プロミスは30日間無利息。融資まで最短1時間

大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が取り扱うのが、「プロミスフリーキャッシング」です。プロミスといえばテレビCMでも有名ですが、実はプロミスはサービス名であって、会社名はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。三井住友フィナンシャルグループが資本提携しているため、信頼度や財務体質、サービス面なども強固でしっかりしています。そのスケールメリットを活かして、全国どこでも、いつでも手軽で便利でスピーディーに利用できるカードローンといえるでしょう。

プロミス公式サイトへ


1 プロミスフリーキャッシングの特徴

大手消費者金融が運営するプロミスフリーキャッシングの金利は、4.5%〜17.8%で、とりたてて低金利の方ではありませんが、初回は30日間の無利息サービスが利用できる特典があります(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)。1万円から500万円まで融資可能で、利用限度額の範囲内なら出し入れ自由の残高スライド元利定額返済方式。審査時間は最短で30分、即日融資も可能と対応がスピーディー。さらに、「瞬フリ」というサービスを利用すれば最短10秒で振込融資が可能になるので、急にお金が必要になった場合に適したカードローンといえるでしょう。
利用条件は、「20〜69歳の安定した収入のある方」なので、パート、アルバイト、学生、主婦でも、本人に安定した収入があれば申込み可能です。また、インターネットキャッシングを使えば、返済・借入ともに手数料が無料となるサービスも利用できます。
概要は下表を参照ください。

<プロミスフリーキャッシングの概要>

融資額 1万円〜500万円まで
契約額 利用者の指定の契約額(極度額)の範囲内で、プロミスが決定した金額
金利適用方式 単一金利
借入利率 4.5%〜17.8%(実質年率)
※新規契約者が対象
遅延利率 20.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日の中から、利用者の都合にあわせて選択可能。
※三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替による返済を希望される場合、返済期日は5日となります。
返済期間 最終借入後原則最長6年9ヶ月
返済回数 1〜80回
申込者の条件 年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入のある方
※主婦、学生でも、パート、アルバイトによる安定した収入があれば申込みが可能。
資金使途 生計費に限ります。
(個人事業主の場合は、生計費および事業費に限ります)
必要書類 本人確認書類 「運転免許証」または「パスポート」のコピー。
外国籍の場合は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)のコピーもあわせて必要です。
収入証明書類 借入希望額が50万円を超える場合、もしくは借入希望額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合に必要となる書類です。
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
 ※賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書
担保・保証人 不要

2 プロミスフリーキャッシングのメリット

2.1 初めて借りる人は30日間無利息

初めて契約する人は、30日間無利息で利用できるサービスが受けられます。
利用するには簡単な手続きが必要で、Eメールアドレスを登録することと、Web明細を利用することです。
Web明細にする操作は、プロミスのホームページにて「書面(Web明細)を確認」を選択するだけです。この2つの操作を行えば利用できるので、プロミスで初めての借り入れの際には、ぜひ使いたいサービスです。
無利息となる期間は、初回の借入日の翌日から30日間です。その間は利息が発生しませんので、30日以内に返済できれば利息は無料。それより長く借りる場合にも30日分の利息が浮くことになるので大変お得です。
※初回の返済日が無利息期間を過ぎた場合、過ぎた日数分は通常の利息がかかります。逆に、無利息期間中に返済日が来た場合、残高に応じた返済額の入金が必要で、返済した金額は元金に充当されます。初回の利用日の翌日から30日以内に、追加で融資を利用した場合も、無利息の対象となります。
※初回の利用日の翌日から30日以内に完済し、再度融資を受けた場合、初回利用日翌日から30日間内であれば、無利息の対象となります。

2.2 瞬フリ

「瞬フリ」とは、インターネット(パソコン・ケータイ・スマートフォンなど)から、24時間365日、本人の口座へ振込キャッシングするWebサービスです。三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を持っている人なら最短10秒で口座への振り込み融資が可能です。簡単な操作で、瞬時に借入金が振り込まれるので利用すると便利なサービスです。振込手数料はプロミスが負担してくれるので、提携ATMからキャッシングするより経済的でもあります。
瞬フリの利用手順はいたって簡単。プロミス会員サービスにログイン後、振込先口座を登録、瞬フリボタンをクリックして、金額を指定すれば完了です。

◎瞬フリの銀行別振込対応時間

振込先が、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行口座の場合、瞬フリ(24時間最短10秒での振込み)が可能です。
それ以外の銀行への振込みの場合、14:50以降の受付は翌営業日付となります。
詳しくは、下記の表を参照ください。
ただし、サーバーのメンテナンスなどにより不定期にサービスを停止する場合があるので注意が必要です。また、利用する金融機関によって多少着金時間が異なることもあります。

