買い物をしたいとか、金利を低く抑えたいのはどなたでも同じですが、希望額は適正に選ぶことが欠かせません。
審査で決定した利用限度額の中では、何度でも繰り返し利用できます。
ただし、一度に借入できる金額は、利用するATMの利用限度額によって異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

2.4 下限金利の低さで使いやすい

モビットの下限金利は3.0%となっており、他社と比較しても低金利で設定しています。
1万円のキャッシングをして1か月で返済すると、3.0%のモビットでは10,025円、4.5%のプロミスから同じ条件でキャッシングした場合は10,036円と差が出ます。
少額でこのくらいの差があるということは、もっと大きな額の場合にはかなり開きが出るでしょう。同じ計算で10万円を借り入れたら110円、100万円なら1100円の差が出ます。
三井住友銀行グループのモビットは、金利でも優れているのです。
下限金利で利用したいなら希望上限額は大きいほうがいいとなりますが、実際の上限額は審査で決定することです。上限希望額は申告できても、利用者が金利の希望を出すことはできません。

2.5 利用限度額を増額するのもOK

利用限度額を増額してほしいという場合は、モビットのコールセンターに申し出をします。
もう一度審査を受けて、増額が可能かどうかを判断しています。そのためお勤め先に電話で在籍確認が行われる可能性もあるでしょう。
初めに審査を受けた時と同様に、各種証明書の提出を求められることもあります。
増額の審査に通過すると、以前より金利を抑えたキャッシングができる可能性があります。返済遅れなどがなくて利用状況も良いとか、年収が上がったときなどにも、積極的に増額の検討ができるでしょう。

2.6 提携ATMを全国に設置

モビットは、2016年10月現在で全国に約13万台の提携ATMを設置しています。
セブン銀行やイオン銀行、第三銀行などの提携ATMをはじめとして、コンビニATMでも借入や返済ができます。提携ATMによっては借入と返済、もしくは借り入れのみとわかれている場合がありますので確認しておきましょう。
モビットの公式ホームページでも紹介している通り、一部のコンビニではレジでも返済できます。あまり利用する人はいないかもしれませんが、コンビニATMが混んでいて急ぎの返済が必要な時には便利です。
提携ATMを利用すると所定の手数料がかかります。
全国で利用できるATMは、モビットの公式サイトで検索できるようになっています。
出張先や旅行の時に手持ちのお金が足りなくなることがあっても、その場所から最寄りの提携ATMが検索できると安心して利用できるでしょう。

2.7 信用情報・利用履歴には厳しい

銀行でも消費者金融でも、審査の際には厳しく情報を確認しています。特に銀行ではカードローンの審査も厳しく、結果が出るまでに時間がかかります。
信用情報や、お勤め先やご自身に関する情報が証明書類と異なっていないかなど細かく確認しているのです。
モビットは消費者金融の中ではスピーディーな審査を行っていることで評判ですが、業界の中では審査が厳しいといわれています。三井住友銀行グループのモビットは、低金利の融資が受けられますので、それだけ厳正な審査があると考えて良いでしょう。
申込者の返済能力をしっかり審査したうえで信頼できる方に対してだけ、低金利でのキャッシングサービスを提供しているのです。
利用限度の上限額が大きく金利が安いというのは、三井住友銀行グループのモビットだからこそできるサービスですが、だからこそ審査は厳しいと考えたほうが良いでしょう。
もし、今までの利用状況を考えて、ご自分の信用情報に自信がないという方がいれば、モビットの公式サイトにある借入診断を使ってみてから、本審査に申し込むかどうかを検討してはいかがでしょうか?

