ヤミ金に注意

キャッシング会社を選ぶ際、何をポイントとして選びますか?
金利、審査時間、限度額、などポイントとなるものはあるでしょうが、もっとそれ以前に大前提として挙げられるものは「ヤミ金」には手を出さないということです。

ヤミ金とは?

ヤミ金(闇金)とは、ヤミ金融(闇金融)の略であり、貸金業を行う違法金融業者のことです。
貸金業としての登録を済ませていなかったり、貸金業法で定められている上限金利(20%)を超える金利で貸し出したり、とにかく法を守っていない業者のことです。

実現不可能な低金利での融資をキャッチコピーにしたり、また雑誌や新聞の広告にも堂々と掲載されているので、安心して申し込んでしまう人が多いようです。

ヤミ金に手を出してしまうと、後は返済地獄の生活が待っているだけです。
あり得ない高金利に、いつまで経っても返済が終わることはなく、過剰な取立ても永遠に行われます。
正規のキャッシング業者であれば、取立てが行われたとしても、取立ての行為には法律で制限があるのですが、ヤミ金は始めから法を守る気なんてないのですから、何でもありの取立てが行われます。

また、返済を終えたら、終了するのかどうかも謎です。
むしろ、払えば払うほど、いいカモだと思われるかもしれません。
ヤミ金業者にとっては、「請求すれば払うんだ」と思い、何らかの手数料という口実に請求されるのかもしれませんし、ゴールの見えない借金生活に陥ってしまいます。

ヤミ金の手口

<登録番号等を詐称>
キャッシング会社のような貸金業を営むには、国に届出を出して審査に通過すると登録番号がもらう必要があるのだが、正規のキャッシング会社と思わせるために、適当につけたダミーの登録番号を見せて安心させる。
⇒ 登録番号が本物か調べる方法については、「ヤミ金の見分け方」を参照。

<紹介屋>
「どなたにでも融資します」「ブラックリストの方でも融資可能」などと審査の甘いキャッチコピーで顧客を集め、問い合わせのあった顧客に対し、「ウチでは貸せないが、審査の甘い業者を紹介する」などと言って、後になって法外な手数料を請求する。
あたかも紹介によって借りれたと思わせる手口だが、実は紹介先の業者とは全く繋がりがない。

<借入データの削除>
「信用情報機関の登録されている借入データを削除する」などと言い、手数料を請求する。
しかし、実際は借入データを削除するようなことは出来ない。

<保証金>
「信用確認のため保証金を入金して欲しい。その後融資を行う。」などと、保証金を要求される。
保証金を入金しても、融資は行われない。

<買取屋>
「クレジットカードで高額商品を買い、業者に買い取ってもらい現金を得る」というもの。
業者の買い取ってくれる値段は相場より明らかに安値だったり、「もっと高値で売るからしばらく待ってくれ」と言われ音信不通になるケースも。

<押し貸し>
契約もしていないのに、小額でお金が振り込まれる。
その後しばらく経って、法外な高金利で請求される。

被害にあったら相談すること

ヤミ金の被害にあったら、一刻も早く法テラスや消費生活センターに相談することです。
自分ひとりで抱え込む問題ではありません。
返済さえすれば解決する問題だと思っていても、相手は元々違反業者なので、そんな約束を守ってくれるとは限りません。

また、ヤミ金の被害に遭う人の中には、ヤミ金だと知っているにも関わらず利用する人もいるようです。
正規のキャッシング会社が貸してくれないからといって、ヤミ金に手を出してしまうのです。
しかし、そういう場合でも相談するべきです。

ヤミ金というのは、元々法律に反していますし、あなたは被害者なのです。
法律に反しているサービスを提供しているので、実は法的に話し合うと、契約は無効となるケースが多いのです。
相談することで、きっと解決の糸口が見えてくるはずです。

⇒ 詳しくは、「ヤミ金には返済する必要はない?」をご参照ください。