VISA、Master、JCB、AMEXのどれにする?

キャッシング機能の付いたカードを作る際、クレジット・ブランドを選べる場合があります。
五大国際ブランドながら他カードと一線を画すダイナースクラブ(Diners Club)は別として、VISA、MasterCard、JCB、American Expressのどれを選んだら良いのでしょうか。

VISA

加盟店数で約3,000万を誇る、世界で最も一般的なクレジット・ブランドです。
日本国内でも多くのお店が加盟していますので、「1枚目はVISAがおすすめ」という声も聞かれます。

なお、VISA自身はクレジットカード発行会社ではなく、決済システムですので、すべて提携先の「○○VISAカード」になります(ただの「VISAカード」はありません)。
日本では三井住友VISAカードが代名詞のようになっていますが、他の提携カードもあります。

日本国内で都市部中心に生活している方や、海外に出かける機会が多い方と、相性の良いブランドです。

MasterCard

加盟店数はVISAと並ぶ約3,000万で、VISAが使えるお店ならMasterも使えるのが一般的です。
ヨーロッパ圏でやや強いとされています。

ややこしいのは、「レジにMasterCardのステッカーがあるのに使えない」というマイナーマスター問題。
「○○Masterカード」の、○○にメジャーとマイナーの区分があり、マイナー発行元のカードが使えないお店が極稀にあるのです。
しかも、このメジャーとマイナーの区別が外からは分かりにくく、三井住友やシティといったメガバンクがマイナー扱いだったりします。

なお、Masterの方針で、カード発行元を選ばない拡大戦略をとっているため、例えばアコムマスターカードなどキャッシング専門会社との提携も多く見られます。
そこからの連想か、加入審査がいくらか緩いという説もありますので、他のブランドでクレジットカードを持てなかった方も、チャレンジしてみては?

JCB

前身の「日本クレジットビューロー(Japan Credit Bureau)」という名前のとおり、日本企業が運営する国際ブランドで、世界で6,000万人の会員と、1,600万の加盟店を持っています。
日本国内ではVISAを抑えてシェア1位を誇っており、都市部を離れるとVISAは使えないがJCBなら使えるということも。
海外でも日本人観光客の多いアジアやハワイ・ホノルルなどでは使いやすいクレジット・ブランドです。

また、VISAやMasterが純粋な決済カードなのに対し、JCBカードはT&E(トラベル&エンターテインメント)カードという違いもあります。
世界の要所要所にJCBプラザがあり、現地でのホテル・レストラン・オプショナルツアー・各種チケット・航空券の予約等のサービスを日本語で案内してくれます。

一方、そういった日本人がよく行く場所から外れると加盟店が一気に少なくなり、サービスもパワーダウンが否めません。
また米国ではディスカバーカード(Discover Card)と提携しているのですが、加盟店側に周知されていないため、現地語で説明をしないと使えないといったこともあるようです。

日本人なら持っていたいカードですが、特に国内から出ない方や、海外に出ても日本人の多い観光地や都市に行くだけという方にオススメのブランドです。

American Express

略してアメックス(AMEX)と呼ばれることが多いクレジット・ブランドです。
富裕層向けと言われていますが、JCBと同じくT&E(トラベル&エンターテインメント)カードとしての充実したサービスが富裕層に好まれているだけで、一般カードの審査であれば、他ブランドと大きな違いはないようです。

北米での存在感はもちろんですが、JCBと提携しているので日本国内でも使えるお店が多く、使い勝手で困ることはないでしょう。
日本国内でも使いたいが、JCBのサービスが行き届かない海外の街でも、充実したサポートを受けたいという方に向いています。

その他

五大ブランド以外にも、存在感を増しているブランドがあります。
例えば中華人民共和国(大陸中国)を中心に伸びている「中国銀聯(ちゅうごくぎんれん)」は、中国の経済拡大と共に、国際ブランドに成長する勢いです。

日本国内でも、家電量販店など中国人客が多いお店は、既に中国銀聯への加盟が当たり前になっています。
逆に日本企業が発行するカードでも、VISAやMasterと併せて、中国銀聯ブランドを選べるものが出てきました。

こういったカードも、特定国・地域への出張の多い方などは、検討するべきかもしれません。