スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

スルガ銀行は、明治28年に創業されており、静岡県沼津市に本店を置く地方銀行です。
平成27年6月末の段階で本店を含めて134店舗がありますが、エリア外の店舗数が多くなくても十分なサービスが提供できるようにインターネットバンキングの展開をしています。
積極的なIT化を進めていることから地方銀行のデメリットを感じることはありませんし、規模で考えると大手に近いレベルだと言えます。
そのためスルガ銀行リザーブドプランは、銀行の営業エリア外の全国どこからでも審査申し込みや契約完了、そして借り入れや返済が可能です。
ゆうちょ銀行をはじめとして多数の金融機関と提携しているため、提携ATM数も充実しており、不便を感じることなく活用できるカードローンのサービスです。
クレジット機能や保険加入などユニークなサービスが特徴的です。

スルガ銀行カードローン リザーブドプラン公式サイトへ


1 リザーブドプラン利用に関する詳細

1.1 利用者に対する条件

始めにスルガ銀行リザーブドプランの審査に申し込む際の条件の確認をしましょう。
まず、年齢は20歳以上、70歳以下の方で安定した収入があることを条件にしています。
ローンカードにVisa機能を付帯させるかどうかで更新に関わる取り扱いが異なりますので、利用しやすい状況を選びましょう。
そして、年齢の上限設定があり76歳以降になると、更新ができなくなります。
銀行系でも消費者金融系でも、一部のカードローンでは一定の条件を満たすと上限年齢以降でも継続利用できますが、スルガ銀行のリザーブドプランでは利用年齢の例外は公表していません。
条件に関して1つだけ注意点があり、年齢が20歳以上であっても、学生の場合は審査通過が難しいと言われますので、詳しい利用条件は公式サイトなどでも確認するか、フリーダイヤルに問い合わせをして不明点をクリアしましょう。
銀行で提供するカードローンとしては、比較的少ない条件設定だと考えて構いません。

1.2 Visa機能を付帯OK

リザーブドプランで使用するカードにはVisa機能を付帯させることができます。
クレジット機能を付加することで、利用範囲が広くなるメリットもありますし、サービスの更新にも影響します。
ローンカードにVisa機能を付帯させた場合、5年ごとに更新審査となり、Visa機能を付帯させないなら、1年ごとに審査を受けて利用継続の可否を決定しています。
利用状況を確認するなどの審査を行っており、条件に該当しない場合はカードローンが更新されませんので、Visa機能付きにしておくと更新審査のスパンが長く便利だという方もいます。
ただし、Visa機能付きのローンカードを希望しても、審査の結果によっては機能を付帯させることが出来ないケースもあります。
契約後の更新審査でも、返済遅れなど利用状況が良好ではないと判断されると、Visa機能付きからVisa機能なしでの更新となることがありますので注意しましょう。
クレジット使用した分がカードローンの返済額に含まれるため、さらなる返済遅延を予防するための処置が必要になるからです。
Visa機能付きのカードを持っていると、Visa加盟店でのショッピングの際にレジでの支払いにも使用できるのがメリットです。ネットショッピングやオークションでも同様の使い方が出来ます。
クレジット機能があれば、このカードを利用して購入した商品に破損や盗難があった時の損害が補償されます。年間金額が30万円までで購入日から60日間補償されるのもメリットです。
ローンカードにもVisaのマークがつきますので、一般的なクレジットカードのように見えます。
カードローンを利用していることを人に知られたくないと思っている方にもお勧めです。
クレジット機能のあるカードには他にもメリットがあり、順調な支払い状況が続くとクレジットヒストリーの評価が高くなります。
このクレジットヒストリーはクレヒスとも呼ばれ、評価が良ければ信用情報の内容が良好だと判断する材料になります。
リザーブドプランでVisa機能を付加するなら、順調な支払いによるクレジットヒストリーの評価アップで、他のクレジットカードの審査に通過する可能性を大きくします。