<振込対応時間>

銀行名 曜日 受付時間 振込実施時間 サービス停止時間
三井住友銀行 月〜金&土・日・祝日
(基本 年中無休)
0:00〜24:00
(24時間受付)
瞬フリ
(受付完了から最短10秒)
毎週日曜日21時〜翌月曜日7時
元日は終日サービス停止
ジャパンネット銀行 月〜金&土・日・祝日
(基本 年中無休)
0:00〜24:00
(24時間受付)
瞬フリ
(受付完了から最短10秒)
毎週月曜日0時〜7時
元日は終日サービス停止
その他の銀行 月〜金 0:00〜9:00 当日9:30頃 毎週月曜日0時〜7時
元日は終日サービス停止
9:00〜14:50 振込キャッシング
(受付完了から最短10秒)
14:50〜24:00 翌営業日9:30頃
土・日・祝日 0:00〜24:00 翌営業日9:30頃

◎瞬フリなら人目も気にならない

プロミスのカードがあれば時間外でも提携コンビニATMや金融機関ATM、プロミスATMより借入することはできますが、消費者金融のカードを人前で出すことに抵抗がある人はけっこういるようです。ことにコンビニATMを利用する際、「後ろの人に画面を見られていないか?」「キャッシングしていると思われていないか?」気になる人も多いものです。そんな場合、瞬フリを使って銀行口座に振り込んでもらえれば、堂々とキャッシュカードから引き出すことができます。

◎こんな時にも便利な瞬フリ

口座引き落としがあるのに、うっかり口座が残高不足だった場合でも、瞬フリを利用すればATMまで出向くことなく瞬時に口座に振り込まれますので、忙しくて足を運ぶ時間がない場合や時間がギリギリで差し迫った時にも便利です。

2.3 ポイントサービス

プロミスインターネット会員サービスの利用に応じてポイントが貯められるサービスです。貯まったポイントは、無利息サービスやATM手数料無料サービスなどに利用できます。
ポイントサービスの申し込み方法は、プロミスの会員サービスにログインして、「ポイント申込みボタン」をクリックするだけで完了です。
ポイントの獲得方法もとても簡単です。詳しくは下表を参照ください。
尚、ポイントの有効期限は、獲得した年度の末日(3月31日)より2年後の3月31日までですので、期限切れには注意しましょう。

<ポイント獲得方法>

対象サービス 獲得ポイント数 条件
プロミスポイントサービス申込 100ポイント 初回登録時のみ、ポイント獲得となります。
プロミスインターネット会員
サービスログイン
10ポイント 毎月初回ログイン時のみ、ポイント獲得となります。
プロミスインターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認 5〜20ポイント プロミスからのお知らせ内には、ポイント獲得対象となるものとならないものがあります。ポイント獲得対象となるお知らせにはお知らせ内に獲得ポイント数を記載します。
収入証明書類の提出 160ポイント 収入証明書類を提出すると、ポイント獲得となります。
ご返済日お知らせメール 各1ポイント 毎月月末時点で対象サービスの利用を登録している場合に、各サービスにつき1ポイント獲得となります。
取引確認メール
パソコンまたはケータイによる書面の受取

◎ポイント利用(1)

ためたポイントの使い道は2つあります。まず、1つは「無利息サービス」(申し込んでおくと一定期間無利息になるサービス)にも使えます。きちんと完済していれば、再度無利息を利用することができるのです。無利息になる期間は、ポイントによって決まっており、250ポイントで7日間、400ポイントで15日間、700ポイントで30日間の3パターン。適用されるのは、利息以上の返済時、または完済後、再度の出金時の翌日から開始されます。

◎ポイント利用(2)

2つ目は、「提携ATM手数料無料サービス」(申し込んでおくと一定期間提携ATM手数料が無料になるサービス)に使えます。40ポイント利用で、申し込み日から翌月末日までの期間適用されます。
ただし、三井住友銀行のATMは、借入、返済ともに手数料が無料ですから、三井住友銀行のATMを利用できる環境にある場合や、その他の手数料無料の方法が利用可能ならば、わざわざポイントを使う必要はないでしょう。

2.4 最短30分審査

申し込み手続き完了後、審査が行われ最短30分で、融資の可否や契約可能額等が回答されます。急いでいるので一刻も早く結果が知りたいという人には便利なサービスといえるでしょう。
ただし、審査状況によっては時間がかかってしまう場合があります。

