キャッシングによるメリット・デメリット

キャッシングをすることにより、どのようなメリット・デメリットが生じるのか?

「え?キャッシングすることでメリットなんかあるの?」

当然です。
それはもちろん存在します。
メリットがあるからこそ、デメリットだらけの「キャッシング」というアイテムに手を出すんですから。

どんなメリットなのかは、逆に当たり前すぎて気付かないことかもしれません。

キャッシングによるメリット

まず、キャッシングをするということは、キャッシングをすることによって救われることがあるということですよね?
この時点で大きなメリットを得ています。

それで乗り切れる問題ならば、そこは普通に利用すべき。
もちろん、返済のアテがあるということが大前提ですが。

返済できないキャッシングは、決して報われることはないので手を出さない。
これは基本中の基本。
そのような場合は、違う手段で代替するしかありません。

もう一つのメリットは、「商品を先取りできる」ということ。
いわゆる「ローン」というやつですね。

家や車などの高額な物は、一括で購入するのはなかなか難しい。
ならば、キャッシングしてでも買ってしまおうというのが「ローン」というもの。
月々いくらずつ払っていくので、この商品を売ってください、というわけです。

どうせ使うものなら、早めに手に入る方がいいに決まってます。
こうして生活を豊かにしてくれることが、キャッシングの最大のメリットでしょう。

せっかく生きてるんですから、できるだけ楽しまなきゃ損。
最終的には払うのだから全く問題なしです。

キャッシングによるデメリット

これまでメリットについて説明して来ましたが、やはりデメリットもしっかりと存在することも否めない事実。
キャッシングは、しないで済む状態にあるのが一番ベストなんですから。

デメリットの代表格は、やはり金利でしょう。

普通のキャッシングにしてもローンにしても、これらにはすべて金利がつきます。
充分なお金があれば払う必要のないモノ、それが金利。
何も生み出すことのない、自分にとってなんの身にもならない無駄な支払いです。

このへんは、自分の中でどれを最優先にするかによって変わってきますね。

多少無駄なお金を払ってでも、豊かな楽しい人生を送りたい。
多少我慢をしてでも、無駄なお金は払いたくない。

どちらが正しいわけでもありませんが、無駄に払ってもやっていけるという計画性もなく、豊かな生活を求めることは絶対に駄目です。
それだけは避けましょう。

他のデメリットとしては、プレッシャーとの戦いというのもあります。

キャッシングをすると、その時点から体調を崩したりして倒れることができなくなります。
支払いを完了させるまでは、しっかりと働き返済をしていかなければならないのです。

借りたお金が返せなければ、家族などに嫌な思いをさせることもあるかもしれません。
また、職場で辛い思いをすることもあるかもしれません。
ローンの支払いが滞れば、せっかく手に入れた家や車を手放すハメになるかもしれません。

そんなプレッシャーに耐えなければいけないことも、結構大きなデメリットでしょう。
これらのメリット・デメリットを踏まえ、よく考えて皆さんが良いと思われる選択をしてください。

キャッシングの扱いには注意

キャッシングは『ピストル』のようなものです。

ピストルは、正しく使えば身を守る道具にもなるし、平和のための抑止力にもなる。
しかし、一歩間違えば単なる人殺しの道具とも化すのです。

キャッシングも同様です。
利用の仕方さえ間違わなければ、身を守ってくれるものだし、自分の生活を便利に・豊かにしてくれます。
しかし、付き合い方を間違えると、破滅へと導かれます。

くれぐれも、扱いには注意してください。