法律や制度を利用

別に贅沢もせず、普通に生活をしているだけで、お金が足りなくなってしまう。
格差社会と言われてる現代社会では、こういうこともよくあることかもしれません。

でも、日本の法律はこういった人たちを決して見放してはいません。
法律を利用することで、キャッシングに手をつけなくても、生活していけるのです。

このように、実は生活に便利な法律というのは、いっぱいあるのです。
でも、「知ってる人だけが得をする」というのが現状です。
ここでは、生活に便利な法律や制度をいくつか紹介しますので、生活を上手に生き抜くためにも是非活用してください。

コンテンツ一覧

生活が厳しい場合は生活保護を受ける
別に贅沢をしたわけでもないのに、所得自体が低いために普通に生活をしているだけで、お金が足りずキャッシングをしてしまう。
こんな時こそ、普段無駄遣いされている国や各自治体のお金を頂戴すればよいのです。

就業関連の給付は無駄なく受ける
世の中には、便利な行政制度を知らなかったが為に、無駄に損をしている人がたくさん存在します。
その代表格が、この就業関連の給付です。
行政制度に詳しい人間は、こういった給付を無駄なく受け、余計な出費を抑えて潤っています。

精神疾患には精神保健福祉法を利用
キャッシングがある上、さらに医療費まで嵩むんじゃ、とてもまともに生活なんかしていけないですよね。
そこで出番となるのが、「精神保健福祉法」。
この法律の第32条に、長期精神疾患を患う人を救うためのアイテムが存在するのです。

住民税・国民年金・国民健康保険が払えない場合
会社を退職すると、自分で住民税や国民年金や国民健康保険を支払う必要があります。
サラリーマン時代は毎月の給料から自動的に差し引かれていたので、あまり意識することはなかったかもしれませんが、退職して初めて支払いを実感することが多いのでないでしょうか。

給料未払い・・・そんな時は?
正社員でも派遣でもアルバイトでも、小規模な会社、もしくは経営状態がまずい会社ならいつ起こっても不思議じゃない問題、それが「給料未払い」。
中には、これが原因で生活費が足りなくなり、多重債務へと陥ってしまった人もいるようです。

給料未払いのまま会社が倒産してしまったら?
給与の支払いが遅延したり、更に厳しいところでは未払い給与が積みあがったりというケースが増えています。
まだ会社が存続しているなら、正当な報酬を支払うよう求めるべきです。
しかし、会社が倒産してしまった場合はどうしたら良いのでしょう?

新婚補助制度で家賃を安くしよう
今回は、新婚さんには必見の内容です。
賃貸住宅の家賃は、本来なら全額払うのが普通ですよね。
しかし実は、新婚さんに限っては家賃を安くできる場合があるのです。

敷金は無駄なく回収すべき
なんとなく泣き寝入りすることが多い問題、それが「敷金の返還」について。
薄々は「本来返してもらえるもの」と知っているけど、返ってこなくても「まあそんなものか」で流してしまう人が多いはず。

低金利で安心「生活福祉資金貸付制度」
改正貸金業法で、キャッシング業者からの借入総額は、年収の3分の1までと制限されてしまいました。
つまり、失業して年収がゼロになってしまった家族は、業者からの借金が出来なくなってしまうということです。
ほんの少しのつなぎ融資があれば、生活を再建できるかもしれないのに、これでは困ってしまいます。

奨学金制度を利用する
「子どもが勉強熱心で進学を希望しているのにお金が足りない…」
こういった時に利用を検討したいのが奨学金や教育ローンといった資金調達方法です。
考え方や制度の違いを簡単にご案内しますが、大きな違いは奨学金は子ども主体で借りるもの、教育ローンは保護者が主体になることです。

国の教育ローンを利用する
世帯の平均収入は伸び悩み〜減少傾向ですが、教育費はむしろ増加しています。
家計を成り立たせるためキャッシングを考えるご家庭もあるかもしれませんが、お金の使用目的が教育に限られているならば、教育ローンの方が有利です。