3 プロミスフリーキャッシングのデメリット

3.1 金利

銀行のカードローンの上限金利は15%ほどで、プロミスの上限金利は17.8%ですから、比較すると低い方ではありません。できるだけ支払う利息を少なくしたいなら、銀行のカードローンのほうが有利です。ただし、小額だったり、短期間の借入れなら、利息の金額はそれほど大きな差にはならないでしょう。

3.2 総量規制の対象

総量規制とは、貸金業法により個人の借入総額が、原則、年収の3分の1までに制限される仕組みです。
プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスは三井住友フィナンシャルグループの一員になっていますが、消費者金融ですから総量規制の対象になります。そのため、利用者の年収の3分の1より多い金額を借りることはできないことになっています。また、借入総額が年収の3分の1以下に収まらなければなりませんので、すでに他社を利用している場合は、原則としてその合計額が年収の3分の1以上になる金額は融資されません。
つまり、年収300万円の人の場合、融資の上限は100万円までとなりますので、他社からの借入残高が50万円あったとしたら、最大でも50万円までしか借りることができないことになります。

3.3 借入・返済時の手数料

プロミスでは、借入や返済の際に、手数料がすべて無料というわけではありません。利便性のいい最寄りのコンビニの提携ATMなどを使うと、手数料を払うことになってしまう場合がほとんどです。しかし、毎回となると金額もバカになりません。たとえば、毎月返済する度に200円の手数料を支払うとして、それを50回続けたら手数料だけで1万円を支払うことになります。借入や返済時の手数料が無料になる方法もありますので、そういう点にも気を付けないと、意外なところで出費がかさむことになってしまいます。

4 申込契約方法

申込契約方法の選択肢が多く、どの方法でも審査基準などについての違いは見られないため、生活スタイルや希望にあわせた内容で申し込みが出来ます。基本的に、Web(インターネット)、店頭、郵送、電話などですが、Webと組み合わせることで、合理的でスムーズな申込契約が可能となります。

◎必要書類は事前に準備

申込みの時には、事前に必要書類を用意しておくと手続きがスムーズにいきます。
○身分証明書・・・・運転免許証、もしくはパスポートなど。
※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む)
○収入証明書・・・・希望借入額が50万円を超える場合、もしくは他社との借入合計が100万円を超える場合は、源泉徴収票等が必要になります。
※個人事業主の場合は確定申告書(写し)等

4.1 店頭申込契約

「対面で、いろいろなことを相談しながら手続きしたい」「カードがすぐにほしい」という場合、プロミスお客様サービスプラザの窓口での申込みが適しています。キャッシングに関する不安や疑問も、その場で聞くことができるので、初めての方でも安心して利用することができます。
営業時間は、平日10:00〜18:00ですが、店舗によって異なる場合もあります。(土、日、祝日は休業)

4.2 Web申込契約

店舗などに出向かなくても、パソコンかスマートフォン、携帯電話を利用すれば、24時間いつでもインターネットから申し込み手続きができます。尚、平日の9時〜18時までに申込みの場合、最短30分で審査結果が出ます。
必要書類は携帯電話のカメラで撮ったものやスキャンした画像をメールに添付して送信するか、スマートフォンアプリで送信すればOKです。審査に通ったら契約内容をホームページ上で確認すればよく、契約書類とカードは後で郵送されます。急ぎの場合は、インターネット上で振込キャッシングの依頼をすれば、カードが到着する前に融資が受けられます。平日の14時までに契約が完了すれば、当日中の振込融資も可能となります。さらに、「瞬フリ」を利用するなら、ほぼ年中無休、24時間対応で瞬時に振り込まれます。

4.3 プロミスの自動契約機

「人と顔は合わせたくないけどインターネットの手続きが苦手だ」「すぐにカードもほしい」というなら、プロミス自動契約機での方法があります。これならば、申し込みからカードを受け取るまで最短1時間。すぐにATMから借入が可能です。
受付時間は、9:00〜22:00(土、日、祝も受付)ですが、設置場所によって異なる場合があります。

4.4 三井住友銀行のローン契約機

「プロミスの自動契約機に入るのは、ちょっと抵抗がある」という人は、三井住友銀行のローン契約機を利用するといいでしょう。これなら三井住友銀行の本・支店内に設置されているので比較的入りやすいはずです。さらに契約機のブースの中は外から見えないように配慮されているので、申込みしているところを誰かに見られる心配もありません。
受付時間は、9:00〜21:00(土、日、祝も受付)ですが、設置場所によって異なる場合があります。

