返済が遅れるとどうなる?

キャッシングの返済は、借りた金額に対して元金と利息を毎月返済していきます。
では、返済を忘れてしまった場合や、返済が出来なかった場合は、どのようになるのでしょうか?

遅延損害金が発生

返済が遅れると、遅延損害金というペナルティが発生し、通常の金利よりも高い金利が適用されます。
遅延した日数分、遅延損害金が適用されます。

通常の金利と同くキャッシング会社によって遅延損害金は異なるのですが、法律で上限は20%と定められています。
遅延損害金は上限である20%に定めている会社も多いです。

催促の電話が来る

返済が遅れると、数日後に催促の電話が来ます。
キャッシング会社によっても異なりますが、割と早く1~3日後くらいには電話が来ます。

単なる返済忘れの可能性もありますし、この時点ではまだ、キャッシングの契約をしたときと同じように丁寧な対応をしてくれます。
キャッシングをしていることを周りの人にばれないように、キャッシング会社の名前を出さずに個人名で連絡をしてきます。

単なる返済忘れであれば、すぐ返済すれば、特に問題になるようなことにはなりません。

連絡を無視すると取立てが発生する

キャッシング会社からの電話を無視していて連絡を拒んでいた場合、今度は催促状が送られてきます。
そして、催促状も無視していると、取立てが発生します。

取立てとは、借金の回収を迫りに行くことです。
取立てと聞いて、怖いイメージを持ってしまう人もいるかもしれませんが、取立ての内容は法律で制限されているため、暴力を振るわれたりするようなことはありません。

さて、ここまでの流れだと、キャッシング会社から連絡が来るだけですので、大したデメリットはないように感じてしまいます。
しかし、返済する義務はあるわけですし、いつまでも無視が通用するものではありません。
返済遅れに関して、本当に怖いのはここからです。

ブラックリストに登録される

目安として3ヶ月間返済が滞ると、事故履歴として信用情報センターに登録される可能性が高いです。
信用情報センターに登録されている事故履歴のことを、ブラックリストとも言います。

ブラックリストに登録されてしまうと、お金が足りなくなって他者から借りようと思っても審査が相当厳しくなります。
どこからもお金が借りられない状態になってしまいます。

一時的な切り抜けのために、別のキャッシング会社から融資を受けて返済に充てる人も多いのですが、ブラックリストに登録されてしまうと、この方法を使うことは出来ません。

返済出来ずに困っているところに全額一括請求

さらに返済が遅れるようであれば、残高の一括請求を求めてきます。
いつまでに返済してください、と期日を設けて一括請求を求めてくるのですが、毎月の返済が出来ずに困っているところに全額請求ですから、返済できないケースがほとんどです。

なぜ、このようなことをやるかというと、この次に行う法的手段を行うためです。

差し押さえで強制的に返済を迫られる

返済が滞っている場合、最終的には差し押さえが行われます。
差し押さえとは、借金を強制的に回収することです。

差し押さえは、キャッシング会社が独自に判断して行っていいものではなく、事前に裁判所への手続きを行い、裁判所から許可をもらう必要があります。
そして、裁判所から許可が下りてしまうと、差し押さえが行われます。
裁判所によって、法的に認められた処分ですので、逆らうことは出来ません。

差し押さえにも種類があり、土地や家などを持っている場合はそれらの財産が差し押さえられることもありますが、一般的には給料の差し押さえが多いです。
給料の差し押さえでは、給料の1/4が徴収され、完済するまで続きます。

徴収されたお金は、勤務先の会社からキャッシング会社に支払うことになるので、勤務先には当然ばれてしまいます。
会社にばれてしまうと、出世にも響くでしょうし、会社で嫌な思いをしてしまいます。

事前に連絡しておいたほうが無難

返済がどうしても間に合わない場合は、事前に連絡をしておいたほうが無難です。

例えば、あなたが友人にお金を貸したとして、約束の期日までに返済がなかったら不安になりますよね?
事前に連絡があったほうが安心できるはずです。
これはキャッシング会社にとっても同じことです。

連絡もなく返済が遅れていると、返済意思があるのかなど色々心配になります。
例え、返済に遅れたていたとしても、いつまでに払えるとか、そういう連絡があれば比較的安心できます。

また、連絡をしないことにより、信頼性も失ってしまいます。
信頼性を失えば、残金一括請求や差し押さえの手続きが早まるばかりではなく、限度額の引き下げが行われることだってあります。

事前に連絡することによって、返済日の延期や、利息だけの返済でも大丈夫な場合もありますので、どうしても返済に遅れそうな場合は、事前にキャッシング会社に相談してみたほうがいいでしょう。