多重債務から脱出

多重債務とは、複数の会社に債務(借金)がある状態のことをいいます。
この状態になってしまうと、いくら頑張っても返済不可能な状態へと陥ってしまうことがあります。

こういった場合、法律を利用することで、抱えている借金の解決を図ることが可能です。
法律を利用するといっても、通常は弁護士などの専門家と話しながら進めていくだけですので、決して難しいことではありません。

現在借金でお困りの方・不安を感じている方は、被害を大きくしないためにも、一刻も早く専門家と相談することをお勧めします。

コンテンツ一覧

多重債務に陥らないために
借金をいくつも重ねてしまう多重債務。
借金を返すために借金をすることで、雪ダルマ式に利息が増えていき、返済が困難になる人があとを絶ちません。
借金苦に陥る危険性は、身の回りにひそんでいます。

多重債務の解決は無料相談から
現在、日本国内には借金の返済に苦しむ多重債務者は200万人以上いると言われております。
借金の返済がうまくいっていない場合は、何とかして解決策を見つけたいところです。
そういう場合は、一人で悩まず、まずは相談してみてください。

法律家に頼んで任意整理
一本化(おまとめローン)は一番ポピュラーな存在にも関わらず実際には実現が難しく、そこまで大きなメリットを得られないことも多々あります。
そこで出番となるのが任意整理という技です。

特定調停制度を活用
多額のキャッシングを解決するのには、法律家に頼んで法律を利用すれば便利なことが多いです。
しかし、「依頼するお金がもったいない」と思われる方もきっといることでしょう。
そんな方に最適なのが、平成12年に施行された特定調停という制度です。

過払い請求を行い返済利息を取り返す
「上限金利は20%」と定めている法律もあれば「上限金利は29.2%」と定めている法律もあります。
法律が2つあるので、実際の上限金利は曖昧でグレーゾーン金利と言われています。
「上限金利20%を超えた金利を払ってたんだから、その分のお金を返して!」というのが過払い請求です。

過払い請求を自分で行うには?
過払い請求は弁護士などの専門家に依頼するのが一般的ですが、自分ひとりでも行うことが出来ます。
自分で出来れば、弁護士費用を払う必要もありませんので、回収に成功した分は全て自分のものになります。
ただ、先に言っておきますが、自分ひとりで行うとなると手間はかかります。

過払い請求をしてもブラックリストに載らなくなった
かつては過払い請求をしただけで信用情報記録(いわゆるブラックリスト)に掲載されていましたが、2010年4月19日をもって、過払い請求の記録は新規登録の受付をせず、過去の登録情報についても削除されることになりました。

個人再生法を利用して借金減額
個人再生とは、裁判所を通じて、借金を減額し残額を原則3年で支払っていく手続きのことです。
ただし、借金といっても、住宅ローンは含まれません。
普通のキャッシングであれば、個人再生で今抱えている借金を減額することが可能です。

最後の手段・・・自己破産
自己破産とは、裁判所を通じて借金を0にするという手続きをすることです。
自己破産と聞くと世間ではあまりいいものではないと思われていますが、実はそれほどのデメリットがあるわけではありません。

自己破産をすると家族にも影響がある?
家族を抱えて生活をしているのに、借金が膨らむ一方…。
いよいよ自己破産などの法的整理をしなければいけないけれど、愛する家族はどうなるのか。
配偶者や子供たちに影響はないのか?

弁護士と司法書士の違いについて
弁護士は聞き慣れている職業でもあるので業務内容も大体分かると思うのですが、司法書士についてはピンと来ない方も多いと思います。
ここでは、司法書士とは何か、また弁護士と司法書士の違いについても説明していきます。

信用できる弁護士の探し方
いざ法的手段に踏み切ろうとする場合、信頼できる弁護士や司法書士はどうやって探したら良いのでしょうか。
実際、すべての法律家が正義の味方ではなく、自分の金儲けを優先してしまう人もいるのです。
そういったハズレを引いてしまわないようにするには?

提携弁護士に気をつけろ!
借金を軽減する手段として、任意整理、個人再生、自己破産など、法律による救済がありますが、いずれにしても弁護士や司法書士といった専門家に依頼するのが一般的でしょう。
しかし、正義の味方というイメージがある弁護士の中にも、悪徳弁護士が潜んでいるので注意が必要です。

債務整理は家族に内緒で行える?
家族に内緒ではじめてしまった借金。
順調に返済していればともかく、債務整理となれば手続きの書類が郵送されるなど、家族にバレてしまう可能性も少なくありません。