4.5 郵送での申込契約

「誰にも会わずに契約したい。でもインターネットや機械は苦手だ」というなら郵送での申込み方法があります。ただし、郵送でのやりとりは時間がかかりますので、急いでいる場合には適しません。
申込書は、全国の自動契約コーナーやプロミスATMコーナー、お客様サービスプラザなどに設置してありますが、インターネットやプロミスに電話しても申込書は入手できます。申込書に必要事項を記入し、必要書類のコピーと一緒に郵送し、その後、希望する連絡先に審査結果の連絡があり、審査に通れば契約書類・カードが自宅に簡易書留郵便(転送不要)で郵送されるという流れです。(差出人名は「事務センター」となります)

4.6 電話での申込契約

「疑問点などの話は聞きたいけれど、直接、人と顔を合わせるのは抵抗がある」というなら電話(プロミスコール)での申込みがあります。携帯電話からでも通話料無料で、受付時間は9:00〜22:00(土・日・祝日も申込可能)です。

4.7 スムーズな申込契約法

申込契約を合理的にストレスも少なく行うお勧めの方法があります。それは、Webで申し込み、審査が通ってから来店(契約機含む)するやり方です。
たとえば、店舗(契約機)で申込契約をする場合、わざわざその場所まで行って申し込みをするわけですが、審査結果が出るのをそこでじっと待たなければなりません。無事に審査が通ればいいですが、もし「融資不可」となってしまったら、完全に無駄足になるわけですから、精神的にも労力的にもけっこうな痛手です。
でも、申し込みをWebで行っておけば、どこでも手続きができて審査結果も画面をじっと見て待つ必要はありません。その間、別のこと(仕事、趣味、買い物など)ができるのです。結果はメールか電話で連絡されるので、もし審査落ちとなってしまっても、契約機まで行く手間も時間も無駄にすることはありませんし、精神的な痛手も少なくてすむはずです。
また、Webの場合、当日中の振込融資を受けたいのなら、平日の14時までに契約が完了していないといけませんが、店舗(契約機)ならば、営業・受付時間内に契約が完了すれば、すぐにカードが発行されATMから融資を受けることが可能です。設置場所によって営業・受付時間は若干異なりますが、プロミスの自動契約機なら9:00〜22:00まで、土、日、祝も手続き可能です。
いずれにしても、営業時間内でなければ手続きが行えませんので、訪問する店舗の営業・受付時間を確認したうえで出向いたほうがいいでしょう。

5 返済方法

それぞれの都合に合わせて返済方法が選べます。また、設定された金額以上であれば、利用者の都合にあわせて増額返済が可能で、前倒しで返済してしまっても大丈夫です。

5.1 インターネット返済

インターネットからなら、ATMやお客様サービスプラザ(店頭窓口)に足を運ばなくても24時間365日いつでも返済が可能です。三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行のうち、いずれかのインターネットバンキング対応口座を持っていれば、パソコンやケータイ、スマートフォンなどから銀行振込で返済できます。土日や金融機関の営業時間外でも、瞬時に処理が完了するので、その後の追加の融資も可能です。

5.2 口フリ(口座振替)

プロミスのインターネット会員サービスから申し込んでおけば、毎月の返済日に、指定口座から返済額を自動で引き落としますので、返済するのをうっかり忘れてしまったという失敗が防げます。また、毎回、返済に行く手間もかかりません。提携ATMでの返済は、手数料がかかりますが、引き落としの場合、手数料は無料なので出費が抑えられます。
ただし、注意したいのが下の表の「引落し後の借入残高への反映」という項目です。
そもそもこの商品は、利用限度額があって、その枠内であれば繰り返し借入れができることになっています。借入残高があっても、返済することで残高が減って、その分だけ利用可能枠が広がるのです。
例えば、30万円の利用限度額で借入残高が30万円の場合、2万円返済すれば利用可能額は2万円になるはずです。三井住友銀行かジャパンネット銀行なら借入残高へ反映されるのが当日ですので、急に2万円が必要になった場合、すぐに追加で2万円借りることができます。しかし、その他の金融機関で登録した場合は、借入残高へ反映されるのは3営業日後となっていますので、3営業日以降でないと借りることができません。土日祝日が重なった場合、何日も待たなければなりません。緊急の場合、このタイムラグが命取りともなりかねませんので、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を登録しておいた方が何かと便利です。