3 審査をスムーズにする手配

3.1 本人確認書類

モビットの審査で必ず必要になるのは、本人確認書類でしょう。
運転免許証(お持ちでない方は健康保険証など)と指定していますので、所定の証明書を用意することになります。
運転免許証を持っている方は、そのコピーか画像を提出します。住所変更があった場合は裏面も必要になります。
また運転免許証を持っていない方は健康保険証の氏名・生年月日・住所が記載されているページのコピーか画像を提出できます。カード型の健康保険証を本人証明に使うなら、表面だけでなく裏面も必要です。
最後にパスポートでも本人確認ができます。顔写真と住所が記載されているページをコピーするか画像にして提出してください。
あらかじめ各種証明書の画像を取っておくと、外出先で手続きが必要になっても証明書がなくて慌てるということはないでしょう。

3.2 収入証明書類

希望上限額に関わらず、基本的に主収入証明は必要だと思って用意しておきましょう。提出の準備があれば、審査で必要になった時でもすぐに使えます。
源泉徴収票・所得証明書・税額通知書・確定申告書・給与明細が該当します。提出するのはコピーです。パソコンからWEB完結で申し込む方や公式スマホアプリで申し込む方なら、画像で提出することができます。
給与明細書の場合は直近2か月分と、賞与があれば直前の夏・冬の賞与証明書が求められます。
また、個人事業主の方は営業状況確認のお願いという書類を提出しなくてはいけないので、モビットの公式サイトからダウンロードして、必要事項を記入してから提出しましょう。
必要書類の一覧は、モビットの公式サイトで詳細情報を公開していますので確認してから用意をしてください。

3.3 あると便利な銀行口座

三菱東京UFJ銀行もしくは三井住友銀行の口座を持っている方は、WEB完結での申し込みや口座引き落としでの返済ができるなど、利便性が高くなります。
WEB完結の場合、借入は振込キャッシングになります。口座から預金を引き出す感覚で利用できますので、ローンカードを持たなくていいのもメリットでしょう。
返済は口座引き落としができるので、返済漏れが防げます。

4 モビットならではのメリット

4.1 内緒で申し込める便利さ

キャッシングの利用をご家族などに知られたくない場合もあるでしょう。
モビットはWEB完結で申し込むと来店不要で審査を受けることができます。また、WEB完結の申し込み方法なら、勤務先などに電話確認なしで利用できるのもメリットです。注意点としては在籍確認をしていないサービスではありません。
カードレスのWEB完結以外はモビットカードが発行されます。カードの受け取りに関してはローン申込機で行えるとしても、借入や返済をATMで行った時に利用明細や領収書が後日郵送される提携ATMがありますので、そういった点に注意することで、ご家族に知られないことは可能でしょう。保証人や担保も必要ありません。
カードの受け取りをローン申込機に指定した場合でも、審査の過程で必要があると判断した場合は、郵送での手続きに変更になる可能性はあります。郵送物がある可能性は認識しておきましょう。

4.2 提携ATMがとにかく多い

モビットは提携ATMが多くて利用環境が整っています。
三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行のATMをはじめ、他の提携ATMでも利用しやすいのが特徴です。
ただし、貸金業法で定められている通り、借入や返済をしたときは利用明細や領収書を発行することになっています。
三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行のATMの他にセブン銀行やイオン銀行も利用できます。その場で利用明細や領収書が発行されます。後日ご自宅あてに郵送されることはありません。
ローソンやファミリーマートなどのコンビニATMも、店舗によって利用明細や領収書が発行されます。モビットカード挿入時に三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行の画面が表示された場合、その場で発行されます。
問題なのはそれ以外の提携銀行(多くは地方銀行)のATMで借入をすると、利用明細や領収書が後日ご自宅へ郵送されることになっているのです。
もし、ご家族にキャッシングのことを明らかにしていないなら、利用明細などが郵送される提携ATMがあることも把握していると安心でしょう。
電子明細を利用できるようにしていれば、この点は解決できます。

