三井住友カードゴールドローンは利用年数に応じて金利が下がる

三井住友カードゴールドローンは、三井住友ファイナンシャルグループの一つである「三井住友カード株式会社」が取り扱っているカード商品です。
三井住友カード株式会社の商品の中でも比較的マイナーなカードの一つですが、サービスが充実しており、業界の中でも金利が10%を切るという数少ないカードです。
カードローンの返済が怖い、という方でもとても使いやすく、初めてのカードローンでも安心して使う事ができる優秀なカードです。

三井住友カードゴールドローン公式サイトへ


1 三井住友カードゴールドローンの特徴

三井住友カードゴールドローンは、満20歳から55歳以下の安定した収入がある方が申込みできるカードローンで、ご利用枠に応じて3.5%〜9.8%の金利設定になっています。一人ひとりの借りたい条件に合わせて、最高700万円までご利用枠を選ぶことができます。

お借り入れ後で、ご返済の遅延がない場合、ご返済実績に応じて翌年度のご利用残高分より適用利率を0.3%ずつ引き下げるキャッシングリボ適用利率の引き下げサービスがあり、引き下げは最大1.2%まで可能です。計画的にご利用・ご返済することでよりご利用しやすいカードローンになります。
インターネット・携帯・電話で借入ができ、最短で即時に口座に振り込まれるので、急な出費があった時でも簡単に借りることができて便利です。
全国の銀行、コンビニ、ゆうちょ銀行などのCDやATMでご利用できます。主に提携している銀行は三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行など。コンビニではセブンイレブンやローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップなどで利用が可能です。

2 三井住友カードゴールドローンのメリット

2.1 ご利用実績に合わせた金利の値下げ

金利が3.5%〜9.8%と低金利で借りられるのが、ゴールドローンの特徴です。さらに、借入れして返済に遅延がない場合は、実績に応じて翌年度以降、金利が下がっていくキャッシングリボ適用利率の引き下げをするサービスがあり、最大で1.2%の金利の引き下げが可能になっています。
お借り入れ後、ご返済の遅延がない場合は、ご返済実績に応じて翌年度のご利用残高分より適用利率を0.3%ずつ引き下げるサービスで、引き下げは、最大1.2%まで可能です。計画的に毎月返済することで、よりご利用しやすい金利のカードローンになります。
そのため、短期間の借入れではなく、長期的な利用目的の方には大変便利なカードローンになっています。
例えば50万の借入れをした場合、初年度に9.8%だった金利も、5年間遅延なく返済された場合は毎月0.3%とずつ下がると、5年目には8.6%になります。
ただし、支払遅延が1度でもあった場合、翌年も同じ金利が適用となり、さらに遅延が2度以上あった場合には利率の引き下げが取り消しになる場合があるので注意が必要です。

2.2 一人一人に合わせたご利用枠の設定

三井住友カードゴールドローンは、一人一人のニーズに合わせた利用枠と返済額を設定することが可能となっています。限度額が最大で700万円になっていますが、お申し込みする時の利用枠は年間所得の3分の1以内です。
ただし、すでに同社が発行するカードをお持ちの方は、他にお持ちの同社のカードと本カードの合算でのご利用残高が、本カードの利用枠を超えない範囲でのご利用となります。
ゴールドローンを契約する時に年齢が満20歳〜満55歳の方で、安定した収入があれば、主婦の方やパート、アルバイトの方でも利用することができます。
実質年率は3.5%〜9.2%と一般的なカードローンの金利と比べた場合、低金利で利用することができ便利です。
長期的な利用によって、金利が毎年0.3%ずつ下がるサービスを受けることができ、お得に借りることができます。大変便利なサービスになっていますが、返済をきちんとすることで受けられるので、毎月の返済はきちんと行うようにしましょう。

2.3 毎月一定額の返済で臨時返済にも対応

三井住友カードゴールドローンの返済方法は、決められた金額を毎月返済していくリボ払いが基本の返済方法になっています。毎月一定額が自分の指定口座から、カードの入会時に選択した返済日に自動で引き落とされるようになっています。
毎月の返済額は毎月元金定額返済金に利息が加わった金額で、毎月元金定額返済金は借入限度額などにかかわらず、入会時は一律2万円になっています。