1.3 高利用限度額と低金利

銀行のカードローンのため利用上限額は800万円と高い設定になっています。
そして金利に関しては、年利で3.9%~14.9%なので、さすがの低金利と言えますし、変動金利ではないのも安心できる理由です。
スルガ銀行ではおまとめローンとして別の商品は用意していませんが、リザーブドプランの審査に通過すると、おまとめも借り換えも低い金利に変更することができます。
金利負担を軽減しながら支払日を管理しやすくなるため、複数社の返済をよりスムーズにするメリットがあります。
利用上限額は最も少なくて10万円から申請できますので、困ったときに少額を借りたい方にも使いやすくなっています。
公式サイトにも利用上限額と金利の連動については触れていませんので、利用上限額が高いと低金利になるのかが明確化されていません。
遅延損害金の金利は19.5%となっており、消費者金融系よりは低いものの、銀行のカードローンとしては一般的な水準です。
しかし、延滞や返済の遅れは、利用状況が悪化したと判断されますので、更新時審査などでデメリットが大きいでしょう。
返済が遅れた場合はスルガ銀行かタウンネットワークサービスいずれかのATMから入金をしますので、画面の表示された金額で支払いをします。
また、ゆうちょ銀行やセブン銀行などのATMでは、定例返済以上の任意の金額としていますので、10万円以下の借入残高の方は3000円以上で入金支払いをします。
他の銀行のカードローンでは、自動貸越機能やオートチャージ機能がありますが、スルガ銀行ではリザーブドプランに自動貸越機能はありません。
そのため、預金残高を超えての引き出しはできず、スルガ銀行の口座から引き落とし返済をする場合にも残高の確認は怠らないことが必要です。

1.4 口座開設不要で快適利用

リザーブドプランでは、スルガ銀行の口座を開設しなくても、審査に通過すると振込キャッシングが利用できます。
お持ちの口座が使えるため、口座を増やさないメリットもあります。
利用できる銀行口座は、他行でも構いませんが本人名義であることが必須条件です。
口座引き落とし返済を選択する場合は、毎月の返済日が1日のみとなっています。
ATMで返済するなら、利用月の20日から翌月の1日までに返済すると幅があるので、うっかり忘れることがない方はATM返済を利用すると利便性が高くなるでしょう。

2 リザーブドプランのメリット

2.1 来店不要でも申込可能

WEBで審査申し込みをすると、来店不要で手続きが出来ます。
本人確認書類はスマホでもアップロードできますし、審査に通過すると、登録したメールアドレスに契約内容が送信されます。
確認後、振込口座と金額を入力するとキャッシングできます。
もちろん、パソコンやスマホでの手続きが苦手な方にも対応しており、電話での申込が出来ます。
ただし、電話で審査に申し込んだ場合、書類提出やローンカードの受け取りが郵送となり日数がかかるため、即日融資は利用できません。
お住まいのエリアにスルガ銀行がある方は、店舗でも審査申し込みを受け付けています。

2.2 当日審査当日融資にも期待

審査が順調に進むと当日に結果がわかり、即日融資も可能です。
ただし、条件がありますので確認しておきましょう。
当日融資は、審査の結果が出てから契約完了までを平日12:00までに終えている必要があります。
時間に間に合うと即日融資が可能となり、お持ちの銀行口座に振込キャッシングができます。
電話でも審査に申し込みができますが、この場合は書類のやり取りが郵送となるため、即日利用開始にはなりません。
消費者金融の一部では土日の審査にも応じていますが、スルガ銀行と対応の保証会社では土日の審査を行っていませんので、翌営業日以降になることを把握しておきましょう。
会員サイトを使用しなくても、アプリで手軽に振込キャッシングができるので利便性が高いと言えます。
AndroidにもiPhoneにも対応しているアプリなので、どなたでも簡単に手に入れられるでしょう。
アプリを利用する際は、「スルガ銀行」ではなく「リザーブドプラン」で探すと該当アプリがすぐに見つかります。
ただし、レビューでは操作性に多少問題があるとの掲載内容が目立つため、現在のところアプリだけでキャッシング利用するのは控えた方が賢明でしょう。

2.3 毎月返済額の負担を軽減

返済時の利用残高に応じて返済額が決定されますが、10万円以下の方は定例返済が3000円からとなっています。10万円超20万円以下でも6000円、一番支払いが多くて750万円超800万円以下で16万円が返済額となります。
コンパクトに利用する方なら、毎月の定例返済額も非常に少なくて、返済しやすくなっているところにメリットを感じるでしょう。
しかも、返済手数料は何回利用しても無料になっているので、無駄なコストがカット出来ます。
給料日までの間に少額利用して無理なく返済したいなど、普段使いでも利用しやすくなっているのが特徴です。

