トラブルから借金を抱えない

何らかのトラブルに巻き込まれて、キャッシングに手をつけてしまう人もいます。

キャッシングの理由が娯楽目的の場合はまだしも、他人に騙されて借金を作ってしまった場合は、「借金」と「怒り」以外は何も残りません。
安易にトラブルに巻き込まれないためには、事前によくあるトラブルの内容を把握し、予防対策を身につけておくことです。

コンテンツ一覧

保証人と連帯保証人の違い
法律にあまり詳しくなくとも、「保証人」という制度がどういうものかを把握している人は多いでしょう。
しかし、「保証人」についての知識はあっても、「連帯保証人」との違いについて正確に知っている人は意外と少ないかもしれません。

名義貸しを侮るな
保証人同様、「迷惑はかけないから!」が常套句となっているこの名義貸し。
ご存じない方のために一応説明しておくと、名義貸しとは、なんらかの事情で自分の名前が使えない為、誰かから名義だけを借り契約を結ぶというものです。

署名・捺印の恐怖
「いや、そんなつもりはなかった・・・」
「そんな契約内容だとは知らなかった・・・」
後からそんなことを言っても、そんな言い訳は全く通用しないのが「署名捺印」。

おいしい話に騙されない
「誰でも簡単に稼げる」
こんな事が本当にあるのなら、誰だってやってみたいと思います。
でも世の中、そんなに甘くはないのが現状です。

架空請求の手口と対策について
架空請求による被害は、これだけ騒がれていながら、一向に減らないどころか、今でも件数が上昇しています。
これらはすべて、本来払う必要のない請求、つまり架空請求です。
しかし、人はなぜか払ってしまいます。

架空請求や悪徳商法の対処法(消費生活センターに相談)
ここでは、実際に架空請求の通知が来ている場合の対処法、また架空請求以外にも、悪徳商法に騙された場合の対処法についても説明していきます。

法律に関するトラブル(法テラスに相談)
法律に関しては、ほとんどの方は、何となくは分かっていても、詳しくは知らない人が多いと思います。
テレビの法律番組をみていても、問題ないと思っている行為が実はダメだったり、法律とは本当にややこしいものです。

家族の借金は払うべき?
日本貸金業協会の調査によると、借金がある専業主婦約150万人のうち、約4割にあたる60万人が夫に借金を秘密にしているそうです。
これは日本の夫婦の50組に1組に相当する計算になるのです。

安易な気持ちでお金を貸さない
「ちょっとお金貸して」という場面は意外と多いものです。
しかし、これが5万、10万と大きな金額になってくれば、貸す方も思わず躊躇してしまいます。
もし、まとまった借金の申し出があった場合、どうしたら良いのでしょう。

貸したお金が返ってこない
友人、知人だからこそ、安易な気持ちでお金を貸さないというのが昔からの教訓ですが、既に貸してしまった場合、そして相手が返済に応じてくれない場合はどうすればいいでしょう?
言葉の通じない相手には、最終的に法的手段をとることも視野に入れながら、対応していくしかありません。

「ブラックリストから消します」に騙されない
多重債務者や、過去の延滞が原因で融資が受けられない人を対象に、「信用情報のブラックリストから名前を消してあげます」とか、「信用情報を操作して融資が下りるようにします」と持ちかけるケースがあります。
しかし、これらは100%詐欺なので決して騙されないようにして下さい。