さらに毎月返済するのとは別で、ボーナス時など臨時で収入があった場合に臨時で返済することもできます。繰り上げて返済する場合は、三井住友カードが指定する口座への振り込みや、銀行やコンビニATMでも返済が可能になっています。なお、インターネットバンキングを利用している方は24時間の返済が可能ですが、事前に三井住友カードの会員専用サイトのVpassに返済日や金額を予約しておく必要があるので、確認してから返済しましょう。
さらに、ATMで返済する場合も、セブン銀行とイオン銀行ならほぼ24時間、365日返済が可能になっているので大変便利です。

2.4 携帯・電話・ネットで簡単借入

三井住友カードゴールドローンは、借入方法が簡単で、インターネットや電話で借入が可能になっています。インターネットで借入を行うには、三井住友カードの会員専用サイトのVpassから行うことができます。受付は24時間、365日可能で、平日の8:50〜14:49に手続きを行えば、指定の口座に即時入金されて、大変便利です。
電話による借入の場合、受付が24時間対応しており、土、日、祝日も可能です。ただし、入金が翌営業日の午前中になるので、すぐに融資を受けたい場合は注意が必要です。
口座振込による借入はインターネット、電話のどちらの場合でも金融機関の都合によって、振り込み時間がずれる場合があります。そのため、融資が急に必要になった場合はできるだけ早めに手続きをすると良いでしょう。

2.5 ご利用明細の確認がネット・アプリで簡単に確認可能

三井住友カードゴールドローンは、利用明細を郵送で確認するか、インターネットで確認するか、2つ方法があります。
インターネットでお申し込みの場合には、ご利用明細をWEBサイト上で確認する事ができるカードご利用代金WEB明細書サービスが適用されます。その際は書面のご利用明細書は発行されません。
サービス内容は、請求書確定通知メールが届き、中にあるURLをクリックすると確認できるようになっています。ただし、このサービスを利用する場合は、郵送のご利用代金明細書が送付されなくなります。手軽にどこでも利用明細を確認することができて、長期で留守にする方などには便利なサービスとなっています。
さらに三井住友カードのVpassアプリの利用でも手軽に確認ができます。

3 三井住友カードゴールドローンをご利用の注意点

3.1 お申込み後の審査について

三井住友カードゴールドローンをお申し込みした後は審査に移ります。
この時、借入総額により必要となるのが「収入証明書」です。貸金業法により、このような書類の用意が必要となります。

また、このカードローンは年齢制限があり、満20歳〜55歳までとなっており年齢制限が厳しいようにも思われます。ただし、正社員や派遣などの雇用形態に関係なく申込ができると言う強みがあるため、例えパートの方でもある程度安定した収入さえあれば利用は可能となります。年齢と収入の基準さえクリアしていれば誰でも利用できる優れたカードと言えるでしょう。

利便性の高い三井住友カードゴールドローンですが、キャッシングが利用できるようになるまで、およそ1週間ほどの期間がかかるため、早くカードローンを利用したいという方にとってはやや不便に思えるかもしれません。
しかし、手に入れることができれば低金利でキャッシングを使う事ができるため、気長に審査結果を待てるという方にはこちらのカードローンがおすすめです。

3.2 年間所得とご利用枠

三井住友カードゴールドローンのご利用枠は最大で700万円となっています。
この金額は消費者金融業界の中でもトップクラスとなっているため、銀行系のカードローンを利用することができないという方にとっては魅力的なカードということができるでしょう。

ただし、消費者金融からの借り入れとなるため、総量規制の壁が必ず立ち塞がることになります。総量規制の対象となっていると、いくら最高で700万円借りることができると言っても、年収の1/3までしか借りることができないため、所得が低ければ低いほどお金を借りることができません。
もしも700万円を借りたいと思っても、年間で2,100万円程貰っていなければ限度額いっぱいまで借りることができないということになります。