2.4 借入方法の選択肢が多くて便利

リザーブドプランは借入方法が多くユニークな特徴を持っています。
スルガ銀行のATMの他に提携ATMとして、ゆうちょ銀行やセブン銀行、イオン銀行なども対応していますし、イーネットATMがあるコンビニエンスストアでもキャッシングできます。
自社ATMだけでも各店舗それぞれに設置されていますので、提携ATMを含めるとかなり多いことがわかります。
一部、借り入れ専用のATMもあるため、公式サイトで確認しましょう。
Visa機能付きのカードがあれば、海外のATMまで利用できるため、利用範囲が非常に広くなっています。
海外のATMを使用する場合は、「Visaグローバル」もしくは「プラスシステム」に対応しているのかを確認してください。
もう1つの注意点として、リザーブドプランではほとんどの手数料が無料になっているのですが、海外でATMを利用すると、現地の金融機関で設定しているATM手数料がかかる場合もあります。
それでも旅行先の現地通貨でキャッシングできるのはかなり心強いでしょう。

2.5 随時返済で負担を軽減

リザーブドプランでは臨時返済が出来るので、その分だけ返済期間を短くすることができます。
この臨時返済には1つだけルールがあり、定例返済以上の金額で入金するだけで、スルガ銀行に随時返済をした連絡をする必要はありません。
定例返済は毎月1日となっており、キャッシング利用月の20日から翌月1日までに返済した分が、定例返済として扱われます。
ATM返済では返済期日が1日間だけでなく、幅を持たせている点で自由度が高いと考えられます。
20日から翌1日までなら、いろいろなタイプの給料日にも対応しているので、返済が不便に感じることはないでしょう。
仮に定例返済が3000円の場合、3000円以上の入金をすると随時返済と扱われることになっています。
一般的に提携を含めたATMでは小銭で端数の入金が出来ないため、上記のように定例返済が3000円ならお札で3000円以上を入金すると随時返済とみなされます。

2.6 銀行カードローンなのに使用使途が自由

スルガ銀行のリザーブドプランは、銀行のカードローンなのに使用使途が自由になっています。
公式サイトでも確認しましたが、事業性融資としての使用を禁じる明確な文言は確認できませんでした。
しかし、他の銀行のカードローンでは事業性融資について使用使途から除外しているケースが多いので、スルガ銀行に確認してから検討するのがお勧めです。
必要書類に関して、個人事業主や経営者の方が提出する書類を分類した掲載はしていません。

3 リザーブドプランのデメリット

3.1 仮審査がない

消費者金融系カードローンではないので、公式サイトには仮審査のコンテンツ機能がありません。
公式サイトでは初めの審査のことを仮審査と呼んでいますが、これは事実上、本審査の事前調査になっています。
そのため審査に申し込んだ事実は、信用情報に登録されますので注意しましょう。
スルガ銀行のリザーブドプランの審査では、JICCとCIC、そしてKSCを利用しており、通過しなくても審査に申し込んだことが6ヶ月から1年間は信用情報に掲載されると考えて構いません。
上記3機関で申込者の利用履歴を確認していると思って良いでしょう。
また、保証会社は、スルガ・キャピタル株式会社、ダイレクトワン株式会社、株式会社オリエントコーポレーションの3社としており、審査もスルガ銀行および保証会社で実施しています。
万が一返済できない場合は、以上3つのいずれかの会社で保証を受けることを理解したうえで審査に申し込んでください。
スルガ銀行の公式サイトには、「個人情報の取り扱いに関する同意書」を掲載していて、利用している信用情報機関でどのような情報をどのくらいの期間に渡って掲載しているのかを明記しています。
今後の参考にもなるので確認してみましょう。

3.2 当日融資は午前中の手続き

公式サイトでも公開していますが、当日融資を希望する場合は、契約手続きと振り込み依頼を平日12:00までに完了させるのが条件です。
審査にかかる時間は短いとは言われていますが、人によって審査に要する時間が異なるため、出来るだけ午前中の早い時間に審査申し込みをした方が良いです。
もしくは前日の夜までにWEB申し込みをしておくと、当日になってから慌てて手続きに追われることがなくなります。
12:00になっても契約手続きを終えていないなら、その時点で即日融資の可能性はほとんどないと判断してください。
人により審査時間が異なりますが、審査通過の結果を受けて契約手続きまでを完了しておくと、翌日からすぐにでも利用開始できるでしょう。

