ヤミ金には返済する必要はない?

ヤミ金の被害に遭わないためには、借りない・関わらないことが一番重要です。
では、既に手を出してしまった場合は、どのようにすればいいのでしょう・・・?

ヤミ金業者は元々法律に違反しているので、法的に話し合うことで解決を図ることが出来ます。
法律に詳しくなくても、法律に詳しい専門家と相談しながら、事を進めていくだけなので法律に関する知識は無くても大丈夫です。
ヤミ金は、本人さえ諦めなければ解決する問題です。

利息どころか元金まで返済する必要がない

出資法(上限金利20%)を超える金利での融資は法的に認められていません。
これに違反すると、利息は一切認められないことになっています。
契約は無効となり、利息はカットされて借りた分だけ返せばいいことになっています。

さて、ここまでは分かりやすいと思います。
「利息は認めませんが、借りたものは返しましょう」ということですね。
しかし、最近の裁判だと、「利息どころか元金まで返済する必要がない」という判決が出ているのです。

10万円借りて、利息が5万円加わり、合計で15万円の借金に膨れ上がったとします。
この場合、契約が無効になるだけだと、「利息の5万円はカットし、元金の10万円は返済しましょう」ということです。
ところが、最近の判決だと、「元金の10万円に対しても返済しなくて良い」と結果になっているのです。

法律がヤミ金業者に厳しくなっている

利息がカットされるだけなら、ヤミ金業者にとっては、決してプラスではありませんがマイナスでもありません。
(「罰則」というマイナス面はあります。)
元金をヤミ金業者に戻せば、今度はその資金を使って違う人がターゲットにされる可能性があります。
これでは、いつまで経っても、解決することはありません。

しかし、元金まで返済されないとなると、ヤミ金業者は完全にマイナスとなるわけです。
融資したお金が返ってこない・・・つまり、お金をゴミ箱に捨てているようなものです。

最高裁の判決も厳しくなっていますし、貸金業法の罰則も以前より厳しくなりましたので、今後はヤミ金業者の減少へと繋がっていくでしょう。

支払いが終わった後でも請求できる

正規のキャッシング会社から借りた場合、利息制限法(上限金利20%)を越えた金利での貸出だった場合は、支払いが終わった後でも過払い請求は可能です。
それと同じで、ヤミ金を過去に利用していて、既に支払いが終わっている場合でも、後からでも請求は可能です。

ただし、相手がヤミ金だと、会社名や住所が分からない場合があります。
「聞いてるから大丈夫」と思っていても、ウソを聞かされているだけで、実在しない会社名や住所の場合もあります。
ヤミ金業者も、自分が法律違反をしていることくらいは知っていますので、堂々と公表するようなことはしません。

しかし、手がかりは少なくても、諦めずに出来ることはやっておきましょう。
少ない手がかりでも、何か掴める場合もありますでしょうし、警察へ被害届を出しておけば見つかる事だってあります。
既に騙された方、また現在利用中で苦しんでいる方は、一刻も早く警察や消費生活センター・法テラスに相談してください。