しかし総量規制があることで、それが借り過ぎの抑止力になるため、借り過ぎを防止したいという方にもこちらのカードローンは利用しやすいです。初めてのカードローンだから借り過ぎないか不安、という方でも安心して利用できるでしょう。

3.3 必要書類の提出

三井住友カードゴールドローンを申し込む際、必要となる本人確認書類は以下の通りです。

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・住民票の写し

身分証明につきましては、いずれか一種類でもコピーを用意すればお申し込みが可能です。

また、現在同社の他のローンでキャッシングを行っており、その借入残高と、ゴールドローンで借り入れる金額を足して50万円以上になる場合。加えて、ゴールドローンと、別の金融会社から借りているお金の残高を足して100万円以上になる場合は所得証明書が必要になります。
源泉徴収症や給与明細、確定申告書や納税通知などが所得を証明することのできる書類となっており、いずれも最新のもののコピーを用意しておきましょう。

そして、事業者がゴールドローンを申し込む場合には、年収証明書のコピーを2種類用意しなくてはならないため、間違いのないように用意してください。

必要書類を用意する際、できるだけ早めにこれらの書類を準備しておきましょう。そうすることでお申し込みも迅速に行う事が可能です。

3.4 インターネットお申し込みの際の明細

カードローンを申し込んだ際、できれば家族にバレないようにしたいと考える方も少なくないかもしれません。自宅に届いてくる郵送物でカードローンを使おうとしていることがバレたというケースも少なくないため、細心の注意を払って契約しなくてはならないでしょう。
近年では、インターネットからでもカードローンを申し込めるようになり、家族や知人にバレることなく契約することができるようになりましたが、それでも自宅にカードが郵送されてしまいます。
三井住友カードゴールドローンを申し込んだ際、自宅に返済期日の明細書が送られてくることがあるため、それがきっかけでもバレてしまうこともあるでしょう。

しかし、三井住友カード株式会社では、WEB明細書サービスを行っているため、あらかじめそちらを申し込んでおけば、自宅に明細書が届いてしまうというような心配はありません。インターネットからすぐに明細をチェックすることが可能で、パソコンはもちろん、スマートフォンからでも確認することができるため、家族にバレるリスクも少ないです。

3.5 ATM手数料について

三井住友カードゴールドローンは、全国の銀行やコンビニ、ゆうちょ銀行で借り入れと返済を行うことは可能です。この際、利用する都度手数料が発生し、またその料金は金額によっても異なります。また、利用するATMの種類によって金額が異なることはなく、すべて同じ料金になります。

1万円以下のお取引の場合は一律108円、1万円超のお取引の場合は一律216円になるため、1万円超を借りるなら、先を見越して多めに借り入れをしておいた方がATM手数料の節約になります。
もちろん、借り過ぎてしまえばその分返済が困難となる場合があるため、このような方法を利用する場合には計画的に行う必要があるでしょう。

また、この時発生した手数料は、借りた金額と一緒にお支払い日に同時に支払うこととなっています。なお、キャッシングリボ振込サービスを使用していれば、利用手数料が発生せず、お得に振り込みを行う事が可能です。

4 お申込み・ご契約について

4.1 電話でのお申込み

三井住友カードゴールドローンを電話でお申込みする場合、まずは三井住友カード株式会社の入会案内デスクに電話をしましょう。番号はフリーダイヤルであるため、通話料を気にする必要はありません。
電話にて三井住友カードゴールドローンへの申込む場合、名前や生年月日といった基本的な情報を伝え、後日郵送されてきた書類に必要事項を記入して郵送しましょう。
この方法で申込をした場合、カードの発行までおよそ2〜3週間程度となります。

4.2 インターネットでのお申込み

インターネットからの申し込みは、その日の内に支払い口座の指定をすることが可能です。そしてWeb上で必要書類をアップロードすることができるため、三井住友カード株式会社から書類を郵送してもらうという手間が省けます。
その必要書類を提出すると審査が行われ、審査が通るとカードが郵送されてきます。