<金融機関別口座振替の差異>

登録金融機関 三井住友銀行・ジャパンネット銀行 その他の金融機関
申込み方法 契約後にホームページのプロミスインターネット会員サービスから申込
返済期日 5日、15日、25日、末日のいずれか 毎月5日
引落開始日 前日までに登録すれば次回返済期日から 次回の返済期日に間に合わない場合あり
引落し後の借入残高への反映 当日 3営業日後
手数料 0円

5.3 店頭での返済

お客様サービスプラザ(店頭窓口)に来店して返済。インターネットが苦手な人には向いていますが、近くに店舗がなかったり、来店するのを人に見られたくない人にはお勧めできません。

5.4 ATMからの返済

全国にあるプロミスATM、提携ATMで返済できます。ただし、プロミスATMおよび三井住友銀行ATMなら手数料はかかりませんが、その他のATMは手数料が発生します。尚、ポイントサービスを活用すると、提携ATMで1ヶ月間手数料無料のサービスが利用できます。

5.5 コンビニ・メディア端末返済

マルチメディア端末が設置されているコンビニのローソン、ミニストップ、ファミリーマートのメディア端末を利用すると、24時間いつでも返済できて手数料が0円です。

5.6 銀行振込での返済

銀行からプロミス口座へ振込で返済することも可能ですが、その場合、利用者が振込手数料を負担しなければなりません。

6 その他のサービス

6.1 限度額変更申込

利用できる融資可能額の増額の申し込みがインターネットでもできます。限度額を増額しておけば、いざという時の急な出費にも対応できます。申込みの当日中に利用限度額を変更することも可能です。
ただし、プロミスは消費者金融なので総量規制がかかり、年収の3分の1を超える借り入れはできません。最大限度額の500万円を希望限度額にしたいなら、年収が1500万円以上必要です。

◎申込み方法

会員サービスの画面にログインし、各種お申込みメニューから「限度額変更申込」ボタンをクリック。希望限度額、希望連絡先、連絡先電話番号を入力します。
その後、プロミスから電話がかかってきて、確認事項などの説明が行われます(審査の受付時間は、平日9:00〜18:00なので、それ以外の時間の申込みについては、翌営業日以降の連絡になります)。その後、審査が行われ合格すると契約という流れになります。

◎収入証明書を準備

希望する利用限度額が50万円を超える場合、または希望する利用限度額と他社との利用残高の合計が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要となります。該当する場合は、できるだけ早めに提出しておくとスムーズに進みます。

6.2 返済シミュレーション

プロミスのホームページ上で、簡単な返済シミュレーションをしてみることができます。金額・期間・借入可能額のそれぞれ個別にシミュレーションできるので、気になっている項目のみ行ってみてもいいですし、すべてを試してみるのもいいでしょう。その際、返済計画表も出るので、とくに初めて利用する場合は、やっておくとイメージがつかみやすくなるはずです。
また、「お借入診断」というのもあり、借りられるかどうかの診断結果が出ますので、心配な人は事前にやってみるといいでしょう。ただ、これはあくまで簡易的な診断ですので、実際の審査結果とは異なる場合があります。
さらに、返済計画をたてる際の目安に、下記の返済早見表を活用してみてください。これは、借入利率を17.8%とした場合の試算です。また、プロミスでは、借入金額が30万円までの場合は、返済期間は3年以内となっていますので、その範囲内での期間設定になります。

<返済早見表>

借入金額 返済期間(回数) 各回返済額 返済総額
10万円 1年以内(11回) 10,000円 109,043円
2年以内(24回) 5,000円 119,490円
3年以内(32回) 4,000円 125,864円
20万円 1年以内(12回) 19,000円 219,093円
2年以内(24回) 10,000円 238,999円
3年以内(32回) 8,000円 251,743円
30万円 1年以内(12回) 28,000円 329,160円
2年以内(24回) 15,000円 358,508円
3年以内(36回) 11,000円 387,289円
40万円 1年以内(12回) 37,000円 439,224円
2年以内(24回) 20,000円 478,013円
3年以内(35回) 15,000円 512,860円
4年以内(47回) 12,000円 555,875円
5年以内(53回) 11,000円 579,111円
50万円 1年以内(12回) 46,000円 549,288円
2年以内(24回) 25,000円 597,524円
3年以内(34回) 19,000円 638,578円
4年以内(47回) 15,000円 694,862円
5年以内(58回) 13,000円 746,160円