3.3 本人確認書類が少し面倒

リザーブドプランの中でも本人確認書類は面倒なデメリットになるかもしれません。
1点で本人確認が出来るのは運転免許証だけで、健康保険証のコピー、パスポートのコピー、顔写真つき住基ネットカードのコピーを利用する場合は、公共料金の請求書か領収書のコピーを添付することになっています。
使用できる公共料金の領収書は、固定電話・携帯電話、電気、水道、NHKより3ヶ月以内に発行されたものです。
現金納付用なら領収印があるもの、また口座振替による領収と記載されている書類と条件づけているため、クレジット決済の領収書は使用できません。
基本的に本人名義の領収書となりますが、同一姓の同居家族の領収書も受け付けています。
証明書類の記載住所と現住所が違うなら、運転免許証にも公共料金の領収書を添付しますが、この場合は同一姓の同居家族名義は受け付けておらず、本人名義の領収書のみ使用可能としています。
少し複雑ですが、スルガ銀行の公式サイトで詳しく解説しています。
運転免許証以外は、原則として2点の書類で確認していることを把握しておきましょう。

3.4 受け取り連絡をしないとカードが使えない

審査に通過して契約まで完了すると、ローンカードが郵送されるので1週間程度で到着します。
このカードはスルガ銀行に受け取り連絡をしないと使用開始できないルールになっています。
連絡先電話番号は、カードの貼り付け台紙に記載していますので平日の指定時間内に連絡して手続きを終えます。
平日の9:00~19:00までが電話の受付時間ですので、仕事で遅い時間になる方は合間に電話をかけるなど早めの手配をお勧めします。
例外としてATM使用時に暗証番号の入力があり、取引開始が確認されるとカードの到着確認ができたことになります。
お急ぎの場合は、カード到着前に振込キャッシングが出来ますし、連絡しなくてもATMの利用で受け取りの連絡の代わりになるなら、それほど不便にはならないでしょう。
リザーブドプランの契約規定にある通り、カードは持ち主が責任を持って管理し、万が一暗証番号などを勝手に使用して他の人が借り入れをしても、スルガ銀行では責任を負わないと明記されています。
Visa機能を付帯しているとリスクも予測されるため、カードの保管には十分な配慮が求められます。
カードの送付先を勤務先に指定した場合は、カードの配達は本人限定受取郵便となっているため、本人のみしか受け取れません。
また、受け取りの際には本人確認書類の提示が求められるため、写真つきの公的証明書を用意しておきましょう。

3.5 引き落とし返済はスルガ銀行のみ

リザーブドプランでは、スルガ銀行の口座開設は必要ありません。
ただし、口座からの引き落とし返済を希望する方は、スルガ銀行の口座の登録が必要になります。
スルガ銀行の口座は、最寄りにお住まいの方は一般店舗で手続きをすると通帳ありの口座、インターネット支店では通帳なしの口座を開設できるため全国の方が利用できます。
普通口座には自動貸越機能をセットにできるため、残高不足による返済漏れを防ぐことも出来るでしょう。
通帳ありなら店頭で口座開設の手続きをするので、本人確認書類を窓口に持参することで、手続きが簡単にできるメリットがあります。
ただし、手続きは必ず本人が来店して行うので、委任状があっても他の方では口座開設はできません。
インターネット支店では本人確認書類の中にコピーではなく写しとして原本を提出するものもありますので、郵送の時間も含めて2~3週間程度かかると考えてください。
すでにスルガ銀行の口座を持っている方なら、引き落とし返済の手続きもスムーズです。