また、インターネットでお申し込みだけを行い、自宅に届いた書類に書き込んで郵送するという方法があります。しかし、こちらの方法は電話申込と同じように、書類が手元に来るまでに時間がかかるため、およそ2〜3週間程度は要します。
一方、前者の方法でのお申込みの場合、最短で3営業日にはカードが発行されます。

4.3 書類提出からカード発行までの流れ

電話やインターネットからカードローンのお申込みを承っておりますが、その際に必ず本人確認が出来る書類が必要となります。運転免許証や健康保険証などの本人確認が出来るものをご用意ください。
また、借入総額により、本人の年収が確認できる書類が必要となります。
年収証明書類は、給与や年金を受給されている方の場合、源泉徴収票、給与明細書(直近2ヶ月分)、確定申告書、納税通知書、これらのどれか1つのコピーを提出してください。
また、個人事業者の場合は、年収を証明するものとして確定申告書B第一表の控えと、青色申告されている方は青色申告決算書の1ページ目の控え、そうでない方は収支内訳書の1ページ目の控えの2つ、どちらも直近のものを提出してください。
これらの必要書類が提出されてから、審査が開始され、審査が通れば郵送にてカードが発行されるという流れとなっています。

4.4 口座振り込み借入が可能

わざわざATMに行かなくても、インターネットや電話から手続きすれば、指定口座への振り込みが可能です。
振り込みの手数料は無料となっているので、余分なお金がかかることもありません。
インターネットの場合、平日の8:50〜14:49の間に手続きすれば、即時に振り込みが可能で、0:00〜8:49の間であれば当日の午前中、14:50〜23:59であれば翌営業日の午前中に振り込まれます。土日・祝日の場合は、翌営業日の午前中に振り込まれます。
定期的なメンテナンスが毎週月曜日の0:00〜7:59に行われるため、その間のご利用は一時停止となるためお気を付けください。振り込まれる時間は、回線の状況や金融機関によって異なります。特に、土日祝日後や振り込みが集中された時は混雑が予想されるため、口座への入金が遅れてしまう場合があります。
電話からの手続きの場合、翌営業日に振り込まれます。なお、ゆうちょ銀行の場合は、4営業日後の振り込みとなりますので、予めご注意ください。

4.5 すでに同社のカードをお持ちの方

すでに三井住友カード株式会社が発行するカードを所持していた場合、ゴールドローンを利用できるのかどうかが不安になってくると思います。
しかし、三井住友カードゴールドローンの場合、すでに同社のカードを所持していたとしても、そのすでに持っているカードとゴールドローンの利用残高の合計がゴールドローンの利用枠を超過していなければ、問題なく利用することが可能です。
ただし、利用枠から外れないように使用をしなければならないため、いくら限度額が700万円と高くても、限られた範囲でしか利用ができません。

他にもカードローンを組みたいけど、出来る限り低金利なカードローンを利用したい、という方には三井住友カードゴールドローンの利用がおすすめとなるでしょう。
ゴールドローンなら最大金利は10%以下で、しかも5年利用を続ければ、最大で1.2%もの利息が下がるため、長期間利用を続けたいという場合にも大変おすすめとなります。複数カードローンを利用するなら、一枚はこのような低金利なカードを所持しておくと返済の負担も軽減させることが可能です。

5 返済方法について

5.1 毎月の自動引き落とし返済

三井住友カードゴールドローンの返済は「毎月元金定額返済」という方法で返済されることになります。毎月一定金額に加えて、利息を自動的に口座から引き落としてくれるため、ATMまで返済の為に足を運ぶ必要がなく便利です。
この自動引き落とし返済が行われるのは毎月「10日」と「26日」のいずれかとなっており、このうちのいつに引き落としてもらうのかはゴールドローン申込時に選択することが可能です。ご職業に応じて給料日が異なるため、ご自身の給料日に合わせた返済日を設定することで遅延や滞納を未然に防ぐことができるため、確実にご都合に適した返済日を指定してください。