4.3 電話問い合わせの営業時間が長くて安心

電話で問い合わせをする窓口があると、万が一の時にも安心でしょう。
モビットでは契約前のお客様向けと、契約後のお客様向けにオペレーターが対応するフリーダイヤルと、契約後のお客様が利用できる自動音声の窓口を設置しています。
契約前なら申し込みや利用方法などに関する問い合わせ、申し込みそのもの、資料請求に対応していて、営業時間が9:00~21:00です。
契約後にオペレーターが対応するのは、契約してからの全般について答えており、営業時間は9:00~21:00です。
契約後で自動音声対応をしているのは残高照会や振込キャッシングに関してとなっています。営業時間は24時間です。ただし、毎月月曜日はメンテナンスがあり0:00~7:00の間は利用できません。
窓口の営業時間が長くなっているので安心して利用できるでしょう。
3つの窓口のフリーダイヤルは全て異なりますので、モビットの公式サイトで確認してください。

4.4 ローン申し込み機で最速カード発行

ローン申込機を利用すると、審査からカード発行までが迅速に進められます。
それは、ローン申込機で申請して審査が完了すると、その場でカードが発行されるからです。
注意点としては、その人の審査内容によっては時間がかかることもありますので、どなたでも同じ条件ということではありません。審査をして難しいと判断されると、カード発行が行われないケースもあるでしょう。
WEB完結は振込キャッシングのみでカードレス利用をするのでローンカードの発行はありません。WEB完結以外で申し込みをして、カードを早く発行してほしい時にも、ローン申込機で受け取ることができます。
必要となる予約番号などがありますので、わかるようにしておくのがコツです。

4.5 アルバイト・パート・自営業も利用OK

モビットはアルバイトやパート、自営業の方も申し込みできます。
大切な条件は安定した収入があることでしょう。そのため専業主婦の方は申し込みができません。
モビットの公式サイトにもある通り、主婦の方でも、パート、アルバイトなど安定した収入がある方ならお申込いただけます。また「当社基準によります」ということも理解しておきましょう。
そして安定した収入というのは、1つの勤務先に長くお勤めしていることで証明できることなので、アルバイトやパートを始めたばかりの方や、仕事を変えたばかりの場合は審査に通過するのが難しい可能性もあります。
これはほかの金融機関でも同じことが言えるかもしれません。
一時的に大きな額の収入があるのではなく、決まった収入が長く続くことが、安定した収入として判断される可能性が高いです。

4.6 使用使途を限定していないからおまとめも

モビットでは、事業性融資とか消費性融資というように、融資の使用用途を限定していません。そのため審査に通過することができればおまとめローンとしての利用も検討できるでしょう。
ただし審査で信用情報を確認した時に、複数社の借り入れがあり、返済状況が悪いという履歴が残っているなら、モビットで審査に通過するのは難しいでしょう。
順調に返済ができているなどのプラスの要素があって審査に通過できれば、おまとめローンとしての利用にも可能性が期待できます。
モビットにはおまとめローンという商品はありませんので、この点は良く理解して利用を検討してください。

4.7 繰上返済で支払利息もセーブ

モビットでは毎月の返済も負担なく出来るようになっていますが、繰上返済をすることで金利をセーブしながら支払期間を短縮することもできるでしょう。
繰上返済は、モビットでは追加返済という名称になっています。
特に繰上返済であることを連絡しなくてもいいので、返済の方法も充実しています。

4.8 会員専用サイトで計画的な返済ができる

モビットの会員専用サイトには様々な機能があるので、計画的に返済することができるでしょう。
パソコンやモバイルからアクセス出来て、現在の利用状況を確認、カード紛失の場合の届け出ができますし、振込キャッシングも平日9:00~14:50に手続き完了すると最短3分で口座への振り込みが完了します。
特にパソコン版では、領収書や利用明細書を郵送ではなくて、ネットからダウンロードできるようになっていますので、郵送物は避けたいという方にもオススメの機能です。
利用残高、契約内容を参考にしながら、借入や繰上返済がスムーズになる返済シミュレーションも便利です。
パソコン版ではさらに充実の機能が活用できますので、モビットを利用するときには欠かせないパートナーになるでしょう。