4 安心できるサービスが付帯

4.1 保険も付帯できる

リザーブドプランでは、ガン保障特約付き消費者信用団体生命保険に加入することが出来ます。
保険料は銀行負担なので、費用が発生することはありません。
この保険に加入するにはいくつかの条件がありますので、確認したい方は公式サイトの契約概要や注意喚起情報を読んでから決めましょう。
また、告知義務があるので、簡単なチェック項目に同意して手続きをします。
万が一告知義務違反があり、後で発覚した場合には、通常の保険と同じく保障対象外となりますので注意しましょう。
公式サイトにもある通り、借り入れをしている本人に万が一のことがあっても、ご家族に負債を残すことがない点でも安心できますし、他行のカードローンにはない魅力的なサービスです。
保険期間は借入上限年齢の76歳の誕生月の月末まで対応しています。
このガン保障特約付き消費者信用団体生命保険は、ローン残高の支払いのみに対応しています。
一般的な医療保険や、付帯するガン保険のように医療費の補てんを行うものではありません。
契約者がなくなった場合の他に、高度障害状態に当てはまると、この保険の適用になります。ガンと診断されたときにも同様です。
死亡と高度障害状態では加入後すぐに保障対象となり、ガン保障に関しては加入してから90日間の免責期間が設けられています。
ただし、保険の対象となる、もしくは対象とならない疾病については「被保険者のしおり」に詳細を明記しているので、公式サイトで確認しましょう。
リザーブドプランで消費者信用団体生命保険に加入できるのは、利用上限額が500万円までの方と規定しています。
申込をしても健康状態により加入対象ではないと判断されると、保険には加入できないこともあります。
また、保険金の上限額は1000万円までとなっています。

4.2 利用明細の送付も選択的

利用明細は発行されると、ご自宅もしくは勤務先に郵送されます。
郵送先は選べますので、不在の時に他の方が受け取ることを防げるのはメリットです。
また利用明細を発行しない方法もあり、WEB明細で確認できる点も安心して利用できる理由でしょう。
事前に郵送に関する手続きが必要なので確認してください。

4.3 在籍確認もプライバシー重視

勤務先への在籍確認は行っていますが、個人名と銀行名のいずれを希望するか事前の確認があります。
プライバシーも重視しているので、カードローンの在籍確認でも人に知られてしまう不安が解消できるのは評価されています。
公式サイトでは在籍確認に関して、「お勤め先にお電話をさせていただくことがございます」と掲載しており、在籍確認なしのケースがあると受け取ることも出来る表現が用いられています。
勤務先への在籍確認をするのかを明確にしておきたい方は、あらかじめ問い合わせをすると安心です。
また、公式サイトの申込画面ではサポート用のチャット機能があるので、スタッフにチャットで相談することも出来ます。
事前の確認をしておけば、審査に関する不安の解消が出来ます。
一部の消費者金融のように、書類の提出で在籍確認をして電話連絡を避ける方法は利用できません。

4.4 会員サービスも充実

リザーブドプランでは会員サイトで様々なサービスが利用できます。
スルガ銀行に口座を開設しない場合は、ATM返済のみとなるため、返済漏れ予防に「返済お知らせメール」の設定が出来ます。
残高照会や利用上限額の増額申請も、会員サイトを経由して手続きできます。
一般的な増額申請には、6ヶ月以上の利用履歴や申込時より収入が増えていることなどの前提条件がありますので、リザーブドプランも同様だと考えて構いません。
もちろん、増額審査をした結果、利用状況などの要因から利用上限額が低くなることもあるので、慎重に検討してからにしましょう。
利用状況が良いと判断された方には、スルガ銀行から増額の案内もありますので、その場合は最良のタイミングで増額申請できます。

商品内容

商品名 スルガ銀行カードローン リザーブドプラン
実質年率 3.9%~14.9%
遅延損害金 19.5%
利用限度額 10~800万円
審査時間 最短即日
CD・ATM数 -
申込資格 契約時の年齢が20歳以上70歳以下で、安定した収入のある方
必要書類 本人確認資料(運転免許証、健康保険証、パスポート等)
※500万円超の申込には、収入証明書が必要になります。
保証人 不要
借入方法 ・口座振込
・スルガ銀行ATM
・銀行/コンビニの提携ATM
返済方式 残高スライドリボルビング方式
返済方法 ・スルガ銀行ATM
・銀行/コンビニの提携ATM
・口座自動引き落とし
カテゴリ 低金利
大口ローン

会社概要

企業名 スルガ銀行株式会社
設立 明治28年10月19日
登録番号 -
本社所在地 静岡県沼津市通横町23番地
電話番号 0120-550-237
資本金 300億4,300万円
その他商品

クチコミ

クチコミはまだ投稿されていません。
あなたの感想や意見を書いてみませんか?

評価
タイトル
内容

▲スルガ銀行カードローン リザーブドプラン詳細ページTOPへ