引き落とし予定日が銀行の定休日であった場合、次の営業日に自動引き落としが行われます。

5.2 臨時のご返済が可能な場合

ボーナスや臨時収入などにより、返済に余裕ができたという場合もあるでしょう。そのような時は返済を躊躇せず、早めに返済に充てるべきと言えるでしょう。
もしも臨時返済が可能と判断された場合には、三井住友カードが提携しているお近くのCDやATMから振り込みを行うことが可能です。もちろん、臨時返済の日にちは一切問わず、お好きなタイミングで返済を行う事もできます。

ただし、この時注意をしたいのは、提携している店舗やATM・CDの機種によって入金単位が異なるということです。そのため、全額返済できない場合があります。
また、ATMで入金をすると必ず手数料が発生するため、小分けにして返済するよりも、一度にまとめて返済をした方が手数料の無駄をなくすことが可能です。

このように早めに返済を行う事で、利用者の信用度も上がるため、増枠をすることが可能となる場合があります。増枠をお望みなら、より早めに返済を済ませるようにすると良いでしょう。

5.3 便利な返済シミュレーション

借りる前に返済シミュレーションによって理想的な返済プランを立てることができます。
三井住友カードのホームページにあるご返済シミュレーションをクリックする事で専用ページが開きます。
専用ページ内にお借入金額と実質年率、毎月の元金ご返済額を入力する事で、ご返済回数と総返済額が表示されます。ご返済方式は元金定額返済となっています。
また、シミュレーション実行後に毎月の返済額を確認するという表示が現れ、こちらをクリックすると、毎月いくらずつ返済すれば完済できるのかを表示することができるため、返済の計画が立てやすくなります。
初めて利用する場合は借入の前に返済シミュレーションを行なう事で、返済のイメージがつかみやすくなるはずです。

ページ下部にお借入金額と毎月元金ご返済額を表示してありますので、シミュレーションの参考にお使いください。
こちらのシミュレーションの試算結果は参考値ですので、実際のご返済内容とは異なる場合があるためご注意ください。

計画的に返済する事で、翌年度以降の金利が引き下げられるサービスも行なっているため、お得な利用をするためにも返済シミュレーションでしっかりと返済計画を立てましょう。

5.4 担保・保証人について

担保・保証人につきましては不要となっております。
そのため、学生を除く、満20歳以上55歳以下の安定した収入のある方なら申し込みを行なうことができます。
返済日を守ってきちんと返済することが当然のルールであるため、充分な時間的、金銭的な余裕を持ち、無理のない返済を行なうようにしましょう。
しかし、万が一返済が遅延してしまった場合は、遅延損害金として20%が加算されます。さらに今後のご利用や増枠が難しくなる場合もあるため、しっかりとした返済計画を立てましょう。

ホームページでは返済のシミュレーションを行なうことができるため、返済計画が不安な方はそちらでシミュレーションを事前に行ない、返済のイメージを固めましょう。

5.5 返済が遅延した場合

返済日にきちんと返済することは借入を行なう上で最低限のルールとなります。そのため、返済が滞ることのないようにしましょう。
返済日に返済されない場合は、遅延損害金として20%が加算されます。
遅延損害金が大きいため、返済が遅れることのないよう注意が必要です。
万が一遅れてしまった場合は迅速に対応し、すぐに返済を行なってください。
返済が遅れてしまったことは信用情報にも登録され、今後の増枠希望の審査に支障が出る可能性が高くなるため、計画的な利用をしましょう。
返済計画が心配な方はホームページで事前に返済シミュレーションを行なうことができますので、シミュレーションをしっかりと行ない、返済が滞らないようにしましょう。

返済は指定の口座から自動引き落としによるお支払いとなり、お支払日はカードを申し込んだ際にお選びいただけます。このお支払日に口座にお金が入っていないということのないようにしましょう。
支払い金額は毎月の支払い元金と利息の合計となるため、ご注意ください。

返済をきちんと行う事で、ご返済の実績に合わせて翌年以降から適用利率を引き下げるサービスも行っています。
お得に利用するためにも返済が遅延することのないよう、綿密な返済計画を立てましょう。