5 モビットのデメリット

5.1 総量規制の対象になってしまう

総量規制とは、貸金業法で定められたルールで、収入の1/3を超える融資を禁止するものです。
消費者金融やクレジット会社などが対象となっていますので、モビットに審査の申し込みをする時にも、総量規制の対象となります。
すでに他社のキャッシングなどで収入の1/3を超えるか、それに近い融資を受けているなら、モビットで審査申し込みをしても通過するのかは難しいところです。
住宅ローンや車のローンは、総量規制の対象になりませんので、ご自分で確認するときの参考にしてください。

5.2 無利息期間がない

モビットには無利息期間はありません。
その点を不便に思う方がいるかもしれませんが、モビットでは金利が3.0~18.0%と、下限金利の低さが特徴なので、無利息期間がないことは大きなデメリットになることはないでしょう。

5.3 遅延損害金は大きいので要注意

銀行のローンやクレジットカードと同じように、モビットで借入をしたら返済日を守って利用するのは当然のことでしょう。
返済日に返済ができない場合は、遅延損害金が加算されます。モビットでは20.0%となっています。
計画的に利用することが前提ですので、万が一遅れた場合は迅速な対応をするしかありません。
遅延損害金が大きいことを念頭に置いて、返済漏れのないようにしましょう。口座引き落としで返済できる方法もありますので、十分に検討して下さい。
また、返済が遅れたことに関しては、信用情報にも登録されますので注意しましょう。

関連情報


商品内容

商品名 モビット
実質年率 3.0%~18.0%
遅延利率 20.0%(実質年率)
利用限度額 1~800万円
審査時間 -
CD・ATM数 約13万台 ※2016年10月現在
申込資格 年齢満20歳~69歳の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)
※アルバイト、パート、自営業の方も利用可能
必要書類 運転免許証(お持ちでない方は健康保険証など)
保証人 不要(要審査)
借入方法 ・口座振込
・銀行/コンビニの提携ATM
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済方法 ・口座振込
・銀行/コンビニの提携ATM
・口座自動引き落とし
カテゴリ 低金利
即日審査
大口ローン

会社概要

企業名 株式会社モビット
設立 -
登録番号 関東財務局長(6)第01239号
本社所在地 東京都新宿区西新宿2丁目4番1号 新宿NSビル10F
電話番号 03-5908-0241
資本金 -
その他商品

クチコミ

評価:ホントに早いし、丁寧 2012/06/05

キャッシング自体、申し込みするまで、やはり不安だらけでした。
CMしてる企業なら怖くないかなと決めました。
ネットで申し込みしたら、即答!
後は早いし、担当者の対応がすごく良かったです。
近くにローン申し込み機が無いので、カードが届くまで無理かなと思っていたら、当日銀行振込をしてくれました。

評価:ぬか喜び?! 2009/09/02

現在借りているところより金利が安いし、審査が早いというので申し込んでみました。
審査用の書類を送り、質問にいろいろ答えて今後の借り換え方法まで説明してくれたのに・・・・・あっさり否決。
対応は丁寧でよかったけど、ダメならもっと早く言ってよ。。。

評価:ほんと早い 2009/02/17

モビットは審査が早いと書いてあったので審査申込してみた。
ネットから申込してすぐに連絡来て、当日中にお金を受け取ることが出来た。
電話対応もわりと良かった。
消費者金融も昔とはえらく変わったもんだと思った。

評価:否決でした 2009/01/03

否決されたけど対応は良かった。
否決の理由も納得。
おまとめしてもらえる様に現状を何とかしなきゃ。。。

評価:おまとめ成功! 2008/12/09

おまとめに無事成功しました!
金利も低くなったし、返済や借り入れはコンビニなどのATMで使えるので便利です。
対応面もしっかりしていますし、乗り換えて良かったです。

評価:とにかく早い! 2008/09/14

対応が良く、申し込みから審査までは今まで借り入れをした中では、一番審査から借り入れまでが早かった。
インターネットで申し込みをして、すぐに審査結果が分かるのは有難い!
審査が下りなかった場合はすぐに次を探せるから。

評価
タイトル
内容

▲モビット詳細ページTOPへ