6.3 ご返済日お知らせメール

「うっかり返済日を忘れて延滞したくない」という人には、「ご返済日お知らせメール」というサービスがあります。
これは、登録された利用者のメールアドレスに返済日を事前に知らせるメールが届けられるというもので、配信日時も利用者が設定できるようになっています。
設定手順も簡単で、まず会員サービスにログインし、ご返済メニューから「ご返済日お知らせメール」ボタンをクリック。配信希望日と配信希望時間帯を入力すれば完了です。設定されたタイミングで返済日のお知らせメールが届くので、うっかり忘れのリスクや不安が軽減できるでしょう。

商品内容

商品名 プロミス(フリーキャッシング)
実質年率 4.5%〜17.8%
遅延利率 20.0%(実質年率)
利用限度額 1〜500万円
審査時間 最短30分
CD・ATM数 全国のコンビニや銀行などの提携ATMネットワークからご利用可能
申込資格 年齢20歳以上、69歳以下の安定した収入のある方
※パート・アルバイトの方も利用可能
必要書類 運転免許証(運転免許証をお持ちでない方は、パスポートをご用意ください)
※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む)をあわせてご用意ください。
※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。
※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。
保証人 不要
借入方法 ・口座振込
・店頭ATM
・店頭窓口
・銀行/コンビニの提携ATM
返済方式 残高スライド元利定額返済方式(最終借入後原則最長6年9ヶ月・1〜80回)
返済方法 ・口座振込
・店頭ATM
・店頭窓口
・銀行/コンビニの提携ATM
・口座自動引き落とし
カテゴリ 低金利
即日審査
短期間無利息
大口ローン
学生ローン

会社概要

企業名 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
設立 1962年3月20日
登録番号 -
本社所在地 東京都中央区銀座四丁目12番15号
電話番号 03-3543-7100
資本金 1407億3700万円
その他商品 プロミスレディースキャッシング

評価

投票数 悪い 項目 良い 投票数
14 総合 59
14 借入条件 48
12 接客態度 44
13 審査内容 42

クチコミ

評価:誰にも知られず良かった 2015/08/25

とにかく家族に内緒でお金を借りたかったのですが、借りることは初めてでその辺が全くわからず…。
内緒で借りれる情報が多かったプロミスに頼んだら、ホントに内緒で借りれました。

評価:時間外でも借りれた 2015/08/20

金曜日の夜の銀行がしまった後でも借りることができました。
急きょ週末にお金が必要だったので、非常に助かりました。

評価:融資までの時間が早い 2015/08/08

少額の借り入れで初めて利用しましたが、とっても満足でした。
瞬フリというサービスを使ってみたのですが、ほんとにすぐに借りることができました。

評価:解約手続きが雑 2015/01/14

残高を全額返済できそうだったので手続きをした。
事前に連絡しその旨を伝え、再度入金後に連絡。
カードは個人破棄。
解約はその場(電話越し)で行い、契約解除等の文書返送(送付?)が全くない。
カードは破棄しても、文書関係がないと手続き完了の安心感がない。
このような手続きだと、ほんとに解約できたのか、契約中のままなのかと不安でしょうがない。
住宅や車など大きなローンを組みたいときに契約できるか安心できない方法である。

評価:ナンバーワン 2014/08/17

プロミスは親切。
大変な時に助けてくれて感謝してます。

評価:以前借り入れ有り 2012/07/17

返済してから一年間は借り入れできなかったけど、一年後再度融資をお願いしたら在籍確認なしですぐ5万その後10万貸してくれました。
延滞なく支払いしてたら増額も可能だと思います。

評価:普通です 2012/07/02

可も無く不可もなく。

評価:助かりました 2011/12/05

以前延滞があったにも関わらず(遅れたが完済済)、良い対応で貸してくれた。
上限もいっぱいで下げてもらったほど。
ほんと感謝しています。

評価:助かりました。 2009/02/21

他社に借入れがある都合もあり、かなり不安でしたが、とても丁寧に対応してくださって感謝しております。
希望額には届きませんでしたが納得できる契約でした。

評価:増額に関して 2009/02/13

限度額アップしてくれない。
毎月ちゃんと返済してるのに・・・。

評価:金利17.8% 2008/11/12

借りた金額が小さかったので金利17.8%だった。
他社は18%のところが多い中、17.8%なのでチョットだけお得。
審査では色々聞かれて緊張してしまったが無事20可決した。
希望額より小さかったけど、金利も低いし、とにかく融資してくれたので満足してる。

評価
タイトル
内容

▲プロミス詳細ページTOPへ