6 ご利用のサポート

6.1 アプリ機能の利用

三井住友カードゴールドローンは、専用のアプリを利用することによって利用明細を確認することが可能です。そのアプリは「Vpass」というアプリで、誰でも無料でダウンロードすることができます。このアプリを利用すれば、ご自宅に明細書を郵送させる必要もなく、全てご自身でアプリ内で確認することが出来るため、家族にバレないというのが最大の魅力と言えます。

そんな三井住友カードのスマホアプリ「Vpass」がリニューアルを果たし、より使いやすくなりました。
ご利用明細の確認や、ご利用枠の引き上げ等の主な機能が付いているのはもちろん、デザインやナビゲーションを一新し操作法や利便性の向上も図りました。

<機能面>

「オートログイン」をONにすると次回以降のVpassID・パスワード入力を省略することが出来ます。

<カラーテーマ>

カラーテーマを5つご用意しました。その日の気分で変えてみたりお好きな背景色をお選び頂けます。

<ダウンロード方法>

iphoneをご利用の方は、App Storeで三井住友カードを検索し、ダウンロードして下さい。
Androidをご利用の方は、Google Payで三井住友カードを検索し、ダウンロードして下さい。

<メンテナンス>

メンテナンスにつきましては毎週月曜日の0持〜8時はメンテナンス時間になります。その間は一部の機能が利用できません。

6.2 インターネットで引き落とし口座の設定

インターネットで利用代金支払い口座の設定ができます。指定した口座から、自動引き落としによる支払いとなります。
三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行といった都市銀行だけでなく、ゆうちょ銀行やインターネット専業銀行、地方銀行など多くの金融機関が対応しています。引き落とし口座の設定は、各金融機関のウェブサイトで行います。

対応していない金融機関の口座を指定する場合は、「インターネットで申し込み+郵送で手続き」が必要になります。

6.3 ご利用可能なATM

ゴールドローンのカードが使えるATMはたくさんあります。
私たちが日頃からよく足を運ぶコンビニ、スーパーにはほとんど設置されています。実はその設置されているATMのほとんどにゴールドローンはご利用可能です。

ご利用可能なATMの種類は以下の通りです。

<銀行ATM>

・三井住友銀行
・みずほ銀行
・三菱東京UFJ銀行
・りそな銀行
・ゆうちょ銀行
・イオン銀行
・信用金庫
など

<コンビニATM>

・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・サークルKサンクス
・ミニストップ
など

上記のATMは全国の幅広い地域に分布しており、そのようなATMからいつでも気軽に入金・出金を行う事が可能です。
ただし、一部の銀行やコンビニのATMは全てのサービスを利用できない場合があり、事前にどのATMでどのようなサービスが利用できるのかを調べておかなければなりません。
銀行であれば、ほぼすべての店舗で入金・出金を問題なく行えますが、銀行によっては1円単位で入金ができるものとそうでないものもあるため注意が必要です。

商品内容

商品名 三井住友カードゴールドローン
実質年率 3.5%〜9.8%
遅延損害金 20.0%
利用限度額 最高700万円
審査時間 最短3営業日
CD・ATM数 -
申込資格 満20歳以上〜55歳以下で安定収入のある方(学生は除く)
必要書類 本人確認書類(運転免許証など)
※借入総額により年収証明書類(源泉徴収票等)が必要
※個人事業者の方は、借入総額に関わらず、年収証明書類(確定申告書等)が必要
保証人 不要
借入方法 ・口座振込
・銀行/コンビニの提携ATM
返済方式 毎月元金定額返済
返済方法 口座自動引き落とし
カテゴリ 低金利
大口ローン

会社概要

企業名 三井住友カード株式会社
設立 1967年12月26日
登録番号 近畿財務局長(11)第00209号
本社所在地 大阪市中央区今橋4-5-15
電話番号 0120-956-000
資本金 340億3千円(2014年3月末日現在)
その他商品

評価

投票数 悪い 項目 良い 投票数
0 総合 4
0 借入条件 5
0 接客態度 4
0 審査内容 4

クチコミ

評価:低金利! 2011/05/09

他のカードローン比べて、金利が低かったので申し込みました。
すぐ発行できたので良かったです。

評価
タイトル
内容

▲三井住友カードゴールドローン詳細ページTOPへ